({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年03月17日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数65
ジャンル
ファイル容量
12.76MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

あなた…ねえ、あなた。なぜ抱いてくれないの? 私達もうひと月もしていないのよ。
「ご主人を責めてはだめよ。ご主人は、だめなのよ」何? 何がだめなの?
バンコクで出会った柊子は、なぜか瑞穂に優しい。
「私が瑞穂さんを可愛がって差し上げる」
南国の果実をかじらされ、果実のつけたあとを柔らかな舌がたどる。
首筋から乳首へ。そしてアソコへ。
「秘められた部分で南国のフルーツを味わうのよ」
私から溢れ出た果汁を柊子さんの舌が吸い取る。
柔らかく熱く押し寄せる快感に、こらえきれなくなった体が収縮し私の中の果実がつぶれて弾ける。
強く吸い付く彼女の唇が私を歓喜の極みへ押しやった。
あんな魔法にかかったような快楽は生まれて初めてだったわ。

【星合 操 官能の美学】エスニック・ベーゼの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「【星合 操 官能の美学】エスニック・ベーゼ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件