({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2011年01月16日
シリーズ名学園大戦ヴァルキリーズ
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数合計310ページ
ジャンル
ファイル容量
920.48KB

作品内容

学園大戦ヴァルキリーズシリーズの第三作。
REV、REGと比べて設定面での矛盾が多く、続編というよりもパラレルワールドで展開する作品の趣が強い。
軍事面の描写に力を入れて作品としての面白さを失っていたのではないか?という製作側の反省から、単純明快なわかりやすさと娯楽作品としての面を強める内容となっている。
また本作は『ヴァルキリー同士の戦い』という一点に重点を置き、複雑な世界背景を把握せずとも美少女同士の戦いやそれに付随する人間関係が描写され、また実験的にではあるがジュブナイルポルノの要素も作品に加えられている。

戦いが続くアルカでは、今日もまたヴァルキリー同士の戦いが行われていた。
ロシア系ヴォルクグラード人民学園のマリア及びエレナ、ドイツ系シュネーヴァルト学園のノエル、イギリス系パクス・ブリタニカのビクトリア・ブラックバーン、アメリカ系ガーランドのユライヤ・サンダーランド、そして日本系和州学園の花菱有紀。
様々な思惑が交錯する中、少女達は己の『エゴ』に突き動かされて戦い続ける。

電子書籍版には2010年9月に行なわれたイベント『doujin24』の協賛企画で製作されたEGOの後日談、EGO2も特別収録!

学園大戦ヴァルキリーズ EGOの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「学園大戦ヴァルキリーズ EGO」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件