「淫姦のシルヴィア」のレビュー一覧

2018年01月15日 正午 割引終了
淫姦のシルヴィア
児島未生 / サン出版
1,080円→ 540円 50%OFF / 15pt (3%還元)
臨月を迎える妊婦が性の饗宴に酔い、夫は妻以外の女との禁断のSEXに溺れる…裏切りと不貞にまみれた富裕一族の背徳エロス物語
18禁マンガ専用ビューア
  • 販売日: 2013年08月12日

オススメ!ネタバレ厳禁が多すぎてレビュー書きにくいけど確実に面白い

2016年01月14日   穂積 さん投稿数 : 7位

このレビューは参考になった x 1人

近親相姦とそれが引き起こした複雑な人間関係が肝の作品です。
Hに重点をおいて大してストーリー性がない作品も散見される中で、本作はミステリーを読んでいるかのような深みがあり、読了した時には謎が解けた時の爽快感すら得られるほどです。
表紙の中央で立っている「瑠美」、瑠美の夫「征一郎」、征一郎の実母「麗子」、麗子の娘で征一郎の兄妹「美幸」、瑠美の母「沙織」、麗子の夫「要蔵」、この6人が鍵を握る登場人物です。
他には瑠美を愛でる謎の男3人(サンプル1)、征一郎の同僚医師「北島」(サンプル3)、病院が舞台なのでナース、過去回想で女教師など登場しますが、ストーリーの根幹よりはモブに近いので上記6人を主要と定義します。
話が進むにつれて度重なる近親相姦が詳らかになり、絡んだ糸の先をたどるように上記の主要6人の肩書が塗り替えられ、この家族の交錯する相関図が明らかになって行きます。
こう書くとお堅い謎解きモノに聞こえるかもしれませんが、原因は全て肉体関係にあるため、画面的には濃厚なHが繰り返されるので実用性は折り紙つきです。
また、瑠美は序盤から征一郎の子を身籠った状態で、臨月での奉仕が何発も繰り広げられるのも見所です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:11月17日