クロボンさんのレビュー一覧

83件中 41~50件目

爽快? かどうかはさておき、意欲作でした。

2016年08月29日  

このレビューは参考になった x 6人

DLsite専売
発射できない男(仮)
メヤスバコ-MeyasuBako-
2,052円 / 190pt (10%還元)
膣内射精障害…そう、彼は「発射できない男」だったのだ。主人公以外フルボイス&全10エンディング以上&CG枚数150枚以上! この夏ハチャメチャ系、エッチで過激で爽快な物語が始まる。
18禁同人ゲームアドベンチャーアプリケーション音声あり音楽あり
  • 販売日: 2016年07月29日
  • DL : 785
  • (485)

原画を担当されている、絵師/漫画家のもくふう先生のファンなので、プレイしてみての感想です。

まず、複数の原画家さんを起用するかたちをとっているので、「これは、もくふう先生の絵だな」という感じの統一性のあるメインビジュアルに対して、ゲーム中の立ち絵やCGはズレを感じることが多いと思います。が、致命的にエロくないとか、構図が破綻しているなどの問題は生じていなかったと思いますので、ADVゲームとしては及第点と筆者は考えます。

内容についてですが、オーソドックスな紙芝居方式のADVで、各EDに至る条件も緩く、遊び易いゲームだと思います。加えて、同人ゲームとしては、ヒロインが4人と大目なので、総じてダラダラと中だるみしない程度の尺(サークル様の想定プレイ時間が長めに設定されているのはフルボイスを全て聴いている勘定のためです)で揃っていました。
ハチャメチャ系と自ら名乗っているだけあって、シナリオは商業作では無理だろうな、という要素が満載です。電波ソングから始まるOPからは、少しおバカな抜きゲーかな? という印象を受けるのですが、シナリオによってはホラーの領域に片足を突っ込んでいるような内容もあり、昨今の商業作が無難で、ストレスレスかつイチャラブ重視という方向に向かっているのに対して、本作は「やりたいことをやった」感が各シナリオから感じられ、例えはあまりよくないのかもしれませんが、『恋×シンアイ彼女』のような意欲作であると感じました。恋カケと異なる点は、経過こそ重い内容もありですが、最終的なゴールが基本、ハッピーエンドなところでしょうか。サークル様が謳っている、爽快な~という部分には1プレイヤーとしては疑問符をつけたくなりますが、終わりよければ全てよしなのはデカいです。

また、音楽や声優さんまわりはかなり豪華で、そこを考慮するとかなり良心的なお値段です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!今作はオーソドックスな3DダンジョンRPGとなりました。

2016年08月24日  

このレビューは参考になった x 0人

Evening Starter
男爵領
1,512円 / 140pt (10%還元)
現代を舞台に、裏社会で神話生物と戦う的な18禁3DダンジョンRPG
18禁同人ゲームロールプレイングアプリケーション音楽あり体験版
  • 販売日: 2015年04月16日
  • DL : 11835
  •   
  • (7021)

前作の『ルゴーム砦の脱出』が個人的にツボでしたので、プレイしてみての感想です。
前作はゲームブック風のADV要素がとても強い、探索型RPGで、最大の魅力としては「プレイヤーが思いつくであろう行動や考えに対して、大体のレスポンスが用意されている」というところで、とても自由度が高く柔軟かつ丁寧な作品でした。
今作の話に戻すと、今回はオーソドックスな3DダンジョンRPGです。なので、前作の最大の魅力であった「自由度」は失われてしまいましたが、サークル様の特徴である絵柄や悲惨な状況下でもタフな精神をもつ主人公たち、独特のユーモアなど、魅力的な部分は継承されているので、前作が気に入った方は購入を検討されて、特に問題ないと思います。
雰囲気としては、既に他のレビュアー様があげていらっしゃるように、『メ○テン(ないしは初期のペ○ソナかSQシリーズ)』+クトゥルー神話とそれに対応する裏社会という結構レトロな世界観です。
クトゥルー神話については、筆者もそうですが、あまりレトロゲーに精通していないと、よくわからないという方もいらっしゃると思います。一応、簡潔に説明すると、歴史は100年ほどの架空の神話体系で、体系化するにあたって、TRPGを介しているため、元々ゲームとは親和性の高い概念です。設定や用語は結構難解なので、把握するのは相当骨ですが、元々の醍醐味が「恐怖」であり、特に「未知のもの、理解の及ばないものへの恐怖」への畏れやそれに伴う狂気、敬意などを重要視する世界観なので、ゲームをするにあたっては、むしろよく知らない方が、醍醐味を味わえると思います。
なお、近年ではクトゥルーリスペクト(≒コズミックホラー)の作品としては『ブ○ッドボーン』が有名ですが、あちらは雰囲気だけを継承しているのに対し、本作は神話の設定や用語(シェアード・ワード)がばっちり登場します。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

RPG風の演出がついたCG集に近い内容でした。

2016年08月17日  

このレビューは参考になった x 2人

プリズンファンタジア~亡国の聖騎士~
風道屋
1,080円 / 100pt (10%還元)
国を失い魔物に囚われた騎士エルウィが 魔物の棲む地下牢獄から脱出するRPG。
18禁同人ゲームロールプレイングアプリケーション音楽あり体験版
  • 販売日: 2013年03月10日
  • DL : 8220
  •   
  • (4567)

他のレビュアー様方のレビューを参照していただければ、了解いただけることかと思いますが、サークル様のゲーム紹介文から引用しますと、

■ゲームシステム
レベル上げ要素のない簡単なRPGです。
というかイベントを見つけて進んでいくだけです。
エッチバトルもお手軽難易度です。

とありますが、これがこのゲームの全てであると思います。追記するならば、基本的にイベント(ADV)パートで、探索する要素はありますが、基本的に一本道である、というところでしょうか。
少し骨な部分としては、HシーンがRPGの体なので、シーンごとにHP・MP的なものを消費していくのですが、回復ポイントが一番最初のマップに固定であり、回復の必要性を感じたら、そこまで戻らなければならない、という点でしょうか。その点さえ許容できれば、他のレビュアー様が挙げていらっしゃるようにサクッと遊べる内容となっていますので、あまり時間をかけられない方などにはおすすめです。
なので、後は性癖的に合うか・合わないかだと思いますが、主人公のエルウィは、銀髪・巨乳・女騎士とフックとなる属性が盛り沢山のキャラですので、気になるユーザー様も多いのではないかと思います。

繰り返しになりますが、先に引用した■の内容がほぼ全てです。が、CV(Hシーンのみのパートボイスです)として、同人ゲームでは、甘い系の声の持ち主として有名な、誠樹ふぁんさんを起用しているところや、HシーンにRPGとしての演出が入ることを考慮すると、詰まる所、「RPG風の演出がついたCG集」に近い内容であり、それにCVまでついてくるので、コストパフォーマンスという意味ではかなり良心的な作品ではないかと筆者は考えます。
最後になってしまいましたが、絵柄は良好で、CGについてもエロい構図で組まれていたと思います。特にガーゴイル戦は必見です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

題材に反して、意欲作であると思います。

2016年08月16日  

このレビューは参考になった x 9人

イトリちゃんのエッチなお薬屋さん
ぴーちパレット
1,404円 / 130pt (10%還元)
あこがれの薬師を目指して勉強中のイトリちゃん。お店を有名にするも、エッチに浸るもあなた次第。
18禁同人ゲームロールプレイングアプリケーション音楽あり体験版
  • 販売日: 2016年05月26日
  • DL : 1772
  •    
  • (983)

レビュアーが選んだジャンル :

所謂「~のアトリエ」シリーズをリスペクトされた作品は、同人ゲームの界隈においては、そう珍しい物でもなく、結構な数の作品がリリースされていることと思います。
そんな中、筆者が思う、リスペクトものとしての魅力となる要素は、
1)演出・シナリオなどの面で、世界観構成に成功していること。
2)シリーズ特有のアイテムの調達および作成の過程が面白いこと。
であると思います。
本作について、上記の1、2について、他の作品と比べ、突出していると感じる点はありませんでした。が、題材に反して、意欲作であると感じたのが、最大の魅力であると筆者は考えます。
まず、第一にツールとして定番とは言い難い、RPGツクールMVによって作成されているという点です。MVは現時点では、メリット・デメリットを考慮すると、デメリットがまだ大きめのツールとして、認知されていることと思いますが、本作はあえて、ド定番な題材のものを、MVを使用して作成されており、「MVの機能を使うと、こういうこともできますよ。」ということがわかる意欲的な作品となっています。
また、第二に紹介のサムネイルにも記載されているように、オープンワールド風の構成になっており、屋外はシームレスとなっています(建物に入るときは、イベント式になっていますので、凄い大雑把に言うと、『TESV ス○イリム』に似た仕様です)。このような仕様ですと、大抵処理が重くなるオチがついてくるものですが、本作については、あまり処理が重くなることもなく、明らかに重くなっているのがわかるのは屋外でセーブするときのみでした。
長くなりましたが、同じ題材の良作は他にも存在はします。が、MV環境のゲームをプレイしてみたいという方におすすめとなるのが本作だと思います。なお、主人公は「イトリちゃん」ですが、ト○リよりは性に奔放になったロ○ナ(かエ○カ)という感じのキャラです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!本編のファンならば、必見の内容です!

2016年08月12日  

このレビューは参考になった x 1人

2018年06月04日 午前10時 割引終了
Lilitales -append disc-
73号坑道
108円→ 75円 30%OFF / 7pt (10%還元)
Lilitales-リリテイルズ- のクリア後のHシーン等を追加したアペンドディスクです。
18禁同人ゲームロールプレイングアプリケーション音声あり音楽あり
  • 販売日: 2016年08月08日
  • DL : 26824
  • (14329)

レビュアーが選んだジャンル :

『Lilitales-リリテイルズ-』の方のレビューでも書かせていただきましたが、本作は値段相応ないしはそれ以上といっても過言ではない、良質な3DダンジョンRPGで、「基本買い、でよいだろう」言える、類まれな作品でした。
一応注意点としては、どシリアス・ど真面目なダークファンタジーであること、戦闘面がやや詰将棋ぎみであることの2点が挙げられますが、少なくとも、同ジャンルにおいては凄まじい出来のよさを誇っていますので、同人ゲームファンの方ならば是非プレイしてみては、と思います。

前置きが長くなりましたが、本作は『Lilitales-リリテイルズ-』のHシーン(およびシナリオ)追加パッチとなります。主に追加されるのはエンディングの後であり、シナリオが一通り終わると、ガチの方向けの隠しダンジョンがアンロックされるのみに等しかった(元々Hシーンは本編にまとめようとした作品ですので)本編の幅を広げたかたちとなります。

難易度的には、隠しダンジョンを含めて本編を楽しまれた方(元々救済用アイテム等ありますので、微妙なところですが、少なくとも筆者はあまりやり込まずに蓋をしてしまっていたので、超難易度に感じました)向けとなりますが、かなりの数のシーンが追加となっていますので、比較的簡単にみられるものから、結構な難易度のものまで多種多様となっております(ルナ・クレス・アイリの所謂PTメンバーのものが多いです)。

所謂、有料追加パッチとなるので、尻込みしてしまう方も多いのではないかと思うのですが、CGや文章だけでも相当な労力を要しますでしょうし、本作を制作するにあたって、声優さんたちを再度召集したことを考えると、かなり良心的というか、破格の値段設定になっていると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!本編、『相思相愛ロリータ』の補足的な内容となってます。

2016年08月09日  

このレビューは参考になった x 3人

相思相愛ロリータの生活
夜のひつじ
1,188円 / 110pt (10%還元)
まいにち中出しロリユートピア
18禁同人ゲームアドベンチャーアプリケーション音声あり音楽ありコミックマーケット90
  • 販売日: 2016年08月04日
  • DL : 1517
  •     
  • (758)

レビュアーが選んだジャンル :

本作品は『相思相愛ロリータ』のファンディスクにあたる作品であり、サークル様の説明にもあるように、本編をプレイされた方向けの作品となります。
ゲームの概要としては、オーソドックスなノベルス形式のADVとなっており、選択肢等は存在しないので、ゲームという体裁をとった現代小説(18禁)に近いです。
当サークル様の作品全般に言えることですが、プロのライター様が主となって制作しているので、文章が非常によいです。また、少しお疲れの現代人に刺さる内容が多いのが特徴です。
『相思相愛ロリータ』は、「正しいかうそかも、善いか悪いかも、明日が来て欲しいという気持ちとは関係がないよ」というヒロイン・まこちゃんのセリフを代表とし、明日が来て欲しいという気持ち、生きていたいという気持ちを保つために必要なことについて、真摯に向き合った作品であり、同人ゲームとしては類まれなシナリオ・文章面で優れた作品であること。また、ヒロイン・まこちゃんのロリ母性と表現されるキャラクター性に惹かれて、多くのユーザー様の人気を博しました。
前置きが長くなりましたが、『相思相愛ロリータ』はそれ自体で完結した作品でした。が、一部のユーザー様(私も含みます)の意見としてエンディング~エピローグについて、やや駆け足気味だったこと。また、人気を博したために、もっと主人公・おかくんとヒロイン・まこちゃんの物語を読みたいという意見が多かったこと、などの理由から作られた作品が本作となります。一通りプレイした感想を率直に述べますと、エンディング~エピローグについての補完および、「生活」に焦点をあてたエピソードの追加について、成功しているので、『相思相愛ロリータ』のファンの方ならば必見の内容になっていると思います。逆に言えば、基本は『相思相愛ロリータ』の補完的な内容ですので、これ単体でのプレイはおすすめできません。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

演出はかなり良好ですが…

2016年08月06日  

このレビューは参考になった x 0人

緑のアルラウーネ
ヒラメダコ
1,944円 / 180pt (10%還元)
花屋の一人娘のであるオリヴィアは 家計を助けるために日々一生懸命働いていたが・・・。
18禁同人ゲームアドベンチャーアプリケーション音声あり音楽あり体験版
  • 販売日: 2016年05月31日
  • DL : 177
  • (110)

レビュアーが選んだジャンル :

サークル様の紹介にもあるように、RPGツクールVXAceを使用したADVとなります。ゲーム性的には、一昔前のヒロイン育成(開発?)型ADVの発想をリスペクトしたかたちになりますので、UIや目的は大分異なりますが、DLsite様でもかなりの人気を博している『奴隷との生活 -Teaching Feeling-』 と同じ骨格(筆者は両作品ともに『萌日記』という作品を連想しました)の作品とみてよいかと思います。ただあちらが、ダークファンタジー+一昔前のADVという皮を被った、現代的なストレスの少ないイチャラブ作品であるのに対し、本作は、正真正銘のダークファンタジー+一昔前のADVとなります。なので、心が弱っているときにプレイすることは、おすすめできません。
本題のADV面ですが、良くも悪くも一昔前のADVのメリット/デメリットを引き継いでいるかな、と筆者は感じました。メリットとしては、紙芝居型のADVと異なり、プレイヤーが試行錯誤できるので、ゲームとして能動的に楽しめるという点です。なので、そのようなトライアルアンドエラーが好きな方にとってはおすすめの作品です。演出面もCVありで良好でした。
逆にデメリットとしては、ある程度ゲームのシステムを理解してしまうと、途端に作業感が増してしまう、という点です。流石に『萌日記』をプレイされた方はあまり多くはないと思うので、『キ○キス』『ア○ガミ』といった作品群を想起していただければと思うのですが、結構な頻度で同じ演出のシーンをみることになります。なので、それらの作業感が苦手な方は回れ右です。
また、本作が特徴的なのは、育成の方向が択一ではなく、究極的には全方向に広げることができる点(例えは微妙ですが、F○Xのスフィア盤みたいな感じです)だと思います。なので、何週もリプレイする必要はなく、1周のプレイでフルコンプできる点は良心的です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

主人公のキャラが濃いので、好みが分かれそうです。

2016年08月06日  

このレビューは参考になった x 4人

召しませ!ネコミミにゃんだふる─クーデレメイドのにゃんにゃん奮闘記Ver2.0
LOLOL
1,512円 / 140pt (10%還元)
ふわふわネコミミのメイドさんがエッチなイタズラをされちゃうRPG
18禁同人ゲームロールプレイングアプリケーション音楽あり体験版
  • 販売日: 2016年04月23日
  • DL : 4589
  •    
  • (2573)

レビュアーが選んだジャンル :

主人公、サクラは一見可愛いネコミミ+メイド+巨乳キャラですが、加えて、クールキャラ(※基本デレません)+銃使いのマッチョ(すぐに銃をぶっ放すので、『フ○メタルパニック!』の宗助の女性版かな? と思いました)で、スパイ的な技能に長け、暗器なども使用できるという、スーパーキャラとなっています。
この作品を楽しめるかどうかは、上記の属性の塊のようなサクラに魅力を感じるか、否かにかかっていると筆者は考えます。少し方向性は違うかもしれませんが、女性的な感性を残しつつ、強く・タフなキャラと言えば、古い作品ですが『ヴ○ルキリープロファイル』のレナスなどが挙げられると思います。筆者はああいう造形のキャラが大好きなので、本作品を大いに楽しめましたが、そのような造形のキャラクターが苦手な方は遠慮しておいた方がよいかと思います。
RPGとしては、簡単な部類で、主人公が最初から強いので、サクサクと進みます。一応、レベルアップ方式で組まれていますが、初期レベルからスキルが全種類揃っており、難易度自体もステップバイステップではなく、始終主人公側が圧倒的に強い構成となっているので、初心者でも安心して遊べる仕様になっています。
ADV面としては、基本的におつかい形式のクエストをこなしていくかたちとなります。なので、おつかいに耐性がない・いままでの経験で飽き飽きしてしまっている方などは回れ右です。クエスト自体は短めでストレスも少な目、また説明や指示が丁寧ですので、まず迷うようなことはないと思います。
逆にシビアと感じたのはイベント面です。基本、Hシーンに関わるイベントは再現性がないので、その気がなくともHシーンを回避したり、その逆もまた然りです。一例として、Hシーン前の主人公の選択肢で、にゃ!orにゃん!? というものがあったのですが流石に初見では無理ゲーでした。小まめに要セーブですね。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!良質な動画作品で、作品ごとの進歩に好印象を受けました。

2016年08月05日  

このレビューは参考になった x 1人

あままみ3
seismic
1,620円 / 150pt (10%還元)
夏だ!海だ!水着エッチだ! 常夏の海で二人きり、かわいいま○さんとムフフなバカンスをお過ごし下さい!
18禁同人ソフト動画アプリケーション音声あり音楽あり動画あり3DCG体験版
  • 販売日: 2013年06月09日
  • DL : 6166
  •   
  • (3008)

レビュアーが選んだジャンル :

同シリーズ3部作をプレイしての感想となります。
まずは3部作を通しての感想ですが、DLsite様でも様々な「よく動く」動画作品を紹介・宣伝されていますが、こちらの作品もそれらに負けず劣らずの内容で、総じてお値段に見合った、良質な作品になっていたと思います。また、主にUI・動画演出がシリーズを重ねるごとに進歩しており、好印象を受けました。
本作は、マ○さんこと、まみさんと主人公(あなた)が浜辺でイチャつくという内容に特化しており、お約束のシチュも盛り込んであるので、気兼ねなくヌける内容になっていたと思います。なので、キャラやシチュに問題がなければ基本買い、でよいと思いますが、何せリスペクト先が先ですので、深いファンほど、こういったオマージュが苦手、という場合もあると思いますので、最終的にはユーザー様個々人の価値観によりけり、と考えます。
動画の話に戻すと、1~2は動画内容を脱衣の程度×プレイ内容×プラスαで決定する方式でしたが、本作は着てほしい水着×プレイ内容×デレ度(主にプレイ中の淫語の程度に関係します)で決定する方式で、基本は変わりませんが、少し趣が異なります。
元々18禁要素と親和性の高い絵柄をリスペクトしている(にわかの筆者には『サナララ』程度しか浮かびませんが)のに加えて、本作の絵柄の再現度の高さや、3で特に顕著に進歩していると感じる、3Dモデルの動きやカメラワーク、背景なども合わさって、エロい演出が為されていると感じました。また、細部に渡って丁寧な作りとなっており、例えば、選んだ水着で日焼けあとが変わる演出など好印象を受けました。
作品自体の価値とはあまり関係がありませんが、サークル様が発信されている通り、セーブデータの保存が少々特殊で、セキュリティソフトとの相性が悪い場合があります。なので、私的には全開放ボタンがある本作がおすすめです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!驚異のク○ゲー(褒め言葉)でした!

2016年08月02日  

このレビューは参考になった x 6人

田舎生活サバイバルRPG~そのひぐらし~
crotch
1,404円 / 130pt (10%還元)
田舎生活をしながら、飲んで食べて出してその日を暮らすサバイバルRPGです!
18禁同人ゲームロールプレイングアプリケーション音楽あり体験版
  • 販売日: 2016年05月07日
  • DL : 5514
  •   
  • (2775)

レビュアーが選んだジャンル :

他のレビュアー様のレビューと重複しますが、まず本作の注意点を2つほど。
1 本サークル様の過去作やネットでの評判などでご存じの方も多いのではないかと思いますが、作者様の一番のこだわりはスカトロ描写です。しかも主に大の方についてであり、プレイしているだけで、熱い想いが伝わってきます。少なくとも筆者はこれほどまでに多くの失禁(大)や排便の効果音を盛り込んだゲームを知りません。なので、モザイクはかかりますが、スカがどうしても駄目な方は回れ右です。
2 本作には今のところ(2016年7月25日現在)、所謂回想モードがありません。なので、こだわりのシーンの数々を気軽に閲覧ができないので、注意が必要です。

本作は紹介文にあるように、サバイバルRPGですが、かなりADVとしての比重が重い構成となっています。基本的には筆者が子どもの頃に発売された『サ○イバルキッズ』シリーズを想像していただければと思うのですが、本作はそれに加えて、便意ゲージ・尿意ゲージなるものがあるので、むしろ初代『デ○モンワールド』かな? という感想です。因みに、サバゲー面は結構ガチで、状況や条件しだいではあっさり死亡(勿論ゲームオーバー)します。
ADV面の作り込みは並みではなく(知人のクリエイター曰く、ツールの限界に挑戦しているかのような作り込み、とのことです)、プレイヤーの自由度も高い構成ですので、飽きさせない内容となっています。
文章も丁寧かつ俊逸で、特に脱糞シーンは絵柄や文章、効果音などを含めた演出が素晴らしい出来になっているので必見です。また、シナリオも全体を通すと、基本、主人公がポジティブでノリも良く、糞まみれの本編に反して、爽やかな後読感です。何より、「食べて、飲んで、出して」をここまで讃歌している作品はそうそうないので、当たり前のことの素晴らしさを再認識させてくれる、稀有な作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:5月20日