同人 > あびゅうきょ工房 > 『聖処女十三騎士団』シリーズ > 聖処女十三騎士団(カラーバージョン)

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年08月16日
シリーズ名『聖処女十三騎士団』シリーズ
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数12ページ
ジャンル

作品内容

1933年、アドロフ・ヒトラーが政権の座に就いた。
彼が率いる国家社会主義ドイツ労働者党の確固たる意志は、聖なるアーリア民族千年帝国の永遠なる繁栄という絶対的意志。
それを実践せんがため、ヒトラーは第三帝国のナンバー2の地位にあったSS長官ハインリヒ・ヒムラーに聖なる騎士団結成を命じた。
そのひとつがアーリア民族純血の象徴として処女だけで結成された聖処女十三騎士団。
アーリア民族のあるべき女性の義務は、子を産み、育てることが唯一である。
徹底的に邪教徒の不純工作を殲滅し、ドイツ女性を本来のあるべき姿に戻さねばならなかった。
その宗教的象徴として、SS長官ヒムラーは全ドイツ少女、処女団(BDM)から聖なる少女13人を選抜し、聖処女騎士団を結成した。
彼女たちは、前ゲルマン時代の文字である、ルーン文字を与えられ、その文字の意味する神聖なる力(フォース)を授かった。
聖処女騎士団の戦士達は、ナチ発足からドイツ第三帝国崩壊最後の日に至るまで、アーリア民族純血のために邪教徒と闘い、そして散っていった。
本書は聖処女十三騎士団中から選抜した7人の肖像と淑女録を収録。
全10ページフルカラー。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ100504
ファイル名/ファイル容量
RJ100504.zip / 18.54MB (19441868Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

聖処女十三騎士団(カラーバージョン)の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「聖処女十三騎士団(カラーバージョン)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件