「監禁妊婦っぱい~序章~」のレビュー一覧

監禁妊婦っぱい~序章~
塚沢 / エンジェル出版
324円 / 9pt (3%還元)
自分を捨てて浮気に不倫三昧だった母親。そんなお母さんを制裁すべく、ミックスザーメンをオマ○コに注ぎ込む。ボテ腹妊婦に堕ちる。
18禁マンガ専用ビューア
  • 販売日: 2016年04月17日

オススメ!性悪な母親を孕ませて復讐

2016年04月18日   穂積 さん投稿数 : 7位

このレビューは参考になった x 1人

とある実業家の男が居て、女はその財産が目当てで近づきました。
息子を授かると盤石な相続権に驕り、夫が仕事で海外を飛び回っている隙に他の男と豪遊し、肉体的にも不貞を重ねていました。
しかし、物心ついた息子が自分の母親の本性を知った時、女の人生は一変します。
息子は資金力に物を言わせて、女を監禁して機械的に孕ませる設備を密かに造っていました。

上記の導入部分で描かれる孕む前の段階から大きなおっぱいで艶のあるホステスのような美女でありながら、これが妊娠して臨月となった姿は凄まじいボリューム感です。
作中では拘束され寝かされた状態しか描写されていないので、私の憶測になってしまいますが、まともに立って歩けるのかも怪しいド迫力のお腹に膨れています。
小柄な息子がそのボテ腹に寄り添うカットでは、彼自身を内包できそうなサイズ感が明確に伝わってきます。
このような大ボリュームの妊婦の肉体で目を楽しませるのと合わせて、性悪な女にショタらしさ全開の息子が復讐し、絶叫とともに孕ませる快感の作品です。

作中では明言されていませんが、おそらく本作がプロローグとなって、BJ051890に繋がるのでしょうね。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:11月17日