({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年06月27日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
27.22MB

作品内容

俺の彼女、遠山利子。
美人で、スタイルも良く、性格も温厚。
好奇心旺盛で、エッチな事も大好きな、今時の女子〇生。
セックスにも積極的で、淫乱な性格。
最高の彼女だ。

しかし、そんな彼女には、俺でも引くような、特殊な性癖があった。

それは、ハンギング・プレイだった。
セックスの時、首を絞められて、酸欠状態になり、それでトリップし、興奮して
イキまくる、という、変態行為。
彼女は、そんなプレイに、憑りつかれたように、夢中になっていた。

こんな美人で、愛嬌溢れる、可愛らしい女子〇生なのに、そんな変態趣味がある事に、
俺は運命の悪戯を感じる。

「ねえ、アレやって……?」

彼女は、猫のようにな仕草で、猫撫で声を出し、俺にそんな高度な特殊プレイを、
何度も要求する。

「こうされるの、好きなんだろ?なあ、この窒息マニアが!!」

パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!

ぎゅ……うっ!!ぎりぎり……ぎり……っ!!

「……っ、え……!げぇ……っ!ご…………ごーぶん……ずるぅ……っ……」

苦悶に歪んだ表情で、苦しそうに悶えながら、興奮に身体を震わせ、イキまくる利子。
俺も、いつしかそんなプレイに、夢中になっていった。


全21ページ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ハンギング・リコ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件