美少女ゲーム > Liquid > 淫辱心療クラブ ~精に塗れた憐辱の日々~ 【Liquidコレクション】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 Liquidフォローする
販売日 2011年12月09日
イラスト 相川亜利砂
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 学園淫辱アドベンチャー
その他
ジャンル

作品内容

【Liquidコレクション:ディレクターズチョイス版】

物語の舞台となる私立薊学園には昔から『心療クラブ』という、心身安定を目的としたサークルがある。
初めは思春期の多感な時期に、学生同士が集まって悩みを聞いたり
相談に乗って貰ったりする学生の心療内科的な集まりだった。
それが近年になって、アロマテラピーや自己啓発の要素を加え、
さらにはコンパサークルの隠れ蓑としての役割を持つようになってきた。
『何かある。でも、実態はよくわからない』まことしやかにそんな噂が流れる中、
参加する大多数の生徒達にとっては気に留める事でもなかった。

ヒロインである『早島つばき』は、とある事情で
同じ屋根の下で暮らす男の子との関係がなかなか進展しない事にやきもきしていた。
付き合っているのか、ただ仲のいい男女の友情なのか、どっちつかずな関係。
そんな中『心療クラブ』なるサークルに勧誘される。
新入生歓迎のパーティが開かれると聞き、興味は無かったが、半ば強引に参加することに。
しかしそれが悲劇の始まりだった。

気付くと足下がおぼつかない。
視界は濁り、身体は熱くて、気を抜けば倒れ込んでしまいそうなほど眠くだるい。
あれ? 誰かに身体を揺すられている?
いつの間にか閉じていた目を開くと……制服ははだけ、男たちが自分を取り囲んでいる。
悲鳴を上げるより先に、複数の手が、彼女の身体を這い回り始めた。

彼に隠し通さなければならない秘密が生まれ、その態度が今度は彼氏に疑念を抱かせる。
負の連鎖が始まろうとしていた。

日常の中の非日常を描いたあの淫辱心療クラブが、
お手頃なディレクターズチョイスパッケージになって再登場!
年頃の少年少女に訪れた思わぬ悲劇。狂いだした歯車の先に待ち受けていた結末とは…?

注意:(VJ004554)「淫辱心療クラブ」と内容の重複があります。
本商品はオリジナル版の内容の一部を編集しコストダウンを図った“制限版”となっております。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ006455
ファイル名/ファイル容量
VJ006455.zip / 552.98MB (579842219Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / PentiumIII 1GHz以上
メモリ
256MB以上 / 512MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.0a以降
ソフ倫受理番号
受理番号0004746D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0004746D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「淫辱心療クラブ ~精に塗れた憐辱の日々~ 【Liquidコレクション】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

クライミライシリーズと繋がり

2011年12月24日  

このレビューは参考になった×0人

クライミライシリーズをやった人なら分かる、繋がりが随所にちりばめられてます
内容はストーリーもかなり重視され、どのキャラクターも恋愛を通した不幸に見舞われます
凌辱よりもそっちの方がドギツかったりするので、そういうのが受け入れられない人は注意が必要かも

充実度は高いため、この値段はかなりのお買い得
作風やCGが気に入ったなら買いといえる品です

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]