({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 飛田流フォローする
販売日 2018年04月06日
シリーズ名勇一・大吾シリーズ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
HTML
/ EPUB同梱
その他
ジャンル
ファイル容量
930.97KB

作品内容

『大吾、走る。』『一枚上手』『囚われの姫君』『他言無用!(前篇)』に続く、勇一・大吾シリーズ第四弾(その二)。


いまだ勇一と連絡を取り合えない大吾は、勢いづいて勇一のアパートの前まで行き、電柱の陰で彼の帰宅を待っていた。
ところが警官に職務質問され、しかもその姿を、帰ってきた勇一に見られた大吾は、
「知らん! そんな人知らん!!」
駅に向かって全速力で掛け出した。

翌朝、二日酔いと自己嫌悪で布団を頭からかぶっていた大吾のケータイに勇一からのメールが届く。

 ――『よろしければ、安岡さんのご都合の良い日にお会いしたいのですが、いかがでしょうか』

「……っしゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっ!!!」

だが、いよいよ、勇一と会う約束の日になって――


400字詰原稿用紙換算約185枚。作品の一部を収録した無料体験版あり。
シリーズ物ですので、ご購入の前に、できればこれまでのシリーズ作品もご購入いただくか、あるいは各話体験版・作者サイトの解説ページ(http://hidaryu.h.fc2.com/yu-dai-kaisetsu.html )をご覧ください。

HTML・PDF・EPUBの三種類のファイルが収録されています。(内容はすべて同じです)

※タイトル通り、中篇のみ(未完結)ですのでご注意ください。

●飛田流ホームページ 「WANDER STYLE」
http://hidaryu.h.fc2.com/

他言無用!(中篇)の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「他言無用!(中篇)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件