({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
({{ product.review_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

パックに含まれている作品:4作品

作品内容

本作品は
「クレオパトラがやってきた!? ~現代に降臨した古代女王と濡れ透け性生活~」(VJ010661)
「粘液地獄 ~巨大ヌルヌル生物に汚された女学生!~」(VJ011033)
「巨乳少女のエロ犬」(VJ011418)
「ATELIER G/H 美少女ねっとりドロドロエロパック ミニ設定集」
を同時収録したパック商品です。

決済完了後は、各作品ごとにダウンロードを行うことが出来ます。


愛液・精液・粘液、いろんな液体でトロットロになった3人の美少女を独り占め!
*電子版ミニ設定集つき

■収録タイトル
・クレオパトラがやってきた!? ~現代に降臨した古代女王と濡れ透け性生活~
・粘液地獄 ~巨大ヌルヌル生物に汚された女学生!~
・巨乳少女のエロ犬(ペット)

クレオパトラがやってきた!? ~現代に降臨した古代女王と濡れ透け性生活~

文月史矢は読書だけが趣味の平凡なサラリーマン。
ある日仕事を終え自宅のドアを開けると、そこには見知らぬ人影が…

染みひとつない美しい褐色の肌、
グラビアアイドルも霞むような見事な肢体、
そしてエメラルド色の瞳をもった謎の美女がそこにいた!

謎の美女は自分が『クレオパトラ7世』だと名乗り史矢が最初の召使いだと告げる。

まさかと困惑する史矢。
しかし伝説に違わない美貌に彼の股間は熱くなるのだった…

粘液地獄 ~巨大ヌルヌル生物に汚された女学生!~

久年の時を経て、封じられたヤツラが蘇る!

何をするにも退屈を感じている少女【希美】
そんなある日の事、ふとした好奇心で、神社の脇道に入った彼女は獣の巣のような、小さな穴に落ちてしまう。

怪我することもなく穴の底に落下した希美。
だがそこには巨大な蛙たちが蠢いていた。

彼女の身体に無数の粘着質の舌や手が伸びていく……。

想像を絶する恐怖と嫌悪。
しかしそれは次第に禁断の快楽へと、彼女を堕としていくのだった……。

巨乳少女のエロ犬

『犬吠埼一郎』の趣味はひとり旅だ。
今年の夏も長期休暇を利用して、とある地方に向かうことにした。

そこは海と山に挟まれた小さな町。
今は観光ガイドにも載っていないが、小さいながらも温泉郷として一世を風靡したことがあるらしい。

しかしその道すがら。
突如飛び出してきた『野良犬』を回避しようとして一郎の車はガードレールに激突してしまう。
大破した車からなんとか這いだしたものの、全身を激痛が駆け巡る。

このまま死んでしまうのだろうか……青空を見上げていた一郎の耳に、無邪気な少女の声が飛び込んでくる。
――大丈夫、わんちゃん? ミヤが助けてあげる!

しかしその出会いこそが、いまだかつて無い体験の始まりだった……。

作品情報/動作環境

ファイル容量
パック販売につき、各作品の内容をご確認下さい。
CPU
Pentium4 2.3GHz以上 / Core 2 Duo 2GHz以上
メモリ
1GB以上 / 2GB以上
必要解像度
1280*720 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号1801346D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?