「さくら色のふくらみ」のレビュー一覧

さくら色のふくらみ
う~とむ / 松文館
1,080円 / 30pt (3%還元)
登場するのはかわいらしいふくらみ掛けな少女達ばかりです。日常を舞台にした感情移入し易い物語も魅力です。どこか懐かしさもあり、癒される物語、心の暖まる物語もあります。
18禁マンガPDF旧プロテクト
  • 販売日: 2008年12月21日

ほとんど膨らんでいない乳房、浮き上がる肋骨のラインにハァハァ

2010年02月23日   NERO さん投稿数 : 8位

このレビューは参考になった x 0人

ロリっ娘たちと「立派な体格の男性」とのSEXを描きます(例外として、ロリっ娘たちと同じくらいの体格の少年とのSEXもあり)。

 ロリっ娘たちはほとんど乳房が膨らんでおらず、尻も小ぶりなラインを保っています。
そもそも、体全体を見ても余分な肉がついていません。挿入されつつ、体を大きく反らせた時に、肋骨のラインが浮き上がる描写に大興奮でした。こんな発展途上のロリっ娘の肉体を貪る男たち…羨ましすぎますw

 ロリっ娘たちとのSEXだけでも背徳的、反社会的であるのに、兄×妹の近親相姦、近所の中年男×ロリっ娘のSEX、教師×ロリっ娘のSEXなど、世間にバレたら非難轟々となる関係でのSEXを描いたものが多いです。

 スランプに陥った画家のオジサマのために、ヌードモデルを志願するロリっ娘。一見イイ話に見えますが、画家の鉛筆の動き・音に快感を覚え、オナニー・放尿までしてしまうとんでもないロリっ娘ですw また父親とのSEXに傷ついたロリっ娘が、「労わり、慰め、励ましてもらうため」に大好きな教師にSEXを求めるなど、「どう見ても教師が役得すぎる!」とツッコミを入れたくなるお話などニヤリとさせられるものが多いです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:11月17日