同人 > らうんどNEXT > 俺なんてギャルゲ?

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年05月14日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数32ページ
ジャンル

作品内容

美少女ゲーム「こころねハートフル」のファンである少年は、
願いがかなうと評判の神社で、そのゲームの主人公になりたいと願った。

今まで聞いたこともないようなとんでもない願いに興味を示した神様は、
少年をゲームの世界へ送り込む。

だが、ギャルゲーに詳しいはずもない神様は、
パッケージにかかれたヒロイン「愛原こころ」がそのゲームの主人公であると勘違い。
主人公になりたかったはずの少年はなんと、ヒロインの姿になってしまうのであった!

大好きなギャルゲー世界をヒロイン視点で体験させられるはめになった少年を描いた
28Pのどたばた性転換コメディです。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ115507
ファイル名/ファイル容量
RJ115507.zip / 18.53MB (19428826Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「俺なんてギャルゲ?」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

性転換(TS)(3) ギャグ(2) 女性視点(2)

続き待ってます

2016年09月07日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

タイトル通り王道系ラブコメなのですが少し違うのはヒロインの女の子が神様の手違いでTSしてしまった元男だったのです!!
あらすじっぽくなってしまいましたがちゃんとTSしてしまった彼もとい現彼女の性別が変わってしまった戸惑いや感性の違いなど描写されておりとても続きが気になるマンガです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

これで終わるには惜しい作品

2015年06月19日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

ギャルゲーの世界の主人公になりたいと願った主人公の少年(ややこしい)が
かなり鬼畜な神様の勘違いでヒロインの役を演じる羽目になるコメディ
あとがきにもあるようにギャルゲーでは定番のシチュエーションも視点が変わることで違った印象を受けます
それがこの作品の醍醐味です
タイトル通りこれだけで終わるには惜しい良作ですので作者様には続編の制作をお願いしたいですね

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

続きが欲しい

2014年04月30日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

タイトル通り、王道コメディ。
TSは添えるだけ……でもなく、TSだからこそコメディと言える。
面白くはあるが、価格を考えるともう少し長さが欲しい。
ただ、同人誌としては適正価格だろう。
手軽に楽しむタイプの作品としては良作。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]