({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
メーカー名 Keyフォローする
販売日 2018年07月25日
シナリオ 新島夕 / / ハサマ
イラスト Na-Ga / 和泉つばす / 永山ゆうのん / ふむゆん(サブ原画) / えんぎよし(SDイラスト)
声優 小原好美 / 高森奈津美 / 嶺内ともみ / 岩井映美里 / 熊谷健太郎 / 浜田洋平 / 一宮朔 / 小山さほみ / 田中あいみ / 高本めぐみ / 白石稔 / 鈴木このみ
音楽 折戸伸治 / 麻枝准 / どんまる / 竹下智博 / 水月陵
その他 麻枝准(原案)
年齢指定
全年齢
作品形式
アドベンチャー / 恋愛アドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「PlayDRM型」の作品です。 ご購入前に必ず [ PlayDRMについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。
Summer Pockets 特集ページ

作品内容

亡くなった祖母の遺品整理のために夏休みを利用して、
鳥白島にやってきた主人公の鷹原羽依里(たかはら はいり)。
祖母の思い出の品の片付けを手伝いながら、
初めて触れる「島の生活」に戸惑いつつも、順応していく。

海を見つめる少女と出会った。
不思議な蝶を探す少女と出会った。
思い出と海賊船を探す少女と出会った。
静かな灯台で暮らす少女と出会った。

島で新しい仲間が出来た――

この夏休みが終わらなければいいのにと、そう思った。

登場キャラクター

Summer Pockets DL版 [Key]

【夏休みを忘れた少女】
●鳴瀬 しろは (CV:小原好美)
クールで、人見知りをする島の少女。
親しいのは肉親である祖父ぐらいで、島では孤立している。
一人でいる期間が長かったせいで人との付き合い方がわからず、時に人の心を考えないことも言ってしまうこともある。
島の外れなどで海を眺めている事が多い。

「私にあまりかまわないほうがいいよ」

Summer Pockets DL版 [Key]

【島の伝承を追う少女】
●空門 蒼 (CV:高森奈津美)
男女分け隔てなく友達感覚で接してくる島の少女。
島の駄菓子屋でバイトをしていて、老若男女問わず慕われている。
野生のキツネ(?)を連れている。
よく島のいろいろな場所で眠っている姿を見るが、島民には日常茶飯事らしい。

「とにかく、あたしが寝てても放っておいて」

Summer Pockets DL版 [Key]

【海賊船を探すお嬢様】
●久島 鴎 (CV:嶺内ともみ)
島で出会った不思議な少女。
いつでも大きなスーツケースを引いている。
中に何が入っているのかは絶対教えてくれない。
この島には主人公と同じくこの夏だけ滞在する。
何か探しものがある様で、手には古ぼけた地図を持って島をさまよっている。
その地図については「宝の地図なんだよ」と彼女は言う。

「行くよ。もう一度、海賊船のある場所まで」

Summer Pockets DL版 [Key]

【自分探しの少女】
●紬 ヴェンダース (CV:岩井映美里)
島の灯台の近くに現れる少女。
真面目で素直なドイツ系ハーフで、夏休みを利用して『やりたいこと探し』をしている。
海に流れ着いたゴミなどを掃除しては、まだ使える物を見つけ大事にする。
困ったことや、言葉に困ると「むぎゅ」と呻く。
異国の古い歌をよく口ずさんでいる。

「探し物です。やりたいことを探しています」

Summer Pockets DL版 [Key]

●三谷 良一 (CV:熊谷健太郎)
島に住んでいる少年。
いつでも、どこでも服を脱ぎたがる傾向がある。
山の中にある資材置きだった倉庫を改造して、秘密基地にしている。
同世代の仲間の溜まり場となっている。

Summer Pockets DL版 [Key]

●加納 天善 (CV:浜田洋平)
島に住んでいる少年、その2。
真面目でクールな外見だけれど、卓球に全てを捧げすぎていて、いろいろと言動行動がおかしい。
良一と一緒に作った山の中の秘密基地に卓球台を持ち込み、日々トレーニングに励んでいる。

Summer Pockets DL版 [Key]

●野村 美希 (CV:一宮朔)
島に住んでいる少女。
鳥白島少年団の治安維持執行部に所属していて、島の風紀を日々守る。
島内になる放送塔の放送も担当していて、塔の上からも治安を監視している。
自分用に改造した水鉄砲「ハイドログラディエーター改」で風紀を乱した者を容赦なく撃つ。

Summer Pockets DL版 [Key]

●水織 静久 (CV:小山さほみ)
本土にある、島に住むヒロインたちが通う学校の生徒会長。
夏休みは、紬に会いに島にやってきている。
おっぱいに対して並々ならない愛情と敬意を持っている。
女の子が好きなわけではなく、純粋におっぱいが好きなだけ。

Summer Pockets DL版 [Key]

●加藤 うみ (CV:田中あいみ)
親戚の子で、又従兄弟にあたる少女。
ずっと都会に住んでいて田舎暮らしにあこがれていたので、この夏、単身で島にやってきた。
夏の間、主人公の食事の世話などをしてくれる子でもある。
得意料理はチャーハンで、チャーハンに並々ならぬ情熱を持っている。

Summer Pockets DL版 [Key]

●岬 鏡子 (CV:高本めぐみ)
主人公、鷹原羽依里の実母の妹で、叔母にあたる女性。
鳥白島に1人すんでいた加藤のばあさんとは、古物蒐集でつながっていた。
加藤家の蔵に眠っている大量の古物を、時に鼻息を荒くしながら整理している。
考古学をたしなんでいたこともあり、古い文字などを訳すことが出来る。

Summer Pockets DL版 [Key]

●鳴瀬 小鳩 (CV:白石稔)
しろはの祖父。
鳴瀬翁と呼ばれることも。
体中に歴戦の傷が刻まれている。
一番痛かったのは、婆さんの攻撃。
鳥白島に伝わる「水中格闘技」の熟練者でもある。

Summer Pockets DL版 [Key]

●イナリ (CV:鈴木このみ)
鳥白島にいる野生の狐(?)
空門蒼とよく一緒にいるところが見られる。
動物(?)だけれど、人の言葉を理解しているふしもある。
空気を読める、出来る子。
「ポン」と鳴く。

作品情報/動作環境

ファイル容量
総計 7.39GB
CPU
Core 2 Duo以上 / Core i5以上
メモリ
2GB以上 / 4GB以上
VIDEO
VRAM 512MB以上 / 1GB以上(DirectX 9.0に完全対応しているピクセルシェーダ2.0以上に対応したビデオカード)
必要解像度
1920*1080 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号1800718D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「Summer Pockets DL版」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

感動(2)
これこそが20年の歴史を込めたKEYの新しい名作です!

2018年09月19日  

このレビューは参考になった×0人

サマーポケッツは過去のKEY作品へのオマージュ作品です。そしてそれは伝えがたいほど高い完成度で作られてます。KEYの作品へ、主にクラナドへの愛とファンへのメッセジーが溢れるほど籠ってます。各ヒロインのルートを読んだ時にはいくつのちょっと変な所がありましたけど、トゥルールートを読むとその変な部分の意味を分かった瞬間でこの物語の深さが見えた。過去の作品から色んなアイデアを丁寧に編み合わせて、その作品の出来を超えていると思います。サマーポケッツは智代アフターのように最高に細かい作品です。

KEYとビジュアルアーツの皆様へ、最高の夏休みをありがとうございました!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!人生で初 ゲーム購入

2018年08月20日  

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

俺は、死にたかった。
夢、金、仕事、友達、恋人、全てを失って、
何のために生きているか、分からなくなっていた。

貧乏な実家に帰るのも、お金がかかるし
どこにも拠り所がなかった俺は、
ずっとKeyのアニメ作品を見ながら泣いて
暗い部屋で一人きりギターと過ごす毎日を送っていた。

俺自身、ミュージシャン志望だったこともあって
Keyの雰囲気は非常に俺に合っていたのだ。
俺がはじめてKeyの作品に出会ったのは高校2年生の夏で
アニメ版のAirだった。
それを見てからと言うもの、
Keyのアニメは欠かさず眼を通すぐらいには好きであった。

ある日
Keyの新作のゲームが出ているとの情報がホームページに乗っていたのを眼にし、
人生で初めて、
自分のお金でゲームを購入することにした。
それが今回のSummer Pockets。
迷わず、コンビニで決済を行ってプレイ。

音楽機材を買い漁っている俺からしてみれば
高くもなければ、安くもない値段。
エフェクター1個分の値段と言ったところか。

これで孤独が埋まるなら安いものだと思い
期待しながら昨日からプレイ中である…。
まだやっている途中ではあるが、
自分失っていた心の全ての隙間を埋めてくれる優しい作品だった。
心境的に言えばエンジェルビーツの岩沢まさみが初めてロックを聞いた瞬間に似ていた。

衝撃だった。
こんな表現方法があるのか…。
まさに、アートの域に達している。
今まで音楽だけしかやってこなかった俺にとっては
あまりにも衝撃的な手法で、世の中に自分の意思を伝えている。

何もかも失ってしまい疲れきった人に、是非オススメしたい。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!keyの夏が戻ってきた

2018年08月17日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

一言でいうと、「今までのKey」らしい泣きゲーでした。
夏を舞台にしたkey作品というと、Airなどを思い起こしますが、このsummer pockets はAirに対するオマージュ・リスペクトを感じるような作品です。

共通ルートの、島での少女(と男友達)とのコミカルな日々は笑えます、個別ルートに入ってからもヒロインと1つずつ思い出が出来上がっていく様子はノスタルジックで、
これぞKeyだと思いました。
最後のグランドエンディングが流れた時、長い間忘れていた心の震えを感じることができるでしょう。

鍵っ子なら絶対オススメですし、そうでなくてもそkey作品を知るための入門としてもふさわしいと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]