美少女ゲーム > F&C > 水月 弐 ~追憶~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 F&Cフォローする
販売日 2012年12月28日
シナリオ 高瀬伸 / 土岐光鳳 / 苑脇つぐみ / HANABUSA
イラスト KUT
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / ノベルアドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。
  • この作品をレンタルして閲覧するには「DLsite Nest」が必要です。[ DLsite Nestについて ]

作品内容

■ストーリー
小さな温泉街・水守町で生まれ育った主人公・藤見原守矢(ふじみはらもりや)。
夏休みも半分近くが過ぎたある日、いつものように所属する弓道部で汗を流す守矢は、
その練習中に水神森の山道から滑り落ち、湖で水遊びをしていた二人の少女たちと遭遇する。
その姿に一瞬見とれてしまうものの、我にかえった守矢は慌ててその場から逃げ出していく。

しかし、その日の部活を終えて帰宅した守矢たちを待ち受けていたのは
昼間、湖で出会った少女たちだった。

話を聞くと、二人は守矢の父親の友人の娘で、しばらく自分たちの面倒を見て欲しいと
父親名義の手紙を盾に懇願してくる。
正直、どうしたらよいものかと戸惑う守矢と妹の和。
結局、帰省していた姉の雅の判断で半ば強引に少女たちの受け入れを決定してしまう。

かくして、日向と小宵と名乗る謎の姉妹は、
しばらくの間この藤見原家で過ごすこととなったのだが——

■登場キャラクター
●天羽 日向
ある日突然、藤見原家にやってきた姉妹の姉の方。
少々プライドが高く素直じゃない。
妹を大切にしており、姉としての威厳を保とうと躍起になったりする。
世間ズレしたところがあり、何かにつけて手間が掛かる。
守矢を始め、男性陣とは折り合いが悪く少々キツメの言動が目立つため、
男嫌いなのではないかと噂されてしまう。(本人にとってはどうでもいいらしい)

「ようやく見つけたわ……この、最低最悪の覗き魔!」

●天羽 小宵
ある日突然、藤見原家にやってきた姉妹の妹の方。
純粋無垢な性格から、人を疑うことなく誰とでもすぐ仲良くなれる。
さらに暴走しがちな姉の日向のブレーキ役であり、
周囲と衝突しがちな姉をしっかりフォローしている。
姉同様、世間知らずだがその性格は大きく異なってやや天然気味。
しかし思わぬところで非凡な才能を発揮したりと、侮れないところがある。

「お兄ちゃんって、ろりこんなんだよね?」

●南部 咲姫
一学期も終わりに近づいた初夏の日に、守矢たちの学校へ転入してきたお嬢様。
水守町の都市開発を推し進める新城グループから町を守った資産家の娘でもあり、
旅館を経営している守矢の友人らから良い印象を持たれている。
身体が弱く、療養を目的とした転入のためクラスメイトらと接する機会が少なく友達がいない。
左目はいつも眼帯をしているが別に目が悪いわけではないらしい。

「ふふ……藤見原君、謝ってばかりね」

●小野寺 麻巳
守矢たちの所属する弓道部の先輩で、副部長。
怠け者な部長とは違い、その毅然とした立ち振る舞いから部員たちに慕われている。
実質的な部のリーダー。
才色兼備で人当りもよく、校内では男女問わず羨望のまなざしをうけているが、恋愛意識は低い。
生真面目な性格からか簡単に騙されてしまい、部長の葦人などにはいいカモとされている。
弓の腕前はかなりのもので、県内でも屈指のレベル。

「藤見原くんには、和と揃って期待していたけど……少し考えを改める必要があるようね」

●藤見原 和
両親の再婚により、幼くして守矢の義理の妹となった。
小さい頃から守矢の後を付いていくお兄ちゃんっ子。
見た目がやや幼いため、子供のように見られがちなことを気にしている。
守矢の真似をして始めた弓道だが、今では本人を凌ぐ実力にまで成長し、
女子部員では副部長の麻巳に次ぐ実力の持ち主。
家庭的な性格で、母が不在のときは家事のほとんどを一手に引き受けている。

「もぅ……兄さんのバカ……」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ007442
ファイル名/ファイル容量
総計 3.32GB
VJ007442.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007442.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007442.part3.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007442.part4.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007442.part5.rar / 347.64MB (364523938Byte)
CPU
Pentium4 1.3GHz以上
メモリ
384MB以上
必要解像度
1024*576 ハイカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0005495D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0005495D)

水月 弐 ~追憶~の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「水月 弐 ~追憶~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

伝奇もの

2017年03月16日  

このレビューは参考になった×0人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]