電子書籍 > 一水社 > 本の匂い、xxの匂い。【単話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年12月01日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数8
ジャンル

作品内容

放課後の図書室、突然の地震で倒れた本棚で出来た空間に閉じ込められてしまった。
密着してしまう浜田君と私。
浜田君の膝が私の股間に食い込み、手が胸を掴む。
こんな状況だからちょっとくらい触っちゃうのも仕方ないよね? とグイグイくる浜田君。
岡野さんイイ匂い。前から俺好きだったんだ。
こんな状況で告白されても、と思ってる間もなく、
逃げる場のない状況で挿入されてしまう。

真面目で頭の良いメガネ図書委員少女萌えなお話です。
運動出来なさそうだけど華奢な棒のような手足を掴んで、
微妙にアバラ浮き出た身体抑え込んでの挿入が、嗜虐感満載で絶品なのです。

※この作品はぷにぺどっ!!に収録されている作品の単話配信です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ067615
ファイル名/ファイル容量
BJ067615.zip / 4.55MB (4768951Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「本の匂い、xxの匂い。【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

放課後の図書室で

2017年12月08日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

放課後の図書室で地震が起きて閉じ込められてしまい、そこでいやらしいことが起きる作品。8ページの短編。
こけこっこ☆こまさんは私が好きな作家さんの1人で、可愛らしい顔と表情にエロさを感じる肌の描き方が絶妙だと思う。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]