同人 > Artesneit > 機械種子

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

これが、これこそが硬派シューティングゲームだ!
 硬派とは何か、シューティングの本質とは何かを徹底的に考察し作り上げられた、鉄と硝煙の超攻撃型シューティング。それが機械種子。

 KDKシステムとKHSSシステムにより、シューティング未経験者でもクリア可能。
 プレイすればするほど、機体は強化されていく!
 機械帝国との戦いに必要なのは、燃え盛る闘志の炎のみ!
 硬派とは、強大な敵と戦う意志のことなのだ!

 きみのYamato-Soul、燃やしてみないか?


※必ず体験版で動作確認を行ってください。

機械種子

機械種子 [Artesneit]

 人類には攻略不可能といわれる暴難度。難易度はVery Hard一択。

 しかし!
 敵を倒し「爆油ユニット」を集めれば、攻撃力、バリア容量、ボバーン容量、移動速度をアップグレードできる。
 これが不可能を可能にするKDK(買い物でどんどん強化できる)システム。

機械種子 [Artesneit]

 バリアを全て失うと、緊急攻撃態勢に移行する。
 しかし機銃出力250%の豪火力は、機体を発熱振動させ操作不能に陥らせてしまう。

 しかし!
 日本男児が持つといわれる不屈の魂「Yamato-Soul」。
 桃山吹雪は大和魂を発現させることにより、絶体絶命の危機を乗り越えるのだ!

 

 

作品情報/動作環境

作品番号
RJ153677
ファイル名/ファイル容量
RJ153677.zip / 91.58MB (96033213Byte)
CPU
core i5以上
メモリ
512MB以上
VIDEO
Vram128MB以上
DirectX
9.0
その他
環境によってはフルスクリーンモードで起動できないことがあります。その場合はウィンドウモードでプレイしてください。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「機械種子」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

ピックアップ

破壊系STGを楽しみたい人に

2015年07月25日  

このレビューは参考になった×5人

レビュアーが選んだジャンル :

細かい事は考えず、とにかく敵をどんどんと破壊していく事を楽しむのが身上な作品。
最初、自機の性能は悲惨の一言に尽きるが、本当に様々な項目から強化できるので、単純な強化ではなく、カスタマイズ的な楽しみ方も出来る。

ただ、攻撃面だけではなく、受けに回った場合でも「細かい事は考えない」様な出来なのは好みが分かれそう。
敵の傾向は、どちらかと言うと彩京系寄りで「そこまで複雑ではない攻撃を高速で撃って来る」パターンが多い。
スクロールインと『同時に』高速弾を撃って来る地上敵や、後半面では速さもさることながら、通常弾に代わって少し長さのある『ビーム』を撃ってくる空中敵など、とにかく直球勝負の敵が多い。
その為、如何に敵を高速で一網打尽にするか、敵に弾を撃たせないかを考える立ち回りが必要で、最近主流のタイトな生き残りを計る立ち回りとは少々趣が違う感じ。
攻撃メインの要素であると明言され、究極タ○ガー的な「時間差のあるボム」なども、その傾向を感じさせる。

また、複数回プレイする事を前提にした強化システムながらも、ややボリュームの少ない印象があるのも気に掛かる所。
ステージ単体が短めな為、複数回プレイする事のモチベーションが続くかがカギになるかと思う。
一度ノーコンティニュークリアすると、新たなルールでのプレイも可能になるものの、このモードは爽快感より緊張感が先行し、Yamato-Soulも極力封印する必要があるなど、レベルデザインにひっかかりを感じる可能性がある。
(ネタばれ防止のため詳細は割愛。ちなみに筆者はそこまでクリアした)

ただ、小難しい要素を排して根本的な楽しみに絞った作りなのは好印象。上記の要素も、恐らく初心者にとってはどうでも良く、ただ小気味良い破壊のプレイだけでも楽しめる。
常時早回し可能な空中敵テーブルなど、とにかく撃ちまくる快感を求めたい人にお勧めの作品。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]