({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年04月22日
シリーズ名はるかなビシ
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数186
ジャンル
ファイル容量
66.26MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

テニスラケットが風を切り裂き、気持ちよくボールをとらえる音、「ビシ」。
尾藤修一と真の熱血兄弟は、この音に吸い寄せられるようにしてテニスに没頭してきた。
はじまりはデコボコの空き地で、ネットの代わりには土管、
ルールもテクニックもよく知らなかったけれど、体からあふれるくらいワクワクしていた……。

練習を積んで参加した都内テニスクラブ対抗トーナメントで、修一と真は試合を重ねてレベルアップ。
兄弟での決勝戦も夢ではないところまで勝ちあがってきた。だが、真の右ひじに違和感が! 
それは腕に強い負担をかけ続けることで起きるスポーツ障害、「テニス肘」だった。

準決勝と決勝はひとまず延期され、会場は修一の訴えによって懐かしい空き地に決まった。
さあ、舞台はととのった。決勝戦の前に天才プレーヤー・駿矢了と巨大ラケット使い・小川渉が立ち塞がる! 
一球入魂テニスコミック、感動のファイナル・セットです。全3巻。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「はるかなビシ(3)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件