同人 > FoxEye > 水中無限ダンジョン HADES VANQUISH

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 FoxEyeフォローする
販売日 2014年12月04日
最終更新日2015年01月07日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
  • この作品は「ユーザー認証型」の作品です。 ユーザー認証について ]
  • この作品はmacOSには非対応です。 macOSでは閲覧できませんのでご注意ください。

作品内容

冥界に落ちた少女マナ。冥界の門が開く直前、マナは生気を取り戻します。
運命を受け入れられない彼女は冥界を逆走し地上に戻ることを決意します。
彼女はワンピース一枚を羽織っただけの姿で、なぜかハンドガンを携えていました。
なぜそんなものを持っていたのか?全く思い出せないマナは数々の不安と疑惑と戦いながら、
得意の激しい蹴り技でアンデッドたちをぶっ飛ばし、一寸先は闇の冒険活劇を繰り広げます。

各ステージは入るたびに形状が変わる不思議な水中ダンジョン。
地上から流れ込む水でダンジョン内は水没しており、
ランタンの明かりを頼りに素潜りで出口を目指します。
アクションステージはボイスつきで、マナの激しいアクションを盛り上げます!
水中で苦しむアンダーウォーターならではのシチュエーションも見どころです。

溺れたり、途中で倒れてしまったらスタート地点に戻されてしまいますが、
装備は失わないのでマナはガンガン強くなっていきます。
冥界に広がる全30フロアを駆け抜け、マナは無事に生還することができるでしょうか?

作品情報/動作環境

作品番号
RJ145778
ファイル名/ファイル容量
RJ145778.zip / 48.82MB (51188663Byte)
DirectX
8以上

バージョンアップ情報

  • 2015年01月07日
    誤字脱字修正不具合修正
    一部のボスの動作が追加修正され、ハメが効かなくなりました。その他細かいエラーやバグの修正がされています。
  • 2014年12月06日
    不具合修正
    複数の不具合を修正致しました。稀に3体目のボスが倒せない地形が生まれるバグ等も修正されておりますので更新をお願いします。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「水中無限ダンジョン HADES VANQUISH」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

凝ったゲーム性とシンプルなアクションです

2014年12月17日  

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

最初期は何度もゲームオーバーし、アイテムを揃え再挑戦すると言った進め方。
中盤以降はそれぞれのマップに対応したアイテムを購入し、銃主体のアクションになります。
ストレスを感じにくいシンプルなアクション、やりこみ要素は無いものの値段もお手ごろでストーリーを楽しむためのゲ
ームとなっています。
アイテムは所持数制限があり、最終的には取捨選択に迫られるが、最低限必要なアイテムはプレイしていればおのずと分かることなので、あまり気にすることは無いかも。

残念だったのはボスのAIのみ。
たまに足場や障害物に挟まって一方的に攻撃できるのは少しやりごたえが感じられないが、ボスまでの道中が厳しかったりします。
アクションゲームでは珍しいランダムマップのため、状況によっては下へ降りたい場面で敵が数体たむろっていたり、暗闇から敵が押し寄せてきたりといったこともしばしば。
それを含め、シンプルなアクションとしての作業感がなくなり、いつでもマップに対しての新鮮さが味わえるのは大きな魅力だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]