({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年02月14日
シリーズ名陰陽師 瀧夜叉姫
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数185
ジャンル
ファイル容量
103.72MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

瘡(かさ)に悩まされ続ける平貞盛(たいらのさだもり)は
祥仙(しょうせん)と名乗る薬師(くすし)と出会う。
祥仙から渡された薬を塗り続けると瘡が落ちついた。
しかし、いずれまた瘡が出てきてしまうと予言される。
祥仙は頭を抱える貞盛に『児干(じかん)』を薦めた…。
児干とは懐妊した女性の腹を切り、赤子を取りだし、その赤子の肝を喰うことである。
貞盛は御炊の女が妊娠していたことを思い出し、刀の柄を握りしめる――。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「陰陽師 瀧夜叉姫(7)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件