「WWII英雄列伝 泥の中の虎 オットー・カリウス」のレビュー一覧

WWII英雄列伝 泥の中の虎 オットー・カリウス
日本戦争ゲーム開発
1,944円→ 972円 / 90pt (10%還元)
50%OFFポイントUP
戦車150両以上を撃破した稀代のエース、オットー・カリウスの軍歴を描く、伝記的戦術SLG。 体が小さく体力もなかった少年は、幾多の困難を乗り越え歴史に残る大エースとなる。
同人ゲームシミュレーションゲームアプリケーション音楽あり体験版あり
  • 販売日: 2013年12月07日
  • DL : 145
  •     
  • (4)
  • (67)

おすすめ

カリウスの戦争を体験するSLG

2013年12月21日   klpo さん

このレビューは参考になった x 2人

レビュアーが選んだジャンル :

この作品は有名なドイツの戦車エース、カリウスが主人公の初期配置型のターン制のSLGです。
戦車、車両、歩兵、野砲を操り幾つものステージを攻略していきます。

プレイヤーが操作するカリウスは多くの戦友と共に戦場を行き勝利を収めていきますがWWIIの結末は皆さんご存知の通りドイツの敗北となります。
しかし、カリウス自身に限ってはどうでしょうか?
彼はこの戦争を無事に生き延びるという勝利を得ることが出来るでしょうか?
ぜひプレイしてその結末を見てみてください。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ

WW2当時の陸戦をターン制SLGで再現

2013年12月15日   pkwIVh さん

このレビューは参考になった x 2人

レビュアーが選んだジャンル :

このゲームは、強力な戦車を揃え、敵を蹂躙する爽快感溢れるゲーム…ではありません。
陸の王者である戦車も、歩兵の肉薄攻撃を受けたり、隠蔽されていた対戦車砲の奇襲を側面から受けたりすれば、一撃で撃破されかねない存在です。
歩兵や偵察車、支援を行う榴弾砲など、全ての兵科がそれぞれの役割を果たして初めて、戦闘を勝利に導くことができるのです(例外はありますが)。

弱い存在ながら欠かせない存在である歩兵を初め、戦車以外のユニットも活かす楽しみを味わえるのが本作です。
また、ターン制でありながら「敵前で停止し、狙ってから砲撃」「機を待ち、一気に進撃」といった要素を上手く再現しています。このあたりがどのようになっているかは、体験版で実際に確認してみてください。

序盤では、まともな指揮官がいないソ連軍相手の快進撃を、後半では、押し寄せる敵を少数ながら強力な戦車部隊で食い止める戦闘を体験できます。
同時に、カリウスという人物の魅力をたっぷりと味わえるシナリオを楽しみながらゲームを進められます。

作品紹介を見て少しでも興味が湧いた方には、是非お勧めしたい一品です。
(みんな大好きヤークトティーガーも出るよ!)

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ

Lim

2013年12月10日   Lim さん

このレビューは参考になった x 4人

徹底的にリアリティーにこだわった第二次世界大戦の陸戦シミュレーションです。
登場する兵器は戦車だけでなく野戦砲や歩兵など多彩であり、それらは攻撃力が対装甲と対非装甲で分かれているのはもちろん、防御力に至っては各部位ごとに設定されており、どの部位に命中するかで貫通しやすさが違います。
しかし何と言っても最大の特徴は「遮蔽度(CP)」の概念で、これが大きいほど敵から見つかりにくく、敵の攻撃が当たりにくくなりますが、CPは単にユニットの種類や地形だけで決まっているのではなく、移動したり、射撃したり、撃たれたりすることで変化します。
勝つためには隠れている敵を用心深く探し出し、CPをうまく削ってから仕留める、という手順が必要になります。
実際やってみると隠れている敵から思わぬ一撃を食らうこともあり、移動の巧拙一つが生死を分ける「緊張感のある戦闘」が楽しめます。
あと、あまり密集していると敵の「BM-13カチューシャ」が飛んでくるかも・・・・・・。

最初は難しそうな印象があるかもしれませんが、ゲーム中での説明は非常に丁寧で必要なことは無理なく体得できるようになっているし、難易度も4段階でいつでも自由に調整できるので、初心者でも十分楽しめると思います。

硬派なゲームですがストーリーは意外にもドラマチックで、主人公は伝説の英雄としてではなくひたむきに生きる一人の人間として描かれています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ

SLGを遊びながらカリウスの軍歴を知ることができる

2013年12月09日   こうらく さん

このレビューは参考になった x 4人

レビュアーが選んだジャンル :

このゲームはカリウス自身が書いた「ティーガー戦車隊 第502重戦車大隊オットー・カリウス回顧録(上・下)」などの多くの資料を参考にカリウスの軍歴を追体験できます。
戦闘と戦闘の間に資料や文章が表示されるだけではなくカリウスやその周りの人物との会話などがありなんとなく当時の状況が味わえるかもしれません。
SLGもシステムに裏打ちされたリアルに近い戦闘が楽しめると思います。
史実が再現されているため最初のチュートリアルでティーガーを使った後は歩兵だったり38(t)に乗っていたりとしばらくティーガーはお預けなのでT-34などのソ連戦車の脅威を感じられると思います。
ただSLGが苦手な方でも大丈夫なように4段階難易度を調整できるのでそういう方へもおすすめです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

保存した検索条件

マイジャンル

    編集 ]

    同人作品おすすめ特集

    最終更新日:7月13日

    ご利用案内

    ご利用可能なお支払い方法

    お支払い方法について

    ドコモ ケータイ払いでポイントが買える!!

    JAPHICマーク

    当サイトは、個人情報の適切な取り扱いをしており、安心してお買い物をお楽しみいただけます。

    スマートフォン

    運営サイト