({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年05月04日
シリーズ名近所のお姉ちゃんシリーズ
作家 センワ
シナリオ センワ
イラスト センワ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
169.37MB

作品内容

本作品は1人の少年が複数のお姉ちゃんに襲われてしまうおねショタCG集です。

---------------------------------------

いつも遊びに行っているクリスティさんの家に来た少年。
だが今日はクリスティさんがえっちな事をしてきて、そのまま犯されてしまう。
数日後、今度はクリスティさんから情報を聞いたあやさんに外で襲われる。こうして
口コミにより、次々とお姉ちゃんたちが襲いかかってくるようになってしまった。
はたして少年はどうなってしまうのか…。

---------------------------------------

■基本イラスト■全シーン射精あり

01:全身太もも挟み
02:騎乗位
03:授乳手コキ
04:正常位
05:手コキ

06:立ちバック
07:手コキ
08:対面座位
09:フェラ
10:バック

11:ベロチュー
12:正常位
13:クンニ騎乗位
14:乳首責め正常位
15:ダブルパイズリ


※妊娠、出産などはありません※

---------------------------------------

◯基本絵:15枚
◯本編差分:143枚
◯文字なし:128枚
◯総枚数:271枚

◯縦画像サイズ:1200×1600
◯横画像サイズ:1600×1200

○画像形式:JPEGファイル

近所のお姉ちゃんたちが僕のち○ちん狙ってくるの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「近所のお姉ちゃんたちが僕のち○ちん狙ってくる」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

おすすめ!おねショタハーレム万歳ですな。

2018年05月24日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

こういうおねショタハーレム物は自分の大好物であります。
爆乳美女のお姉さんたちに愛されて犯されるなんておねショタ物や逆レイプ物好きにはたまりませんよ。
しかも、今回はボリュームアップでハーレム色が濃いので、今すぐにでも買うべきです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

7人の制服女子に回されるショタ

2018年05月06日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

基本的には一対一です。
ご自分の少年時代を思い出してください。
まだ男性機能が開栓していないくらいの未成熟な男子が一対一で、制服が似合う女子学生に押さえ込まれたとして、腕力的あるいは体力的に抜け出すことが可能か否か算定してみてください。
男女の腕力を単純に比べれば前者が勝るのは当然としても、年齢差とそれに伴う体格差があった場合、どちらが勝つかは僅差になるはずです。
もしかしたら、男の方は女性に暴力的になるのに躊躇して全力を出せないかもしれません。
結論を言うと「そんな算定は無意味」です。
いえ、シチュエーションとしては太腿で押さえ込んだり、体重をかけて圧し掛かったりする体勢があり、確かにこれなら小柄なショタが抜け出すのは難しいに違いありません。
しかし、腕相撲をしているわけでも、プロレスをしているわけでもないのです。
お姉さん達は容赦なく女の部分を押し付けて、未熟な少年を未体験の感覚で誘惑してきます。
ズルいです。
こんなの作中の少年でなくとも、男なら戦意喪失間違いなし、と言うか自分から抱き着きたくなります。
特に個人的には3人目に登場したお姉さんの攻め方が素晴らしいと感じました。
体の構造上、立った状態で女が男を攻めるのは難しく、おのずと希少になりがちです。
その数少ない選択肢の中で、これは上手い攻め方で、圧迫感も肉感も得られる至福の体勢です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]