({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年03月09日
シリーズ名某大学アメフト部体験記 肉奴隷主将
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数76
ジャンル
ファイル容量
1.61MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

G-menの人気体育会小説シリーズ!
強豪アメフト部を率いる主将が、性欲旺盛なゴツい体育会野郎達に、次から次へと陵辱されまくる!
誌面ではシーズン2として掲載された新章が、続々配信!

ライバル校を招いてのオープン戦の後、相手チームのライバル•鉄兵に射精競争を仕掛けられた郷里は、
禁欲の決まりを破ったせいで、鬼OBの本間から再びビー部への肉便器貸し出しを命じられる。
疲労困憊の郷里は、本間が率いる社会人チームとの練習後、車で送ってもらはずが着いたのはラブホテル…。
M字開脚アナニーや、露出プレイを強制される等、変態的な責めで散々に陵辱されてしまうのだが…。

「俺は平手を食らった後にそのフル勃起チンコも叱責され、直立不動を命じられてはその命令に従うしかなかった。
そんな金縛り状態の俺に対して本間先輩は、洗面所からタオルを持ち出し、反抗できない俺の手首を後ろ手に縛ってしまった。
しかもそれだけでなく、スポーツバッグから取り出したマジックペンで俺の胸にでかでかと、『乳首モロ感変態野郎』と書き、
両乳首に向って矢印も書いたかと思うと無言のまま、俺を引きずる様に後ろ向きに腕を引っ張った。
俺は何をされるのか怖くて抵抗できず、なすがままに引きずられるが、
あろう事か本間先輩は、再びドアを開けて俺を廊下へ出すと、
縛り上げられている俺の両手をドアノブに固定してしまい、有無を言わずに、ドアを閉めてしまった。
つまり俺はドアの前で、全裸にエネマグラ挿入でリング付きフル勃起な上、
胸に『乳首モロ感変態野郎』と書かれて身動きできない状態にされてしまったのである。(本文より)」

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「某大学アメフト部体験記 肉奴隷主将7 ~灼熱のハプニング 前編」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件