電子書籍 > オフィス漫 > 新・おらが村(4)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年07月07日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数326
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

良平は親友・政信の妹かつみと再婚をし、太平とミズナには新しい母親ができることになった。
一家は幸せなひと時を過ごしていた。しかし人生は何故、順風満帆に行かないのか…。
冬のある夜、良平とかつみが留守中、良平の家が火事になり全焼してしまうのであった…。
事件の晩、沓沢先生に呼び出された良平は、《家族》というものについて、
そして良平の卑屈な心について一喝されるのであった。

心に響く沓沢先生の言葉を胸にしかと受けとめ、良平は新しい家を建てるため、自ら設計を始める。
この家こそ、豪雪地帯に変化をもたらす《新発想の家》だ。
火事をきっかけに一家はますます絆を深めていくのであった。

今日の日本の農業をテーマに、社会問題、環境問題まで鋭く切り込んだ
ヒューマンドラマの傑作《おらが村》新シリーズ、最終巻(全4巻)!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ035309
ファイル名/ファイル容量
BJ035309.zip / 173.3MB (181716082Byte)

新・おらが村(4)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「新・おらが村(4)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件