ゲイ > メディレクト(旧 古川書房) > 剣豪の秘密~暴かれたマゾヒズム

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年08月17日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数43
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

禁欲的に打ち込む大学剣士。しかし、彼の秘密を知る者が身近にいた。憎悪の炎を燃やしながら。

板橋武志は、全国でも屈指の剣道の強豪大学3年生。
幼い頃から打ち込んできたゆえに、インターハイでは優勝し、
大学生になってからも大会では上位入賞が当然の、強い剣士である。
禁欲的に剣道に打ち込む板橋の姿は周囲の部員も巻き込み、部全体のレベルをも飛躍的に高めた。
先輩からは信頼され、後輩からは畏怖の念をもたれる板橋だったが、
一年後輩の山西和也だけはちょっと事情が違うようだ。

子供の頃、町の道場に共に通っていた板橋と山西。
お互いに一人っ子ということもあり、実の兄弟のように仲が良かった。
ところが、いつしか山西は板橋を避けるようになり、剣道に対してもやる気を撃ちなっているように見えた。
ギクシャクした関係のまま、夏合宿の直前に事件は起きた。
やる気の見えない山西に喝を入れようと、板橋が練習でシゴキあげ、結果、山西は意識を失い失禁してしまった。
山西が板橋に抱いていた、歪んだ憎悪の炎は、このことをきっかけに黒く燃え上がった。
そして,合宿の夜、山西の悪意が現実のものとなる……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ040318
ファイル名/ファイル容量
BJ040318.zip / 1.09MB (1141156Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「剣豪の秘密~暴かれたマゾヒズム」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件