同人 > ほにゃロシ > 平安突破紅蓮羅巌

         
({{ product.rate_count }})
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年11月16日
カップリング
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数106ページ
ジャンル

作品内容

ある、都にほどちかい、荒らすものもない静かな山に 晩秋、貴族の美しい出で立ちの青年が従者も連れずに一人で、紅葉の見えるその山道を歩いていた。山の庵に招かれた青年は、政変にもかかわる恋の物語を語り始める。
 ——とあるみかどの子供に幼い親王がいた。名をシモンといった。紺色の髪の毛、黒曜石の瞳。幼いうちは、小柄な体に細い手足で目立たない顔立ち、ただ見かけによらず体質は強靱だった。
 後に年頃になると、人柄もよろしく、黒い瞳はあたたかく輝いた。つまるところ繊細で力強い顔だちの若公達となり、位とあいまって評判も高かった。当然、位の高い女性も低い女性も、大勢の姫が、訪れを願ったものだった——
 
忍ぶ恋はどんでん返しの結末へ。平安パラレルシモロシ読み切り小説104ページ4万字。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ105344
ファイル名/ファイル容量
RJ105344.zip / 53.9MB (56516068Byte)
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「平安突破紅蓮羅巌」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件