({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年03月19日
シリーズ名M女の日記
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数100
ジャンル
ファイル容量
79.34MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

私の仕事はSMクラブのM嬢です。
私をMの世界へ導いてくれた男のすすめで、様々なM体験を味わおうと、このクラブに勤めてもう1年になります。
日本画家、加東翠嵐に出逢ったのは、SMの仕事で訪ねた彼の大磯の家。
2~3泊して、その画家のモデル兼SMの相手をするのが私の仕事でした。
「みさこ君だね。
加東翠嵐です。
宜しくお願いするよ」「こちらこそ宜しく」優しそうな人。
こんな人がSMを?「いらっしゃい。
アトリエへ案内しよう」後から思えば逢ったとたんに心惹かれてしまったような気がする。
アトリエには淫らな道具が沢山あった。
どんなモデルを要求されるのかすぐ想像がつくような。
あれらのモノで何をされるのか、考えるだけで頭がクラクラするみたい…。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「M女の日記III 秘花調教色懺悔!!」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件