({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年11月01日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数114
ジャンル
ファイル容量
44.91MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

かつての恋人、徹から「会いたい」という手紙が来た。
医者の息子の徹は自称ミュージシャンで、よく勉強と言ってはアメリカやイギリスに出掛けていた。
翔んでる感じがカッコよく見えた。
「お前の唇大好きだよ」
おみやげのディオールの口紅を塗ってくれると、そう言いながら、ネットリとしたキスをした。
「ニューヨークでもロスでも、ずっとお前が欲しかった」
乳房を揉み、首筋に舌を這わせた後、私の足を大きく広げ、アソコを音を立てて舐める。
「あ…」「ホラこっちにもおみやげだ」
徹はいきなり口紅をアソコに突っ込んだ。
「何!? 冷たいっ」あ…でもゴツゴツしてて気持ちいい。
「すげえHな女。食らい付いて離れないぞ。こいつ。でもこれじゃあ細くて物足りないか」
「じゃ、もっと」

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「セッ●スレス人妻、夫の股間に手を這わせ!!」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件