「聖マルガレタ学園 超乳悶絶拷問編」のレビュー一覧

聖マルガレタ学園 超乳悶絶拷問編
みこしろ本人 / 三和出版
1,199円 / 33pt (3%還元)
サークル「アルゴラグニア」の著者・みこしろ本人がお贈りする人権無視の凄絶人体改造&鬼畜調教コミック!!
18禁マンガ専用ビューア
  • 販売日: 2016年12月31日
  •    

オススメ!商業単行本のおっぱい最大記録が更新されたかもしれない

2017年01月04日   穂積 さん投稿数 : 8位

このレビューは参考になった x 0人

[作品内容]に書いてある通り同作者様の代名詞と言っても過言ではない同人誌「聖マルガレタ学園」シリーズを商業単行本化をしたのがこの商品です。
なお、「人間家畜調教編(BJ100374)」が同時に発売されていますが、そっちは小さい方を選りすぐった本、こっちは大きくなっちゃう方を選りすぐった本と思えば概ね間違いない内容です。
また、DLsiteではだいぶ前に「聖マルガレタ学園(BJ003968)」が発売されていますが、同じ作者が10年近く前に描いた同シリーズ作品です。
ただ、本作から見れば初期稿に近く、一部で設定が一新されている部分もあり、内容は一切重複していません。
というか、DLsiteでは同人誌としての「聖マルガレタ学園」シリーズは取り扱っていなかったので、他はいざ知らずDLsiteでの内容重複の心配はありません。

上記した通り、同人誌シリーズ20冊以上になる中でも本書は大きくなる系、つまりは超乳・ボテ腹・拡張などの系統が重点的に収録されています。
それに伴い、女性本人も頭身が高く、ロリよりもお姉さん系の比重が高くなっています。
「そんなこと言われなくても表紙やサンプルを見ればわかる」と思ったのなら少々早合点です。
サンプルに出ているおっぱいも現実で見れば充分巨大な部類ですが、この単行本の中では良く言っても中の下です。
最大サイズは画面に収まりきらず、体積はスレンダーな人体骨格よりも乳房の方が圧倒的に勝るバケモノ級おっぱいです。
しかも、大きくなるのは乳ばかりではなく、お腹も女性の豆も著しく肥大させられます。
そんな女の子達が敏感な部位ばかり狙って責められ、苦悶に泣き叫び、それでも女性の地位が低い独特の世界観ゆえに甘んじて受け入れる狂乱の作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:10月13日

ご利用案内

ご利用可能なお支払い方法

お支払い方法について

JAPHICマーク

当サイトは、個人情報の適切な取り扱いをしており、安心してお買い物をお楽しみいただけます。