>    >  

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

軽い怪我をして保健室に行ったはいいものの、年下好きの保険の先生につまみ食いされてしまい――? えっちだったり甘々だったりであなたを癒します。おねショタ系淫語音声作品です。

☆作品内容☆

■01先生にしこしこされる話
「保健室へようこそ♪ あら、どうしたの? どこか調子悪いの? …そう、遊んでたら肘を擦りむいちゃったのね。泥だけは自分で落としてきたの。偉いじゃない。じゃあ、消毒するからこっちへおいで」

「…どう、先生に迫られる気分は? …いいにおいがする? ふふっ、なんか嬉しいわ。ぎゅーってしてあげる、ぎゅーって。」

「どう? おち○ぽしこしこ気持ちいい? 先生のおてての具合はどう? ちょうどいい? そう、ならよかった。先生も君を気持ちよくしてあげられてとっても嬉しいわ♪ …あら あら、さっきよりもおち○ぽが固く太くなっちゃったわね。そんなによかった? じゃあさっきより少し、おち○ぽしこしこのペース上げるね」

■02先生にフェラされる話
「あら、また来たの? どうしたの? どこか調子悪いの? …ん? 何? ちゃんと言ってくれなきゃわからないわよ。もしかして…この前のがクセになっちゃった? うふふ、うつむいちゃって…もうバレバレよ? またしたくなっちゃったのね。正直な子は先生すきよ?」

「…うーん、じゃあ、今回はお口でしてあげる。先生が君のおち○ぽをぺろぺろして気持ちよく射精させてあげるの。どう? 楽しそうでしょ? はい決まりー♪ じゃあ舐めてあげるから、パンツを脱いで、ベッドに横になってね」

「君のおち○ぽ、すっごく大きくなっちゃってるね。ビンビンになって反り返っちゃってる。先生で興奮してくれた? ううん、いいのよ。こういうときは、自分の中のえっちな気持ちは大事にしなくちゃ。抑え込んじゃダーメ。おち○ぽくんの感じるままに興奮しちゃっていいのよ? だから安心してムラムラする気持ちを大きくしていってね?」

■03先生に甘やかしてもらえる話
「肩が触れ合うって、なんか素敵だと思わない? 君の体温がね、先生にじんわり伝わってくるの。君が隣にいるって、目を閉じてもわかるの。素敵でしょ? それに、こうしてるだけでも結構幸せを感じっちゃったりしてるのよ。君も感じてくれてたら嬉しいなー」

「眠くなってきたから膝枕がいい? いいよ。じゃあ膝枕しよっか。どうせなら寝ちゃってもいいわよ。時間が遅くなりそうならその前に起こすから。安心してね♪ ほら、おいで。うん、ここに横になって、先生の腿に頭を乗せて…よいしょ」

「あらあら、大きなあくびしちゃって。今日は遊び疲れたの? ふーん、いっぱい遊んだんだ。もうくたくただったのね。すぐにでも寝ちゃいそうな感じ。うふふ、今は時間なんて気にしないで、ゆっくりしていいからね。寝たくなったら、先生に身を任せて寝ちゃおうね」

■04先生とえっちしちゃう話
「うふふ、急に嬉しそうにしちゃって。そんなに先生とえっちしたかった? やっぱり君も男の子なのね。ほら、じゃあベッドにおいで。いっぱいサービスしてあげる。その代り、先生も気持ちよくしてね?」

「ねぇ、そろそろ準備いいと思わない? 先生、君とえっちしたいなー。君のおち○ぽ欲しいなー。君はどうかな? 先生のおま○こにおち○ぽ入れたいって思わない? あら、もう爆発寸前? じゃあ爆発されちゃったらもったいないから、そろそろ先生とえっちしよっか。先生のこと、いっぱい気持ちよくして?」

「んっ、ふああああああっ! おち○ぽ来た! 先生のおま○こにおち○ぽ来た! 大丈夫? ちゃんと自分で動ける? 好きに動いていいからね。んっ、ふっ、はぁあっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、ああん! えっちしちゃったね。どう? 先生のおま○こ気持ちいい? おち○ぽ溶けちゃいそう? 好きに動いていいからね。射精したくなったら、いつでもどぴゅうううって出しちゃっていいからね」

☆内容詳細☆
合計時間 1:37:05
音声 mp3、wav
台本 docx、txt

CV:霜月優様
イメージイラスト:羽月ユウト様

作品情報/動作環境

作品番号
RJ180768
ファイル名/ファイル容量
RJ180768.zip / 586.87MB (615376926Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「保健室の優しい先生に迫られちゃう話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件