隣の部屋で俺の彼女は父親に抱かれる ~薄壁一枚向こうで、絶頂イキ声をあげていく恋人~

  • 隣の部屋で俺の彼女は父親に抱かれる ~薄壁一枚向こうで、絶頂イキ声をあげていく恋人~ [アトリエさくら]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
隣の部屋で俺の彼女は父親に抱かれる ~薄壁一枚向こうで、絶頂イキ声をあげていく恋人~ [アトリエさくら]
販売日 2021年11月26日
シナリオ づか
イラスト まる。
声優 神戸日向
年齢指定
作品形式
ジャンル
  • この作品は「PlayDRM型」の作品です。 ご購入前に必ず [ PlayDRMについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■ストーリー
同じ大学に通い、同棲状態だった葵と有彩。
交際は順調で、大学を卒業したら結婚しようかという話も出始めていた。

そんなとある日、同棲していたアパートが火事で燃えてしまう。
住む場所をどうしようかと悩んでいる二人に手を差し伸べたのは葵の父、公平だった。

一時的に、二人まとめて公平が住む実家で暮らしてはどうかと提案する公平。
父親に対して少しの不信感もあり、迷う葵だったが、結局提案を受け、有彩と共に実家暮らしを始める。

元々の性格が合ったのか、適切な距離感を維持したまま、実の親子のように仲が良くなる有彩と公平。
葵はそのことに安心し、ほっと息を吐く。

……しかし、その裏では――

■登場キャラクター
●日比野 有彩 (CV:神戸日向)
大学3年生。
明るくて、大らか、ノリが良くて、
誰にでも分け隔てなく接するため、友人関係が広い。
外見は誰に聞いても美人と答えるほど整っているが、本人にその自覚はない。
その気安さも、友人関係が広い一因となっている。
ただ、大らかを通り越して雑な部分も多く、真面目で几帳面な葵をはらはらさせることが結構ある。
ぱっと見では結構遊んでそうに思われがちだが、根っこの部分ではわりと真面目で主人公一筋。
コンプレックスというほどではないが、胸があまり大きくないことを気にしている。

●君島 公平
葵の実父。
大学生の子供を持つほどの年齢だが、そう見えない程に若々しい。
大手会社に勤める会社員で役職持ち。
非常に仕事ができ、気遣いが上手く、部下からは尊敬され、社長からは右腕扱いされるほどに頼りにされている。
いつでも慌てることなく、余裕を持った言動をするデキる大人の男性。
唯一の欠点が女癖の悪さで、言い寄られても拒まないし、口説くように褒めるのが男の嗜みだと思っている。
妻(葵の母)とは数年前に死別し、現在は実家で一人で暮らしている。

●君島 葵
大学3年生。有彩と同い年。
常にまっすぐであろうとする、真面目で几帳面な青年。
ただ、堅物という訳ではないので、真面目であることを誰かに強要したりはしない。
バカなことを一緒にやるノリの良さは持ち合わせている。
有彩とは同棲状態でべた惚れ。
大学を卒業して、就職が出来たら正式にプロポーズをしようと思っている。
父親である公平に対しては複雑な感情を抱いている。
自身をここまで育ててくれた恩を感じ、同じ男としても仕事が出来る父を尊敬をしているが、
同時に、女性関係で母親を何度か泣かせてきたので、怒りと軽蔑も覚えている。
結果、あまり関わりたくなくて、距離を置いている。
一応、会えばそれなりに話はするし、表面上は仲がいい。

作品情報/動作環境

ファイル容量
1.15GB
CPU
Core 2 Duo以上
メモリ
2GB以上
必要解像度
1280*720 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号2103276D)

ブランド作品一覧

作品をもっと見る

販売作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

最近チェックした作品

開催中の企画・キャンペーン