「座敷童の掟 外伝 資料 伊奈澤聡美の書簡」のレビュー一覧

座敷童の掟 外伝 資料 伊奈澤聡美の書簡
綾守竜樹(作) しなの優良(しなのゆら)(画) / キルタイムコミュニケーション
324円 / 9pt (3%還元)
妖怪と人間とのあいだで発生した事件──旧家の令嬢・聡美は座敷童の幼女の奴隷となり、妖怪たちに体を弄ばれることに…。話題を読んだ二次元ドリーム文庫異色作の外伝が登場。
18禁ノベルPDF体験版
  • 販売日: 2014年12月29日

知る人ぞ知る!

2015年05月14日   三色産うなぎパイ さん投稿数 : Best50

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

名作と名高い官能文書が、電子書籍化!!

「濡れてしまいます」
という描写にゾクリとする。

そんな作者の恥ずかしげもない架空リポーター魂が息づく作品。

センスですね。その状況下にあるべきもの。感じるものを素直に書ける技量。

低価格で、出会ってしまったら最後、作者買い必至の作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!大和撫子メイドとアカナメの舌とワニュウドウの車輪

2015年01月21日   フロー さん投稿数 : Best50

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

本作は「座敷童の掟」という作品の外伝です。
こちらだけでも楽しめると思いますが、
向こうを先に読むといっそう楽しめたり、
腑に落ちたりするのではないかと思います。

本作の責め役は「座敷童の掟」に出て出番もあった、
米国かぶれのアカナメと、関西弁の好色オヤジそのもののワニュウドウ。
作中の「要するに、天性のマゾ奴隷役だった」という言葉に尽きる
大和撫子に舌責めや車輪責めを行います。
蛇足ですが、向こうの主な責め役である、
ぬらりひょんの青年は出番なしに等しいです。

西洋文化がだいぶ普及しているものの、
日本的な部分がまだまだ色濃い時代の雰囲気が
よく出ているところも魅力なのですが、
精緻で興奮させられる官能的な小説でありながら、
文学的でもあり、ギャグ漫画的でもあるという、
この作者独特でほとんど類を見ない巧みな文章も面白いです。
人間心理に鋭く切り込んだり、
人間礼賛的な作風であったりするのも心地よくて好感を憶えます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:11月17日