「目隠しアンソロジーコミックスVol.2」のレビュー一覧

目隠しアンソロジーコミックスVol.2
双龍 海原圭哉 ゴンざぶろー / キルタイムコミュニケーション
648円 / 18pt (3%還元)
目隠しされたヒロインたちにぶつけられる牡の劣情……視界を閉ざされることで被虐の快感が燃え上がる!!
18禁マンガPDF体験版
  • 販売日: 2011年03月31日
  •    

目隠し

2014年04月09日   ノコギリ さん投稿数 : Best50

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :


目隠しってだけっで興奮できる私にとっては全編目隠しってだけで買いでした。

道具を使って責められてしまうメイドさんの話がお気に入りですね。

次があるならば、目隠しで緊縛放置プレイとか欲しいですね。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

バリエーション豊かな三話。SMよりも凌辱寄りの内容

2013年07月21日   骨格機械 さん投稿数 : Best50

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

性癖ごとのアンソロジーの中でも、ジャンルとして成立しているのか、少々あいまいな「目隠し」。

興味がわいて1・2巻続けて購入しましたが、案の定、女の子に「見えないから余計に敏感になってる……」と言わせれば、あとは何でもいいらしく、作家さんがそれぞれ自由に書いている印象を受けます。それぞれ毛色の異なるお話が6話並ぶので、バリエーション豊かと見るか、ジャンルを限定としたうまみが少ないと取るかは人それぞれ。

ただ、そんな中でもさすがは二次ドリ、全体として輪姦バッドエンド3話、凌辱バッドエンド1話、触手凌辱1話、ソフトSM1話というハードな構成が特徴的。「目隠し」=ソフトSMというイメージが漠然とあったので、意表を突かれました。

2巻での一押しは、海原氏の手になるメイドさんもの。内容紹介では凌辱調教的な印象ですが純然たるソフトSMです。ヒロイン(表紙の子)は主人の青年に対してまるで友達感覚、主従関係を教えようと先輩メイドが目隠しをつけるのですが、どう見ても青年が目隠しプレイしたいだけなのが笑える。

導入は軽いノリながら、洗濯バサミで乳首を挟まれ、ローターで急所を責められ、快楽責めのボルテージが一気に上がり、挿入行為までなだれ込む様は、キュートな絵柄も相まって大変えちぃ。ヒロインが、容姿も性格もほとんど「み〇みけ」次女なのも、個人的にはポイント高かったです(笑)。

オチもあくまで「プレイ」であったことを再確認する軽いもので、主人の青年、ヒロイン、先輩メイドの三人が、普通のラブコメ漫画でもありそうな関係に落ち着くのも、読後感さわやか。あと2つは凌辱ものなので、箸休めになります。

3話目は「レオタード+目隠し」と、これもひねりの利いたシチュエーション。目隠しに加えて、メイド服、レオタードなどコスプレ要素が好きな方にはオススメ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

羞恥快楽!

2013年04月18日   tomo さん投稿数 : 3位

このレビューは参考になった x 0人

目隠しされてなにされているのかわからない状況で犯されてイキまくる作品集です!
見えないと想像力で襟想像をしてしまって余計に感じてしまいます!
被虐的な性癖に目覚めました!という人はぜひ参考にしてみましょう!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:12月15日