「シスフィーナII 淫獄のエルフ」のレビュー一覧

シスフィーナII 淫獄のエルフ
黒井弘騎(作) あめいすめる(画) / キルタイムコミュニケーション
962円 / 26pt (3%還元)
狂気の教団に囚われたシスフィーナを襲う陵辱の惨禍!恥辱の衣装を着せられての噴乳絶頂、口唇奉仕、近親相姦……囚われとなった女エルフが数々の責めに狂わされていく!!
18禁ノベルPDF体験版
  • 販売日: 2008年08月03日

オススメ!膣穴&尻穴、2本挿しのボテ腹SEXでよがり狂いつつ、出産w

2010年06月28日   NERO さん投稿数 : 8位

このレビューは参考になった x 1人

レビュアーが選んだジャンル :

物語の冒頭、カルアノス教団神殿の地下牢に囚われたシスフィーナが、脱獄します。湖沼地帯を駆け抜けるときにデリザードマンの群れと出会い、これを【軽くねじ伏せようと】するのですが、戦闘の最中、急激に力が抜けてしまいます。自分の肉体の変化に戸惑うシスフィーナの前に、追手=レゼリアが現れ、『シスフィーナが妊娠している』ことを告げます。「あなたのお腹には赤ちゃんがいるのよ! 魔神とハイエルフのハーフがねっ」と高らかに笑うレゼリアと、恐怖によって言葉を失うシスフィーナの対比が素晴らしいw

 子宮に宿った魔神の胎児に力を吸い取られ、リザードマンたちにもかなわず、凌辱されてしまいます。レゼリアの命を受けて、リザードマンたちが乳房やマ○コ周辺を凌辱するのですが、その凌辱中でも「姫巫女サマニ交尾は禁止サレテイル」と、膣挿入や子宮圧迫というシチュは遠慮するところが、シスフィーナが【妊娠初期の肉体】であることを思い知らせる描写になっています。

 妊娠により母乳が出るようになってしまったシスフィーナが、メイド服を着せられ、教団の司教たちに搾乳される描写もあり(イラストあり)。妊娠の事実を認めざるを得なくなり、屈辱と恐怖を感じる様子が楽しめます。そんなシスフィーナを、リゼリアが「母乳を搾るための家畜」「乳牛エルフ」などと嘲りますw

 物語の終盤では大きなボテ腹姿になり、教団に誘拐されていたユリアーノ、魔神ルシェルによる3Pあり。快楽に堕ちたシスフィーナが押し倒すような形での騎乗位(イラストあり)。ユリアーノにまたがって激しく腰を振っている最中に、ルシェルが現れ、尻穴に挿入。膣穴&尻穴の2本挿しでよがり狂っている最中に、破水。しかし出産が始まってもSEXが中断されることはなく、どっぷりと膣内射精・直腸内射精されるまでチ○ポが引き抜かれることはありませんw

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!乳虐め好き集まれ!

2010年03月29日   月夜 さん

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

弟の為に、が堕ちる一方の姉。
ストーリーの内容としては展開が読めるものですが、黒井氏の描写が上手すぎて読んでいて飽きませんでした。
魔女の手に落ちたエルフが宴の席で改造された乳首を執拗に責められながらの噴乳。
そして魔女に乳腺までも犯されるシツコイまでの乳首責めのシーンは自分にとって最高の萌え要素でした。
同じく乳ファック系に萌える同志には最高の読み物ではないかと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:12月15日