({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
({{ product.review_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

パックに含まれている作品:3作品

作品内容

本作品は
「奥様はおねえちゃん!?」(VJ002082)
「Myつま Windows10対応版」(VJ002584)
「ボクん家の家性婦さん Windows10対応版」(VJ004878)
を同時収録したパック商品です。

決済完了後は、各作品ごとにダウンロードを行うことが出来ます。


「奥様はおねえちゃん!?」
「Myつま Windows10対応版」
「ボクん家の家性婦さん Windows10対応版」
の3作品を収録した、大変お買い得なパック商品が期間限定で登場です!
TRYSET的ひな祭りをこの機会に是非お楽しみ下さい!

2019年3月29日(金)までの期間限定販売ですので、お見逃しなく!!

奥様はおねえちゃん!?

ボクんちのお隣に住んでいる、ゆかりお姉ちゃん。
小さい頃から、随分仲良くしてもらっていた、優しいお姉ちゃん。
そんなお姉ちゃんが、突然、ボクの奥さんになちゃった…?!
お父さんとお隣のおじさんが、昔から決めていたことらしいんだけど…そんなこと、
急に言われても困っちゃう…。いつのまにか、新居まで建てちゃって、
今日から二人で、ここで暮らせ!…って、そんなこといわれても。
でもお姉ちゃんは前から知っていたみたいで、ボクのことを、
いつもの優しい笑顔で見つめて、こういったんだ。
「今日からよろしくね、ア・ナ・タ」
突然結婚することになってしまった主人公、しかも、相手は幼なじみのおねえちゃん。
どうしていいのか判らない、ドキドキの新婚生活。ボク…どうすればいいの?

Myつま

物語の主人公、陸は父と義理の母、美咲との三人暮らし。
美咲とは年齢が近い為、親子というよりは姉弟のような間柄で平穏な生活を送っていた。
今年学校を卒業した陸は、付き合っていた麻衣とめでたく結婚。二人で新婚生活を始める……はずが……
丁度その頃、陸の父の長期出張が決まってしまう。
結局、父が出張から帰ってくるまで、麻衣との新婚生活を美咲のいる実家で送ることに。
更には麻衣の妹の麻奈までやって来た。
かなり天然の美咲と、とてもオープンな性格の麻奈…
一体どんな新婚生活になるのやら。

ボクん家の家性婦さん

主人公、井ノ原 純はサラリーマンの父と二人暮らし。
毎日、平凡な日々を過ごしていた。
そんなある日、父が長期の出張で家を留守にすることになった。
純は幼少の頃から、父と分担して家事なども行っていたので、
それ程困ることはないと思ったが……

父の出張当日。
その日も、いつもと変わらず学校から帰ってきた純。
すると見知らぬ女性が玄関の前に立っていたのだ。
……誰だろう。
「あ、あのぉ~」
純が声を掛けようとすると……
純に気づいた女性がクルリと振り返る。
……そして。
「純君ね、わたし家政婦紹介所から来た藤崎 奈緒美。今日からヨロシクね♪」
「か、家政婦さん……!?」
家政婦さんが来るなんて、父からは聞かされていない。
混乱気味のまま、取りあえず家政婦と名乗る女性と一緒に家に入った。
するとテーブルの上に一枚のメモ紙が置かれていた。
”一人じゃ寂しいと思ったから家政婦を雇った いっぱい甘えさせてもらえ”
たった一行の父からの手紙には、そう書いてあった。
しかし、家政婦さんに何をお願いすればいいのだろう……
当然ながら純には初めての経験だ。
食事の用意?洗濯?
そんなことを考えていると、ふんわり甘い香りがした。
「ふぅ~ん、なるほど。純君を甘えさせてあげればいいのね。」
「うわっ!」
気がつくと奈緒美が手紙を覗き込んでいる。
「勝手に見ないでくださいよぉ」
慌ててメモを後ろ手に隠す純。
……と、その時。

ピンポーン

チャイムが鳴った。
純が玄関に向かうと、そこにはまた知らない女性が立っていた。
しかも二人。
彼女たちも、家政婦としてこの家にやって来たというのだ。
一気に3人もの女性が、僕の家の家政婦さんに……しかも住み込みで。
父が間違えて雇ったのか……それとも意図的なのかは定かではない。
しかし一つだけ間違いないことがあった。
それは3人ともすごく美人だということ。

作品情報/動作環境

ファイル容量
パック販売につき、各作品の内容をご確認下さい。
CPU
PentiumIII 450MHz以上
メモリ
128MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0003947D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?