>    >  

{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

■ストーリー
笹木楓真は、しばらく外国で暮らしていたのだが、最近帰国して個人の画廊を構えた画商。

親からはよく結婚を勧められるが、今のところは仕事メインで、結婚などは考えていない。

そんなある日、両親から従兄弟が交通事故にあったと聞かされる。
命に別状は無いらしいけれども、しばらく入院が必要だという。
お前も気をつけろよ、と言われつつ、結婚のことでプレッシャーをかけられる。

そうやって親がしきりに結婚を勧めてくるのは、楓真の家系に古くから伝わる言い伝えが原因だった。

「月が三〇〇を数える前に命を授からぬ場合、一族の天運地に落ちるものなり」

要は25歳くらいまでに子供を作らないと一家そろって運が悪くなる、といった言い伝え。
従兄弟は一族の言い伝えを無視して独り身でいた結果が今回の事故なのだと父親は言う。

そんな事、ただの偶然だと信じたいが……。
さすがに少し気になってしまう颯真。
言い伝えがどこまで本当の事かはわからないが……万が一、
本当に運気が下がって仕事に使用がでてしまっては困る。

となると、結婚のことは二の次にして、
自分の子どもを産んでくれる女性を見つけるのもありじゃないかと思い直す。

■登場キャラクター
●桜川 朋実 (CV:蒼依ハル)
桜川朋実の「ここがポイント」
・元カノの「妹」
・従順タイプ
・初々しい反応

楓真の実家の近くに本店があり、楓真とは小さい頃からの顔見知り。
現在はある有名な学園(料理コース)に通っている。桜果堂支店の看板娘。
最近、楓真の事務所の近くに支店が出来た。
支店の開店に合わせて都会へ引っ越し、今は姉の彩奈と共に暮らしている。
休日などは、店の手伝いをしていて、そこで楓真と再会した。
将来は桜果堂を継ぐつもりでいるものの、
和菓子だけにはこだわらず、洋菓子の世界などもいろいろ学びたいと思っている。
姉と楓真とつき合っていたのは知っているが、それよりも前から楓真にたいして憧れの気持ちを持っていた。

「はいっ。じゃあ暇なときにでもわたしの家に来てください。新しい試作品を用意してまってます」

●桜川 彩奈 (CV:柊奈々)
桜川彩奈の「ここがポイント」
・元カノ(主人公が初めての相手)
・感じる場所を知っているのでイキやすい
・制服姿での授乳手コキあり

朋実の姉。
学生時代、楓真とつき合っていた。
卒業後、楓真が海外へ行った後彩奈の方から身を引く形で別れを切り出して終わる。
本来であれば実家の桜果堂を継ぐ立場なのだが、和菓子作りにはそこまで熱中することもできず、
また、朋実のほうが和菓子に一生懸命だったこともあり、後継ぎは譲る事にした。
学生のころ、甘党の楓真の歯を心配しているうちに、歯科関係の仕事に就きたいという目標を持った。
おっとりしていて、優しく、世話好き。

「相変わらず甘い物好きなのね。よかったら、こんど虫歯予防について教えてあげる」

●羽月 雫 (CV:藤野むらさき)
羽月雫の「ここがポイント」
・人気アイドルを独り占め
・最初は嫌々→惚れた後はメロメロのギャップ
・敏感体質でイきまくる

アイドルグループ「ミスティカ」のメンバー。クール系で歌がうまいと評判。
クール系を装っているため、プロフにも甘いものは苦手とされているが、
実は相当の甘党で、密かに桜果堂を贔屓にしている。
祖父(故人)は画家だった。
有名では無いけれども、熱心なファンが多く、さらには寡作だったため、高い値で取引がされている。
その祖父の絵を、集めたいと思っている。

「あたしはアイドルとして、あたし自身の夢を追いながらも、応援してくれるファンのみんなにも夢を与えるのよ」

●深見 玲果 (CV:手塚りょうこ)
深見玲果の「ここがポイント」
・お姉さんぶるキャリアウーマンが、実はネンネちゃん
・エッチのテクニックはどんどん成長
・リードして責めるタイプ

期待の新鋭として活躍しているジュエリーデザイナー。
デザイナーとして売れなかった時期に、
楓真の母に仕事の世話をしてもらったことがあり、そこから今の地位を築いた。
名前が売れる様になってからも、楓真の母には変わらず恩義を感じている。
専門はジュエリーだが、芸術関係全般に目が利く。
人付き合いも多く、コネも多くもっている。
お酒好き。

「あははは。照れちゃって。よしよし。お姉さんに任せなさい!」

●白沢 まき (CV:星空ユメ)
白沢まきの「ここがポイント」
・巨乳
・性的知識ゼロ
・Mっ気あり

画家の卵。
内気な性格で人付き合いが苦手なため、他人と上手く会話を交わす事が出来ない。
しかし、絵に関しては別人のようにアクティブになる。
絵に没頭していたいタイプで、一度書き始めると食事などを疎かになってしまう。
お金は、貯まっても画材に費やしてしまうため、生活はいつもわりとギリギリ。
生活のため、というよりは画材のためにアルバイトをすることもあるが、あまり長続きしない。

「昨日は一日中絵を描いていて……ご飯は食べた……気がします。たぶん」

●神倉 千沙 (CV:大波こなみ)
神倉千沙の「ここがポイント」
・人妻(性経験はかなり少ない)
・初めての絶頂&初めてのフェラの相手は主人公
・人の女に快楽を教え込む

名家の一人娘。
名家と言われてはいるものの、この所は苦しい台所事情が続いている。
そのため、家を守るための結婚を進められ、受け入れた。
結婚するまで誰かと付き合った経験は無く
夫とはほぼ初対面の状態で結婚したのだが関係は良好。お互いの家族間も上手くいっている。
物静かで大人しい性格ではあるが、芯は強く、何事もキチンとやり遂げようとする。
夫は、楓真の父親と仕事上の取引をしている。

「あの……やはり、もの珍しいだけの女には魅力を感じたりしないものでしょうか?」

●笹木 楓真
主人公。画商。
実家は伝統工芸品を扱う家業。
織物や、かんざし・硝子細工・巻物・絵画などをお土産品として取り扱っている。
学園卒業まで実家で暮らしていて、その頃に和菓子屋・桜果堂の娘で同級生の彩奈と付き合っていた。
本来なら実家を継ぐ立場だが、
絵画の世界に興味を持ち、実家を出て海外へ行き、有名芸術家の弟子として各地を回る。
その際に彩奈のほうから別れを切り出され、別れた。
物心つく前から伝統工芸に触れて育って来たためか、
見る目が養われていて、海外でも目利きの力を発揮し、いろいろな人脈を作る。
ある時、親戚が所有しているビルを貸してもらえることになり、そこを使用して画商を始めた。
実家に伝わる言い伝えについては、あまり信じていなかったのだが、
最近、親戚がこの言い伝えを守らなかったせいで不幸に見舞われたと両親から言われ、気になり始める。

作品情報/動作環境

CPU
Pentium4 3.0GHz以上
メモリ
2GB以上
VIDEO
VRAM 256MB以上
必要解像度
1280*720 フルカラー

こちらの作品も見られています