美少女ゲーム > CROSSOVER > 美脚隷嬢優奈「脚もお尻もこんなに穢すなんて……絶対に許さない!」

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■□■ストーリー■□■
——魅力的・扇情的なお嬢様の桃尻と美脚
            全てを手に入れ弄びたい——

主人公は、旧家の名門・桜大路家の一人娘『桜大路 優奈』に幼い頃から傍で手足となって働いてきた使用人。
自らの主人である、文武両道・眉目秀麗で完璧主義者の優奈の仕えることにを、
己の全てと信じて誠心誠意、奉公してきた。
そして、幼い頃からずっと優奈の後ろを歩いていたためか、女性の後姿、
お尻や脚に対して魅力を感じる一面を持っていた。

そんなある日、親族から贈られたウェディングドレスを戯れに纏っている優奈を見て、
その姿に見惚れると同時に言い知れない不安を覚えてしまう。

(いつか、お嬢様が僕以外の誰かのものになってしまう時が来る……)
(いつか、お嬢様の一番近くにいる男が、僕ではなくなってしまう……)

その思いは、澱のように心の底に溜まり、主人公の仕事振りを鈍らせていく。
そんな主人公に向かって、優奈はただ一言、冷たい口調で言い放つ。

「お前の代わりなどいくらでもいるのよ」

その言葉に、澱のように心の奥底に溜まっていた感情が溢れ出してしまう。

だったら、僕が居なければ駄目なようにしてやる……
優奈お嬢様のため——お嬢様を自分の物にするためなら、どんなことでも笑って出来る。

願いと欲望が入り混じり、気高く美しき令嬢を我が物にすべく行動開始するのだった。

■□■登場キャラクター■□■
【生まれながらのお嬢様】
●桜大路 優奈 (CV:一色ヒカル)
体型:小柄だが安産型のしっかりした腰回り
特徴:お嬢様、自然に尊大、下半身がむっちりしているのがコンプレックス
フェチ属性:責めに弱い、ソフトM
性感帯:お尻・腰回り・ふともも・足の裏・足の指

由緒正しい大富豪の一人娘で、箸より重い物を持ったことがないというレベルのお嬢様。
生まれた時からずっと人に傅かれていたため、
悪気も何もなく自然と相手に対して尊大な態度で接してしまう。
幼少の頃から一緒に過ごしてきた主人公のことは、
そこにいて当然の空気のような存在としてしか見ておらず、異性としての認識は全く皆無。
成績優秀でテニスの腕はプロ級であり、やや小柄だが整ったプロポーションと
大和撫子という言葉がピッタリな端正な顔立ち、そして高貴さ漂う自然な立ち居振る舞いのため、
学園では男女問わず憧憬の的となっている。
性的な事柄など何も知らない箱入り娘だったのだが、主人公の欲望に襲われ、未知の感覚に囚われて以来、
それを嫌悪しながらも快楽の深みへと堕ちていくことになる。

「まったく……愚図で使えない者など必要ないのよ」

【陽気でお気楽新人メイド】
●梅ヶ谷 和江 (CV:富樫ケイ)
体型:長身で巨乳、グラマラスな体型
特徴:庶民派、ポジティブ、慌て者、ちょっとおバカ
フェチ属性:抱きつき・甘え
性感帯:おっぱい・腋の下

短大の家政科を卒業してしばらく就職浪人をしていたが、
桜大路家に中途採用され、住み込みで働く新人メイド。
他所の街の出身で、桜大路家のことをあまり知らないまま就職したため、未だに様々なことに圧倒され、
生来の慌て者で粗忽な性格も相まって失敗が多く、いつも主人公にフォローされている。
基本的には屋敷全体の仕事をしているものの、歳が比較的近いため優奈付きになることが多く、
基本的にはわがままお嬢の優奈にやや手を焼いている様子。
家政科卒のため家事全般はそれなりに出来、栄養学を専門的に勉強していたため料理の腕は一流だが、
桜大路家には専属シェフが何人もいるため出番がない状態。
普段は主人公に対してお姉さんぶった態度で接し、頼られる女を目指しているものの、
本当は甘えたがりの抱きつき魔。
年下ながら落ち着きのあるしっかりした性格の主人公に、無自覚のまま惹かれてしまっている。

「いってらっしゃいませ〜♪しっかり勉強してきてね〜♪」

【お嬢様へ憧れいっぱいの後輩】
●竹澤 みはる (CV:民安ともえ)
体型:子供体型で、脚やお尻もプニプニとした感じ
特徴:思い込みが激しい、直情径行で熱血派
フェチ属性:褒め言葉(頑張った・よくやった・可愛い等)
性感帯:おしり・背中・わき腹

主人公や優奈が通う学園の後輩で、テニス部所属。
裕福な家の娘ではあるものの、さらに上の世界のお嬢様であり、
気品漂うセレブな優奈に崇拝にも似た強烈な憧れを持っている。
と、同時にそんな優奈に仕えている主人公にも
『本物の執事』という認識を持って憧憬の視線を向けている。
成績優秀・テニスもプロ級の腕前の優奈に近付きたいと、勉強やテニスに打ち込んでいるものの、
その成果はあまり芳しくない。
特にテニスは小さな身体も影響してあまり上達せず、いつも一人で居残り特訓をしていたりする。
正義感が強く、思い込んだら一直線の熱血娘で、周りが見えなくなり
後先を考えなくなることもしばしばだが、基本的には素直な性格。
可愛いものが大好きな一面もあり、私服はフリフリのロリータ系が多く、
自分のキャラとのギャップがコンプレックス。
また器用貧乏な面もあり、大概のことは小器用にこなすが決して一番になれず、
褒められ、認められることを何よりも嬉しく感じる。

「あははっ、わたし元気くらいしか取り柄ないですから」

【夢見る天然系ぽややんお嬢様】
●松蔵・ナターシャ・フェージン (CV:都筑なつる)
体型:スレンダーなモデル体型、美しく成長した胸
特徴:お嬢様、素直、天然
フェチ属性:王子様・ロマンチックなムード
性感帯:首筋・鎖骨・耳・唇


主人公や優奈と同じ学園に通う生徒で、桜大路家にも負けないほどの大富豪のお嬢様。
日本と東欧系のハーフであり、透き通るような白い肌とキラキラと輝く金髪、碧い瞳が特徴。
学園では社交ダンス部に所属していて、身長や体格、技術面などで
バランスの取れている主人公にパートナーを頼むことがよくある。
ダンスの大会ではしばしば上位入賞を果たすものの、
競技としてのダンスよりも純粋に踊るということ(踊っているというシチュエーション)が好きなタイプ。
物腰柔らかくぽややんとした性格で、いつも夢見がちなお姫様。
素直ないい子なのだが、素直に人の言うことを信じすぎる危なっかしい一面もあり、
しっかりしなければと常日頃から思っている。が、あまり改善される様子はない。
子供の頃からずっと王子様とお姫様に憧れていて、いつか白馬の王子様が現れると信じていたが、
今では半信半疑といったところ。
礼儀正しく物腰穏やかで、スポーツも勉強も出来る主人公に密かに王子様像を重ね合わせている。

「王子様とお姫様は、幸せになるんですよ……」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ006721
ファイル名/ファイル容量
総計 1.44GB
VJ006721.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006721.part2.rar / 707.13MB (741474900Byte)
CPU
PentiumII 400MHz以上 / PentiumIII 600MHz以上
メモリ
256MB以上 (Vista以降は1GB以上)
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0005040D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0005040D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「美脚隷嬢優奈「脚もお尻もこんなに穢すなんて……絶対に許さない!」」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!お嬢様を調教

2012年04月02日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

優奈のムチムチな脚線美を強調したHシーンが魅力の作品。
美しい脚を演出する為、黒タイツ、網タイツ、黒タイツ、ガーターストッキングなどが充実している上、簡単にストッキングを脱ぎ捨てないこだわりがイイ!
(お風呂でご奉仕でさえ、浴室での着Hを貫き通している。)
お嬢さまのツンツンぶりも徹底しており、ゲーム終盤まで主人公に罵倒を浴びせ続けるので責めがいがある。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]