同人 > 倉持図鑑 > 猫の手貸すよっ!

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

ポータブルMP3プレーヤーで聴くことができる、“オーディオブック”。
iPhone/iPodTouch/iPadなどで読むことができる“電子書籍”。
WindowsPC用“ビジュアルノベル”が一つになった作品です。
あなたのライフスタイルや環境に合わせて、物語をお楽しみいただけます。

主人公の「ギン」は、人に変身できる妖怪・ネコマタ。
大好物の高級猫缶をご褒美にもらえれば、飼い主である「冴香お嬢様」のためにどんな難事件でもスパッと解決。
今回は、第二次世界大戦の折に歴史の闇に消えた「ヒエロニュムスの壺」と呼ばれる遺物の謎を追い、浅草の町を縦横無尽に駆け回る!
ところが、金髪の美少女コマンドーや、闇社会の武器商人が壺の争奪戦に加わるわ、壺にまつわる謎と、隠されたギンの過去までもが交錯するわで、事態は二転三転。
ギンは、遠い昔にかわした大切な約束と、目の前にある大切な物を守るため、自らその渦中に飛び込んでいく。
果たしてギンは、全ての難題を丸く収めて、ご褒美の猫缶を無事にゲットできるのか?

男性も女性も分け隔て無く楽しめる、全年齢対応の痛快娯楽活劇。
困ったときには、「猫の手貸すよっ!」

作品についての更に詳しい内容は、
http://www.bazooka.ne.jp/~ta9/novels/nekonote.html
をご覧下さい。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ066227
ファイル名/ファイル容量
RJ066227.zip / 531.31MB (557114928Byte)
CPU
PentiumIII 450MHz以上
メモリ
128MB以上(256MB以上推奨)
HDD
150MB以上
VIDEO
800×600、ハイカラー以上
DirectX
DirectX8.0以上
その他
DirectSound対応のサウンドカード
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「猫の手貸すよっ!」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!それぞれの楽しみ方を

2010年10月01日   投稿数 : 8位

このレビューは参考になった×2人

音声朗読、書籍、ビジュアルノベルの三つの形式で作られた作品。私はビジュアルノベル派です。
内容は、東京下町を舞台に、実際の写真を背景に使いながら展開される物語。作品内容の言葉を借りれば痛快娯楽活劇。
細かな設定や難しい部分もあるように思いますが、そこを気にせずとも問題なくすらすら読めます。
二次大戦期、史実として日本やドイツが取り組んだオカルト研究に端を発する妄執を断ち切るための、
単純な勧善懲悪の物語として理解して、それで充分だと感じます。最終決戦は現在建設中のアレが舞台、というのもまた。
魅力的なキャラと舞台で繰り広げられる物語。興味のある方は是非に。
…きっと自分で思ってるより遥かにツン部分が少ないツンデレお嬢様が個人的にはツボでした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]