({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • STEINS;GATE Nitro The Best! Vol.5 [ニトロプラス]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
STEINS;GATE Nitro The Best! Vol.5 [ニトロプラス]
販売日 2011年09月16日
シナリオ 林直孝[5pb.]
イラスト huke(キャラデザ)
声優 宮野真守 / 今井麻美 / 花澤香菜 / 田村ゆかり / 小林ゆう / 桃井はるこ / 後藤沙緒里 / 関智一 / 白石稔
音楽 阿保剛[5pb.] / 磯江俊道[ZIZZ]
年齢指定
全年齢
作品形式
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。
STEINS;GATE 特集ページ

作品内容

 神をも冒涜する12番目の理論
  ──それは、俺たちが手にした偶然の産物。

あの名作『STEINS;GATE』が遂にベストプライスで登場!!

▼5pb.×ニトロプラスのコラボレーション作品第2弾!
想定科学ADV『STEINS;GATE』は、2008年、5pb.とニトロプラスのコラボレーションによって生まれ、
PC版、TVアニメ化、Xbox 360移植と展開されてきた『CHAOS;HEAD』をスタートとする科学ADVシリーズの第2弾。

今回はWindows版『STEINS;GATE』発売の際に予約者全員特典としてついてきた
「まゆりのトゥットゥルー光線が発動!? 能力の効果によってコスプレせざるをえない! パッチ」が適用済みとなっております!

ストーリー

岡部倫太郎――通称オカリン――は、いまだ厨二病から抜け出せない大学生。
自称『狂気のマッドサイエンティスト・鳳凰院凶真』を名乗り、『未来ガジェット研究所』という、
メンバーわずか3人だけのサークルでヘンテコな発明をする日々を送っていた。

そんな彼らがある時偶然から過去へと電子メールを送れる発明品、
即ち『タイムマシン』を生み出してしまう――

SERN、ジョン・タイター、幻のレトロPC『IBN5100』、タイムマシン、
バタフライ効果、タイムトラベルにおける11の理論――

いくつもの要因が偶然に重なり合ったとき、秋葉原から巻き起こる世界規模の大事件!
“未来への選択”を委ねられたオカリン達が下す決断とは?

登場キャラクター

STEINS;GATE Nitro The Best! Vol.5 [ニトロプラス]

●岡部 倫太郎 (CV:宮野真守)
本編の主人公。東京電機大学1年生。
自らを狂気のマッドサイエンティストと名乗り、その設定を自演するため悪役っぽく立ち振る舞っている厨二病患者。
大学入学直後、秋葉原に「未来ガジェット研究所」というサークルを立ち上げて用途不明のガジェットを発明している。
携帯電話を耳に当てて、意味不明のひとり言をノリノリでつぶやく。
思い込みは激しく空気は読めず友達は少ない。

「くっ、ヤツらが来る……!」

STEINS;GATE Nitro The Best! Vol.5 [ニトロプラス]

●牧瀬 紅莉栖 (CV:今井麻美)
ヴィクトル・コンドリア大学脳科学研究所の研究員。(アメリカの飛び級制度のため。年齢としては高校3年生に相当)
18歳にして飛び級で大学を卒業した才女。
さらにアメリカの著名な学術雑誌に論文が載り、一部で話題になっている。
ツンデレ。アメリカで女の子ながら飛び級で進級していったこともあり、周囲の妬みなどによく晒された影響で、気が強い性格になった。
誰に対しても隙を見せまいとしており、いつもムスッとしている。
だが本質は好奇心旺盛で、興味を持ったものにはやたらと首を突っ込んでくる。理系人間。
たまに常識外れな意見を言ったりする。「被験者のプライバシーより実験データを重視するべき」等。
オカリンからは「貴様、なかなかのマッドサイエンティストぶりだな」とよく言われるが、本人的にはそう言われることに納得していない。

「開頭して海馬に電極ぶっ刺してやりたい

STEINS;GATE Nitro The Best! Vol.5 [ニトロプラス]

●椎名 まゆり (CV:花澤香菜)
私立花浅葱大学付属学園2年生。
オカリンの幼なじみで、マイペースの天然キャラ。
ふんわりとした口調で、いつもニコニコして楽しそう。
考え方はとことん前向きの楽天家。
難しい理論などはよく分からないけど、楽しければそれでいいや、という感じ。
争い事は苦手で、気まずい空気のときにはしょんぼりしてしまう。
自分から場を和ませられるといいなとは考えているが、基本的に空気はあまり読めない。
おばあちゃん子で、幼い頃はよくおばあちゃんにおんぶされて一緒に夜空を見ていた。
その影響から、ふと空を見上げて手を伸ばす癖があり、オカリンから勝手に『星屑との握手(スターダストシェイクハンド)』と命名されている。
本当に唐突なタイミングで(例えば会話の途中でも)その癖を実行するため、周囲にはよく驚かれる。

「まゆしぃはオカリンの人質だから、ここにいようと思いまーす」

STEINS;GATE Nitro The Best! Vol.5 [ニトロプラス]

●阿万音 鈴羽 (CV:田村ゆかり)
元気で、ちょっとがさつな、自転車大好き娘。
付き合ってみると、意外と気がつくタイプ。面倒見もいい。
馴れ馴れしいようで、深いところまでは踏み込まない。
他人の力を借りることを、あまり快く思っていない。
そのため、ギリギリまで他人に危機を明かさない。
自分の興味があることになると、性格が豹変。積極的に行動する。
たまに妙に難しい単語を使う癖があるが、なぜか意識的にそうしているように見える。
ブラウン管工房でバイトを始めたことで未来ガジェット研究所とも付き合うようになる。

「あたしは、ガキじゃない! 一人前の戦士だよ!」

STEINS;GATE Nitro The Best! Vol.5 [ニトロプラス]

●漆原 るか (CV:小林ゆう)
私立花浅葱大学付属学園2年生。まゆりのクラスメイト。
礼儀正しく清楚な正当派美少女的な性格。でも男。
オカリンに対してきちんと敬語を使う。
あまり自分から意見を主張することはなく、いざ主張するときももじもじと赤面しながら。
根が真面目すぎるが故に、他人の言うことを簡単に真に受けてしまう。
おかげで、オカリンが語る厨二病設定をすべて事実だと勘違いしている。
オカリンからは勝手に弟子に任命され、現在進行形で洗脳されている最中。
かなりの恥ずかしがり屋で、まゆりからいつも「コスプレして」と頼まれるが断っている。

「よ、よろしくお願いします、漆原るかです」

STEINS;GATE Nitro The Best! Vol.5 [ニトロプラス]

●フェイリス・ニャンニャン (CV:桃井はるこ)
私立金糸雀学園2年生。
フェイリスというのはバイトしているメイド喫茶『メイクイーン+ニャン2』での名前。
まゆりとはバイト仲間である。
すごくブリッコ。男を虜にする小悪魔系。
言葉遣いも恥ずかしいほどにやたらとニャンニャン語が入る。
目を見るだけでなんとなく相手の心を読むことのできる特殊な能力(自称『チェシャ猫の微笑(チェシャー・ブレイク)』)を持つ。
父親への尊敬を欠かさず、普段は隠しているものの、ややファザコンのケがある。

「フェイリスに勝とうなんて百年早いニャン!」

STEINS;GATE Nitro The Best! Vol.5 [ニトロプラス]

●橋田 至 (CV:関智一)
東京電機大学1年生。
2次元から3次元まで節操なく萌える、アクティブなオタク。
よく喋る。@ちゃんねる用語を連発する。セクハラ発言も多め。
オカリンとは高校時代からの仲。
オカリンからの無茶な注文には、基本的に「めんどくさい」という理由で手伝おうとしないか、本気を出さず適当に済まそうとする。
ただしオカリンのことは友人として信頼している。
プログラムやらハッキング技術やらには強い自信を持っている。(スーパーハッカーと呼ばれるのは嬉しいが、スーパーハカーと呼ばれるのは気に入らない)
基本的にいつもPCの前にいる。

「スーパーハカーって呼ぶなよぅ。スーパーハッカーだろ常考」

STEINS;GATE Nitro The Best! Vol.5 [ニトロプラス]

●桐生 萌郁 (CV:後藤沙緒里)
編集プロダクション「アーク・リライト」のバイト。
極度の携帯依存症で、話相手が目の前に居るときでもメールを送ってくることも。
IBN5100という幻のレトロPCを探しているらしい。

「桐生萌郁。……よろしく」

作品情報/動作環境

ファイル容量
総計 2.54GB
CPU
Pentium4以上 / Pentium4 3GHz,Core2Duo以上
メモリ
1GB以上 / 1.5GB以上
HDD
3.5GB以上
必要解像度
1024×768 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0以上

関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

シリアス(4) 燃え(4) ツンデレ(4) SF(3) 感動(3) 日常/生活(2) 萌え(2) ギャグ(2)

レビュー数 : 4件

ピックアップ

近年の名作ギャルゲー

2011年12月24日   人気レビュアー:3位 購入済み

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

言わずと知れたSFものの名作ギャルゲー
アニメ化されたことも記憶に新しいですが、原作ならではの個別ルートや細かい描写、端折られた設定もあるのでアニメから入った人へもおすすめです。

中二病のひどい主人公には序盤は嫌悪感を抱くこともあるでしょうが、
終盤には逆にそれがカッコよく見えてしまうような演出はさすがです。

PC版は当初バグが多いという問題もありましたが、
この廉価版は修正パッチ適用済のようで、バグは少なくなっているようです。

この値段も考えると是非一度はプレイしてみるべき作品ですね。

4人 が役に立ったと答えています 報告する ]

是非ともプレイをお勧めする一作

2013年12月08日   人気レビュアー:48位 購入済み

レビュアーオススメ!

複数のハードに移植されアニメ化から映画化(後日談だとか)に書籍化どころか
まさかの舞台化(!?)までされたゲーム。
ジャンルとしてはいわゆるタイムマシン物になりますが
下ごしらえとも言うべきシリアス分少な目の序盤とは打って変わり
中盤から終盤に掛けては一気に物語が動き出し
所々に笑えるポイントを残しつつも話のテンポやシリアスさは決して損なわない
グッと引き込まれるストーリーになっています。

ただ、他の方が言うように独特の雰囲気があるというか
舞台そのものは現代ではあるのですが
大学生の主人公が頻繁に厨二病キャラを演じているわ
他の主要キャラクターも何かしら個性の強いキャラばかりなので若干人を選ぶかもしれません。
また主人公の行動も電話かメール返信の操作しか出来ない点も
ちょっともどかしく感じてしまうかもしれません。
しかし、主人公の廚二病を含めてそれらの多くは物語として必要的な要素であり
むしろ終盤は廚二病全開だからこそより格好良く見えるシチュになりますし
主人公の行動に具体的な指示が出せない理由もゲームを進めれば何となく分かるので
余程水に合わないという事でなければ問題ないかなと。
ちなみに私自身はまだアニメ版を見ていませんが
エンディングは複数あるのでアニメを視聴した方でも十分にお勧め出来ると思います。
また時間の関係で「無かった事にされただろう」ちょっとしたやり取り等
十分に楽しめるポイントも多いと思いますので。
まぁ、流石に初見でアニメと同じラストに持ってくのは無理そうですが。
勿論、全く知らないと言う方にもお勧めできる作品ですので
興味があったら是非とも購入をお勧めします。
廉価版と言う事もありお値段も安くなっていますし
何よりも良質な作品であると思いますので。

2人 が役に立ったと答えています 報告する ]

価格以上の価値がある素晴らしい作品

2012年09月09日   購入済み

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

言わずと知れたニトロプラスの名作ゲームです。
作品自体はアニメ化したときに知ってはいましたが、内容は知らずプレイしたのが最近でした。

序盤は若干、独特な世界観に入りずらさがありましたがプレイしていく内に逆にその世界観にのめり込みました。
特に物語終盤ではプレイを中断するのを躊躇うぐらい素晴らしかったです。

まだ、この作品の名前は知ってるがプレイした事がない方はぜひ購入してみて下さい。
価格以上の価値がある素晴らしい作品です。

報告する ]

ぜひプレイすべき!

2012年02月17日   購入済み

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

良質な物語に飢えているならぜひダウンロードしてください。大満足のストーリーを味わう事ができます。
タイムトラベルに関する問題や思考実験を表現しているのでただ単に何の理由もなくタイムトラベルするわけではなく、ちゃんとした理屈があるだけでなく現実にある組織やネットの噂を取り入れているのですごくリアリティを感じます。
そして何より主人公が「痛カッコいい」。やたらとイタい言動をとる主人公が、最後は胸を熱くさせ、厨二病はカッコいいと考えを改めさせられます。
まだ未プレイの方はぜひプレイして下さい。

報告する ]

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン