ゲイ > Gradual Improvement > 芸人 山野純三 > 握手券一万枚で!?

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年01月12日 0時
シリーズ名芸人 山野純三
年齢指定
作品形式
ファイル形式
PDF / EPUB,mobi,HTML同梱
その他
ページ数98ページ
ジャンル

作品内容

一発当てた後、ジリ貧の我輩の弱みに付け込んで僕を手篭めにした山那はしかし、俺のことが好きだというところだけは本当だったようで、俺の稼ぎの足しになるような企画を山那なりに真剣に考えてくれたらしい。
 その結果が、えっ? 握手券付きの本の出版?

 おいおい、それってもう使い古された手だし、俺みたいなのがそんなんやったって意味無いし赤(字)しか出ないでしょ。
 って、思ったのだが、その企画の肝は『握手券をたくさん集めると、できることがクレードアップする』というところにあった。
 100枚でなんと! いやいや、安過ぎるでしょ!? そんなこんなで『1,000枚でアレ』、という想定に。

 もちろんそんなこと公の場では一切口に出さなかったんだけど、……来ちゃった。
 想定を大きく超える、文字どおり桁が一つ違う、10,000枚の握手券。
 しかも、数も想定を超えてきたならば、要求もその想定を超え……

 握手券 一万揃えば 撮影付き

 いや、ちょっと待って、それは流石に、って、なんで山那がノリノリやねん!

約28K文字、A6文庫サイズPDFで98Pです。
(体験版では第一章28ページまでご覧になれます。レイアウトの確認等にご利用ください。)

作品情報/動作環境

作品番号
RJ217094
ファイル名/ファイル容量
RJ217094.zip / 3.27MB
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

握手券一万枚で!?の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「握手券一万枚で!?」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件