美少女ゲーム > CLOCK UP team.ANISE > 黄昏に煌く銀の繰眼

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■ストーリー
「今の自分を変えてみたいか?」

灰色の隙間に射し込んだのは逢魔が時の空の色。
夕闇に立つ少女の発したその一言が、俺の灰色に沈みこんだ日常をぶち壊した。

「思うがままに生き、今までを覆すような力を手にして、そこから這い出したいか?」

朱から紫、紫から闇。
夕陽の光も瞬く星の輝きも、全てを呑み込み圧倒するグラデーションの中で俺のなにかが変わっていく。
俺の暗く沈んだモノトーンの日常が、妖しい少女の笑みと共に鮮烈な色彩を帯びた世界へと変貌する。

力と共に漏れ出す、なんとも言えない禍々しさすら覚える笑い。
俺の中で抑え付けられていたものが解き放たれるその予感と、この手に与えられた力の可能性が、
久しく忘れていた夢と希望を思い出させる。
気力も湧かず、ただ流されていた俺の中に泡立つような活力が漲り、
足元にまとわりつく気怠さからその身体を押し上げる。
息苦しい泥沼の中から、ついに這い上がれる時が来た。

俺に与えられた時間は13日間。
——そして、俺に与えられたのは、人の心をねじ伏せる力。

「ふふっそうだ。せいぜい楽しむがよい。13日間をな。」

……楽しめ、だって?ああ、楽しんでやる。

俺のことを見下してくるあいつら。
俺の周りに付きまとってくるわずらわしいあいつら。
俺の視界の中で嘲笑っているあいつら……。
そんな奴等に抑え付けられ、押し潰され、嘲笑われていた日々から、俺はこの力で解放される。

……そうだ、今度は俺の番だ。

今までの分を、取り戻してやる。
抑え付け、押し潰し、嘲笑ってやる。
俺が満たされなかった分を、この13日間ですべて取り戻す。

——満たされるのなら、取り戻せるのなら、この俺に14日目の朝は必要ない。

■登場キャラクター
●比良坂 愛唯 (CV:東かりん)
煌陽学園文学部心理学科3年生。
主人公の所属する心理学部で成績トップの才媛。
誰にでもわけへだてなく優しい、学園のアイドル的存在。
成績も優秀で理事長からの評価も高いが、
学業に専念したいという思いと、博愛的な性格から恋愛に関しては疎い。
恋をするという気持ちを理解したくは思うものの、
理解が進まないところがあり、心理学徒として、そして乙女として思い悩んでいる。
将来の夢は人々を癒すカウンセラー。

●牧原 双海 (CV:逢川奈々)
煌陽学園文学部心理学科3年生。
人間心理学の権威を目指す秀才。
非常に自我が強く、いつも自らを 高みに置き続けようとしている。
父子家庭で母を知らずに育ち、女の身で現在の地位を築き上げた理事長に憧れと尊敬を抱いている。
成績は優秀で理事長の覚えも良く、聡明ながら気取らない性格で周囲からも慕われている。
憧れの理事長の養子である主人公にだけは嫉妬に似た感情を抱いており、何かと冷たくあたる。

●須賀 くるみ (CV:このは)
煌陽学園付属校2年生。
孤児院出身の内気な少女。
引っ込み思案でいつもおどおどしているその性格から、まるで小動物のような印象を見る者に与える。
また、その性格が災いしてか友人は同じ学年の柚木向日葵しかおらず、一人でいることが多い。
幼い頃孤児院で一緒に暮らしていた『お兄ちゃん』を想い続けており、
その面影を主人公に見つけて以来、話しかける機会を伺っている。

●アシュリー・スタンフォード (CV:民安ともえ)
煌陽学園医学部4年生。
天才的な頭脳をもつ飛び級の特待生。
『世界を股にかけるスーパードクター』を夢見て、両親と離れ、単身日本で暮らしている。
勉学に関しては申し分なく優秀だが、日本の常識や人間関係、Hに関する知識は乏しい。
子ども扱いされないようにと勝気に振舞い、天才ゆえに他人を見下した態度をとる。
が、根は寂しがり屋。

●柚木 向日葵 (CV:花南)
煌陽学園付属校2年生。
須賀くるみの数少ない友人で、くるみと行動を共にすることが多く、その中で主人公と出会う。
性格はいたって明るく、人見知りと物怖じをしないタイプ。
学園のクラスの中でもムードメーカー的な存在。
また、他人から頼まれたり、頼られたりすると嫌とは言えない、そんなお人好しでもある。
現在は学園に通うために親元を出て独り暮らしをしている。

●紺乃 暁良 (CV:杉原茉莉)
煌陽学園教育学部2年生。
陸上競技部に所属する優秀な選手。
プロを目指してストイックに練習に打ち込んでおり、色恋沙汰には極端に疎い。
意外と良いプロポーションをしているが、本人にその自覚はない。
男性っぽい性格をしており、そんな言動をすることが多い。
しかし、女性らしくありたいと思っているが、
なにが女性らしいことなのかが不明瞭で、その事に悩み続けている。

●津田 玲 (CV:ももぞの薫)
煌陽学園心理学科教授。
いくつもの受賞歴と多数の著書をもつ有能な女性。
講義内容は少々破天荒なものの、わかりやすく面白いと学生に人気の教授でもある。
性格は良い言い方をすれば大らか、悪い言い方をすればだらしない。
私生活にもそんな生活が反映していて、独り暮らしのマンションは散らかり放題だと言う噂もある。
映画やドラマのような純愛に憧れているが、ことごとく振られている。

●一之瀬 さら (CV:サトウユキ)
主人公の家に住み込みで働いている使用人。
雇い主の命令どおりに、何事もそつなくロボットのようにこなす。
何を考えているかよくわからない、無口かつ無表情の女性。
「使用人といえばメイド服」という謎の意気込みに基づいて、
働く時は自主的にメイド服を着用している。
雇い主である季絵は少し変わっているとは思っているが、
命じた仕事はそつなくこなすので、半ば無関心なように放置している。
主人公のことを特に気に掛けているでもなく、雇い主の養子として世話を見ているようだが…。

●藤野 美奈子 (CV:御苑生メイ)
海外出張中の夫の留守を預かり、神宮寺家の隣家に暮らす人妻。
非常に献身的な性格で、夫に尽くすことに生き甲斐を感じている。
ただ、夫との子供に恵まれず、また、夫がそばにいないことの寂しさに気を煩わせている。
主人公が季絵の養子であることも知っており、常日頃から主人公に非常に優しく接してくる。

●ニア (CV:萌原ぷりん)
主人公の元に現れた謎の少女。
主人公に他人を操る力『繰眼』を与える。
外見に反して大人びた古風な口調で話し、性格はいたって享楽的。
その正体も真意も不明。

●神宮寺 季江 (CV:紫苑みやび)
煌陽学園理事長。
学園の実質的な経営者であり、主人公の義母。
若くして大学理事長の地位と名誉を手に入れた野心家にして完璧主義者な主人公の義母。
主人公を養子として引き取ることすらも、
自分の慈善家としてのイメージ作りの武器として活用した程の辣腕の女性。
とは言え、主人公に義母としての愛情を注ぐこともなく、
引き取った直後から主人公の存在を煩わしく感じている。

●田中 健治
煌陽学園文学部心理学科助教授。
爽やかな笑顔を絶やさない好青年で、その性格も非常に穏やか。
普段から学生達の相談に乗ったりしていて、特に女子学生から人気がある。
主人公のことも気にかけているようで、軽くスキンシップを図りながら話しかけてくる。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ006553
ファイル名/ファイル容量
総計 3.03GB
VJ006553.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006553.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006553.part3.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006553.part4.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006553.part5.rar / 50.08MB (52514587Byte)
CPU
PentiumIII 1GHz以上 / Pentium4 1.5GHz以上
メモリ
256MB以上 / 512MB以上
VIDEO
VRAM 2MB以上 / 4MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.0a以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「黄昏に煌く銀の繰眼」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

典型的なCLOCK UPのヌキゲー

2012年01月24日  

このレビューは参考になった×1人

キャラクターそれぞれに
「学生」「人妻」「ロリ」
等といった明確な違いがあり、大抵の人は少なくとも一人自分のお気に入りキャラが見つかるのではないでしょうか。また公式設定や体験版等で明らかになっていないヒロインの裏の顔にそそられることもしばしば。
ちなみに処女多め。

エロシーンは流石のCLOCK UP。満足いく完成度です。
ただし最近発売された作品に搭載されている「イベントズーム機能」は搭載されていません。
「フィニッシュシンクロシステム(カウントダウン)」は搭載されているので、快適な自家発電を行うことができます。

残念な点は、各ヒロインのからみが少ないことと、ハーレムENDが存在しないこと。「操眼の能力」といった設定があるのであれば、もう少しそれを活かして大胆なプレイができたのではないかと思います。

総合的には「値段相応」。可もなく不可もなく、標準的な抜きゲーという感じです。サンプルを見て気に入ったならば購入をお勧めします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]