({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • サマナープリンセス アルテミナ3 ~二人の有紗~ [Trois]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
サマナープリンセス アルテミナ3 ~二人の有紗~ [Trois]
ブランド名 Troisフォローする
販売日 2019年03月29日
シナリオ assault
イラスト 偽おかゆ
声優 芹園みや / 野宮香央里 / ヒマリ / 中家志穂
年齢指定
作品形式
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。
サマナープリンセス アルテミナ3 ~二人の有紗~ 特集ページ

作品内容

■ストーリー
再び乱される平和!
今度の敵は……黒いアルテミナ!?

召喚獣が現れ、凌辱と蹂躙を繰り返したグリード襲撃事件。
アルテミナは何度も傷つきながらもグリードを撃退する。

人々が歓喜に沸く中、彼女に熱い視線を送る男がいた。

「もっとアルテミナのエッチな姿が見たいなぁ」

そう呟く彼の耳に、悪魔の囁きが聞こえてきた。

「その願い、僕が叶えてやってもいいよ?」

それから1ヶ月――

人々は記憶を封印され、平和を謳歌していた。
有紗達も戦いの記憶と傷跡を忘れ始めようとしていた矢先、再び召喚獣が姿を現す。

暗躍する召喚獣に、翻弄されるアルテミナ。
裏で糸を引いている敵も分からないまま戦い続ける彼女の前に、さらなる強敵が現れる。


それは、黒い衣装のアルテミナだった……。

登場キャラクター

サマナープリンセス アルテミナ3 ~二人の有紗~ [Trois]

●サマナープリンセス アルテミナ / 七倉 有紗 (CV:芹園みや)
本編の主人公。
1ヶ月前、マグナスと出会いサマナープリンセスとして欲望に忠実な集団グリードとの死闘を繰り広げる。
仲間達との協力もあってグリードを壊滅させ、平和な日常を取り戻した。

「マグナスもユーリもいないけど、私は負けない。だって、サマナープリンセスなんだもの!」

サマナープリンセス アルテミナ3 ~二人の有紗~ [Trois]

●ブラックアルテミナ / 七倉 有紗(黒) (CV:芹園みや)
ディモンによって別世界からきたもう一人のアルテミナ。
黒い衣装に身を包み、アルテミナとマグナスに憎悪を向ける。
性格はアルテミナに似ているものの口調が少しキツめ。

「そう……私はアルテミナ。でも、今までのアルテミナとは違うわ。言うなれば……ブラックアルテミナ、ってところね」

サマナープリンセス アルテミナ3 ~二人の有紗~ [Trois]

●バトルライダー
黒いバイクと黒いライダースーツに乗る正義の使者。
今回も遅れて戦いに参戦する。
その正体はアルテミナ達にはまだ知られていない。

「俺は正義の味方ではない……正義の使者だ!」

サマナープリンセス アルテミナ3 ~二人の有紗~ [Trois]

●マグナス
マグナシアの王子で、有紗をアルテミナにした張本人。
主に背中にアルテミナを乗せて戦う。
小さいぬいぐるみのような形態になることも出来る。

「鈍感で、馬面……。いや、確かに今は馬だが、鈍感なわけでは……」

サマナープリンセス アルテミナ3 ~二人の有紗~ [Trois]

●七倉 透麿
有紗の兄。
口数が少なく、挙動不審なきらいもあることから、有紗からは疎まれている。
最近、夜遊びらしき外出がが減っていたが、再び出かけるようになった。

「な、なぁ……有紗。何か心配ごとがあるのなら……いや、なんでもない」

サマナープリンセス アルテミナ3 ~二人の有紗~ [Trois]

●加納 まりあ (CV:野宮香央里)
お高くとまったお嬢様的な物言いをする有紗の友人。
実際は一般家庭でお金持ちではない。
裕翔に好意を抱いている。

サマナープリンセス アルテミナ3 ~二人の有紗~ [Trois]

●保坂 美鈴 (CV:ヒマリ)
大人しい見た目と控えめな物言い、時々毒が漏れる有紗の友人。
優香と仲がいい。

サマナープリンセス アルテミナ3 ~二人の有紗~ [Trois]

●杉原 優花 (CV:中家志穂)
気さくで明るさが取り柄の、有紗の友人。
美鈴と仲がよく様々な意味で凸凹コンビ。

サマナープリンセス アルテミナ3 ~二人の有紗~ [Trois]

●桐ケ谷 裕翔
有紗と同じクラスで成績を競うライバル。
今では有紗を支えるよき相談相手となっている。

サマナープリンセス アルテミナ3 ~二人の有紗~ [Trois]

●ディモン
悪の組織グリードの幹部。
再び召喚獣を街に放ち、暗躍を画策している。

サマナープリンセス アルテミナ3 ~二人の有紗~ [Trois]

●キモオタ
本名生田重樹。
アルテミナのファンで、邪な欲望を胸に抱いている。
ディモンと共に暗躍を目論んでいる。

 

作品情報/動作環境

ファイル容量
908.63MB
CPU
PentiumIII 1GHz以上 / Pentium4 1.8GHz以上
メモリ
2GB以上
VIDEO
VRAM 512MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号1900286D)

関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

変身ヒロイン(5) 異種姦(4) ロリ(3) シリーズもの(2) 触手(2) ツルペタ(2) 輪姦(2)

レビュー数 : 5件

ピックアップ

魔法少女三度

2019年04月02日   人気レビュアー:Best100 購入済み

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

魔法少女×異種ものシリーズ最新作。
最近はめっきり数を減らしてしまった、ロリヒロインの凌辱ものです。
戦う変身ヒロインが系の作品を多く出しているメーカーさんなので流石の安定した出来。
ロリ魔法少女がハードにやられる姿を堪能できます。

8人 が役に立ったと答えています 報告する ]

ピックアップ

絶対心を明け渡さない魔法少女たち。

2019年04月05日   人気レビュアー:19位 購入済み

レビュアーオススメ!

エロは異種または触手メインである。これに各々のラストでのぶっかけ要素が付き添っており、どのシーンも「完膚なきまでに犯される」を体現している。

他にもキャラ性という点で特徴的なこととしては、「屈服はしない」であろう。今作でのメインのヒロインであるアルテミナ(本物/黒)両方ともしっかりとした信念の持ち主であり、それゆえに過酷な凌辱でも簡単に堕ちない。
それこそ敵は、あの手この手で襲ってくる。衆人環視下でのレイプ、クズ市民を煽動しての輪姦、屈辱を指摘しながらの凌辱と、身体面だけでなく、なにより心を追い詰める。しかしながら、ヒロインたちは折れない。この決してあらゆる悪逆でも折れないヒロインを嬲り者にしたい方にはうってつけのシーンが目白押しとなっている。

本編での非エロシーンである、日常シーンについても言及しておく。
無料体験版やこれまでのシリーズ作品からわかる通り、本作ではもう一人の主人公として、ヒロイン・七倉有紗の兄である七倉透磨は世界観の引き立てとして活躍する。
冒頭から悲惨なことに、「皆を守る」というアルテミナを冒涜する屑市民が多数登場する。それでもアルテミナは戦うことを辞めない。
ともすればプレイヤーの理解を得られないアルテミナの心情も、アルテミナの友人たちやその日常から守りたい理由が察せられる。その最たる役回りがこの透磨のパートである。クズも多いけれど、これほどまでにアルテミナを大事に想っている人がいる世界でもあると描写することにより、「変身ヒロインが守るに値しないクズな世界」といった短絡を避けている技巧が素晴らしい。こういったストーリー部分も是非味わってほしい。

6人 が役に立ったと答えています 報告する ]

ひかえめに言って、最高です。

2019年04月15日   人気レビュアー:Best900 購入済み

レビュアーオススメ!

けなげで正義感溢れる少女が変身して敵と戦うが、苦戦の連続で負けて嬲りものにされることが多い。衆人環視、或いは敵に捕まり魔物や触手に徹底的に犯され、華奢な体と、自慰さえ知らない無垢な心とをズタボロに陵辱し尽くされる。
重要なのはそれがバッドエンドではなく正規ルートとして続いていく点。バッドエンドも存在するが後半になってからの選択肢によるもの。物語前半は選択肢が出ないまま、主役の少女が次々敗北を喫し、その度これでもかと長時間いたぶられる。つまり少女の体と心に深い傷が刻まれ蓄積されていく。そういう状態で正規ストーリーが続いていくのが好きな人にはたまらない。
主役の少女は変身してなければ体がもたないであろう攻撃や陵辱を受けるが、痛覚や精神はか弱い少女のままなので、気絶することも出来ず限界を超えた痛みを感じ続ける点も重要。絵にリョナ要素は無いが、文章ではかなりボコボコにされるのでリョナ好きな方は脳内補完すると良いかと思う。
連続で酷い目に遭い続けても、主役の少女の心は強く、戦うことをやめない。ただ本来は普通の少女、芯は折れずとも犯されまくると許しを請うセリフや弱音を吐いてしまう。そんな強さと弱さが同居した様子が実に良い。声優さんの演技もそういうのによく合っている。敵ばかりか自分の弱さにも責め苛まれながら戦い続ける姿がいじらしく、応援したい気持ちが強くなる。逆に気丈な少女がやられる姿をもっと見たいという倒錯した感情も生まれる。あまりに主役の少女が健気で真摯で可愛らしいのでゲームと分かっていても罪悪感を覚える。
そんな酷い運命に見舞われながら戦いぬく少女の話だが、全体が悲壮感に支配されないよう、救いが無いわけではない状況と雰囲気をつくっているように感じる。
サンプルの絵が好みで変身ヒロインが魔物などに嬲られる物語に興味のある方は是非。1からやった方が物語を楽しめる。

2人 が役に立ったと答えています 報告する ]

王道変身ヒロイン凌辱モノ

2019年04月22日   購入済み

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

抜けたキャラの穴を補うブラックアルテミナ

2019年12月28日   人気レビュアー:Best200 購入済み

レビュアーが選んだジャンル :

アルテミナシリーズ3作品目。
メインヒロインに次ぐ役割(前作に限れば主役)だったアポローグが登場しないが、その代わりにブラックアルテミナが登場。
シナリオ的にもHシーン的にも、ブラックアルテミナでアポローグが居なくなった穴をカバーできていたと思う。

Hシーンは前作までと同様に異種姦凌辱が多く、抜きゲーとして使える。
それでいてブラックアルテミナとの関係や戦闘以外の日常の描写も全くの手抜きでは無くて、楽しめた作品だった。

あと、ロリの凌辱系で商業作品と言うのもここ最近ではあまり多くないので、貴重な作品の1つかもしれない。

報告する ]

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン