({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
({{ product.review_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

■物語
「全てを喰らえ! 復讐の竜姫よ――!!」

はるか昔、竜と魔の大戦"魔神戦役"によって世界は崩壊した。
唯一残った大地は、蒼穹大陸ロディニア。
今では、神竜族と魔竜族が覇権をかけて争う戦乱の地。

神竜族領エリーシス公国の公女ティアは、大神官ガシェルにあらぬ罪を着せられ、家族も故郷すらも失う。
そして自身も絶体絶命の中、突如現れた一人の男に窮地を救われる。
男の名はザハーク。古の大戦で封印されたはずの魔神だった。

全てを失い復讐を誓う竜姫と、破壊と欲望に身を任せる魔神。
二人の行く末に待つのは救いか、あるいは滅びか――。

ポイント

●VBシリーズ第11弾は拠点侵略型戦略SLG!
本作は、10周年記念作である前作のRPGとは違い、従来の拠点侵略型の戦略SLGベースのゲームとなります。
大ボリュームの調教と戦略を楽しみましょう!

●VenusBlood:HYPNOがベースの『戦略システム』!
VenusBlood:HYPNOで高い完成度を誇った、3師団同時投入のレギオンバトルシステムを採用!
最大で18VS18ユニットの戦略バトルが再び!

●「竜姫」を触手調教せよ!
本作の調教対象の主軸は、穢れなき竜族の姫「竜姫」。
神竜族と魔竜族という2つの勢力の戦いの最中、
倒した竜姫を次々触手で調教し、魔神の眷属を孕ませる母胎として、快楽に目覚めさせましょう。

●「産卵」で生み出す強ユニットを育てよ!
産まれたユニットはレベルを上げて、二つ名や装備によって、無限のスキルカスタマイズが可能!
あなただけのユニットで最強の軍勢を組み立てましょう!

●シリーズ初の悪堕ち要素と産卵要素が同居!
本作では、産卵システムが中心的要素ですが、メインヒロインのティアには、悪堕ちの要素も。
善で進むか、魔道へと堕ちるのか。全てはあなたの選択次第。

●新概念「レギオン・スタンス」が追加!
師団に、スタンスと呼ばれる属性が追加!
リーダーの性格や戦闘方針により、レギオン(師団)同士の攻防相性が変化します。

人物紹介

VenusBlood:Lagoon [ninetail/dualtail]

【災厄の魔神】
●ザハーク
旧世界の文明を滅ぼし尽くしたといわれる災厄の権化。
始祖竜によって倒された後、永き眠りについていたが、神竜族領エリーシス家の動乱により、現世に覚醒める。
不完全な復活で力と記憶の大半を失っているが、それでも圧倒的な戦力を持ち、契約者ティアの復讐に協力する。
全魔族の始祖であり、魔物を女に孕ませて眷属を増やす力を持つ。

「ククク……。殺して奪う。犯して利用する。戦争なんざ、シンプルにただそれだけだろうが!」

VenusBlood:Lagoon [ninetail/dualtail]

【聖盾の竜姫】
●ティア=エリーシス (CV:藤堂みさき)
神竜族の大神官ガシェルの謀略によって、祖国エリーシスを失った亡国の竜姫。
城に封印されていた魔神ザハークの力によって、九死に一生を得た後、殺された母と弟、石にされた国民の仇を討つ為に神竜族を相手に戦いを挑む。
絶望を味わい、復讐心に囚われているが、本来は優しく気高い戦乙女。

「私は止まれない。エリーシスの無念を晴らすと誓ったのだから……!」

VenusBlood:Lagoon [ninetail/dualtail]

【血槍の堕竜姫】
●ティア=エリーシス (CV:藤堂みさき)
神竜族との戦いの最中、魔神の眷属であることにのみ心の拠り所を求めた結果、覚醒を遂げたティア。
清廉で優しかった性格は淫蕩で残忍なものへと変貌し、彼女にとっての復讐は、もはや大きな破滅への道程でしかなくなった。

「クク……、アハハハハハ!! この狂おしい想い……! 貴方に受け止められるかしら?」

VenusBlood:Lagoon [ninetail/dualtail]

【探求の魔導竜】
●アスタ (CV:あかしゆき)
かつて滅んだメル・ザハーカ魔導科学文明の研究者であり、地中から発掘される古代機械やアーティファクトに詳しい女魔術師。
発掘した機械を利用し、魔導装甲列車ベヒモスを設計し、完成させた。
自由奔放で好奇心が旺盛。
様々な学問を修め、錬金術も得意な才女。
しかし、研究に一途なのが災いして私生活については無頓着の一言。

「好奇心に勝る原動力はないわ。さぁ誰も見たことのない景色を見に行きましょ!」

VenusBlood:Lagoon [ninetail/dualtail]

【慧眼の操舵士】
●ムムル (CV:渋谷ひめ)
獣人種ガロード族の少女。
機械に対する見識が深く、眼が良い事も相まって、洞察力が鋭い。
アスタにその才能を見込まれ、装甲列車の操舵士を任されている。
明るく元気で前向き。
真面目で責任感が強い。
アスタの従者兼助手、そしてマスコットのような存在。

「出力オールグリーン。魔導装甲列車ベヒモス、発進なのです!」

VenusBlood:Lagoon [ninetail/dualtail]

【炎の機関長】
●アイン (CV:六条太助)
獣人種ガロード族の男で、ムムルの実弟。
若くして体格は一般的なガロードの青年よりもやや大きいほど。
炎熱の扱いが得意で、アスタに見出されて装甲列車の機関長を任されている。
普段は姉に頭があがらず、性格も気さくといった風だが、ひとたび姉に悪い虫がつきそうだと感じると、キレて性格が一変する。

「へへっ、全く似てない姉弟って良く言われるっスわ」

VenusBlood:Lagoon [ninetail/dualtail]

【高潔なる神竜騎士】
●エア=エリーシス (CV:手塚りょうこ)
ティアの母親であり、エリーシス公国を治める優しくも高潔な女騎士。
神竜族四天将の中でもリーダー格といえるほど人格・実力ともに傑出した人物。

「大丈夫よ。貴女にはそれが出来る力があるのだから」

VenusBlood:Lagoon [ninetail/dualtail]

【創世の神竜王】
●エデン (CV:榊木春乃)
神竜族の領土を統治する偉大なる竜の王。
始祖竜が現世に転生した少女で、神竜族全ての象徴的存在でもある。
少女の姿をしているが、達観しているかのように物事に動じない。
神竜王と互角に戦う事ができるのは、ロディニアにおいて魔竜王ただ一人と言われるほど、次元の超えた戦力を持つ。

「現世に迷い出た魔神よ。その存在を看過することは出来ぬ」

VenusBlood:Lagoon [ninetail/dualtail]

【碧空の竜姫】
●ピアサ=アルトン (CV:咲ゆたか)
雲と高原の国アルトン公国の王位を若くして継いだ竜姫。
神竜族の誇る四天将の一人に数えられる風使い。
天真爛漫でありつつも優しい国主であり、民にとても愛されている。
ティアの幼馴染みで、大神官ガシェルからティアが神竜族に対して反逆を企て、魔神を覚醒させて逃亡したと聞かされたが、それを信じられず、自らティアに会って真実を確かめようとする。

「私は、ティアを信じていますから。きっと、何か理由があるのでしょう?」

VenusBlood:Lagoon [ninetail/dualtail]

【焔刃の竜姫】
●ヤマタ=クシナダ (CV:ひむろゆり)
武芸とたたらの国クシナダ公国の元首にして、炎を自在に操る竜姫。
神竜族・四天将の一人で、凛とした佇まいの武人然とした女性。
死をも恐れぬ勇将を多数擁するクシナダ家は、神竜族の中でも武門の誉れであり、軍事国家としての色合いが強い。
常に危険な最前線で戦い、過酷な戦場を部下と共に生き抜いてきた。

「では、互いの誇りを賭け、尋常に勝負といたしましょう!」

VenusBlood:Lagoon [ninetail/dualtail]

【水晶の竜姫】
●ヴィーヴル=ニヴェルネ (CV:星空ユメ)
雪と賢者の国ニヴェルネ公国の元首にして、水晶の賢者と崇められる竜姫。
神竜族・四天将の一人で、物静かで理知的な性格。
神竜王エデンの教えを忠実に守る敬虔な信徒であり、エデンが統治する世界こそ、理想の楽園の礎となると信じて疑わない。
術とマナの扱いに長け、盲目でありながら、その探知能力は千里先の敵を見通す。

「明日を生きる人々のために戦う。それが我らに与えられた責務であり、誇りなのですから」

VenusBlood:Lagoon [ninetail/dualtail]

【震天の竜姫】
●ファフネル=フラグランド (CV:ももぞの薫)
神竜族の宗主国メスキアの全軍を束ねる大将軍。
神竜四公国の元首である四天将たちを直接率いる強者。
物腰柔らかい口調と態度で一見して穏やかな性格に見えるが、敬服する神竜王の敵と認めた者に対しては、苛烈で容赦がない。

「あらあら、残念ですわね。これから貴方を殺さなくてはならないなんて」

VenusBlood:Lagoon [ninetail/dualtail]

【授戒の大神官】
●ガシェル=ベリングス (CV:小次狼)
神竜族の象徴であるエデンを祀る神聖メスキア王国の神官長。
神竜王エデンを補佐し、神竜族を統治する宰相でもある。
始祖竜が創り上げたロディニア大陸の平穏を脅かす者たちとして、魔竜族を糾弾し、排除するために水面下で様々な暗闘を仕掛けている。
信仰に厳格で、大義のためであれば手段は選ばない。

「罪を認め、悔い改めるがよい。さすれば汝が魂は、千年の平穏の礎となるであろう」

VenusBlood:Lagoon [ninetail/dualtail]

【神出鬼没の密偵】
●イルダーナフ (CV:小次狼)
ガシェル直属の部下であり、潜入工作・情報操作など様々な裏の任務を行う密偵。
ロディニアにおいて、人間は竜族や魔族に比べて能力的に劣るとされるが、その中にあっても人間とは思えないほどの働きぶりを発揮する。
表向きエリーシス公国に仕えていたが、ガシェル達を導く手引きをする。
しかし時折、ティアに対して同情的な素振りも見せる。

「仕方ねぇよなぁ。これも任務ってやつだからな」

VenusBlood:Lagoon [ninetail/dualtail]

【偽典の祭祀】
●エル=メディーナ (CV:安堂りゅう)
ガシェルの命令で魔竜族の動向を探っている神官風の少女。
常に慇懃無礼な態度で相手に接し、その性格の本質はサディスト。
一見して戦闘力がないただの少女に見えるが、天使を異空間から召喚して使役する能力を持つ。

「やぁやぁ、侵入者の皆さん! 貴方がたの来訪を心から歓迎致しますよ!」

VenusBlood:Lagoon [ninetail/dualtail]

【絶刀の魔竜王】
●ヴァジェト=ネフティス (CV:梅椿鬼)
何者にも束縛されず、自由を愛する魔竜族最強の王者。
戒律と教義で人々を統治する神竜王の支配に真っ向から異を唱え、長きに渡って辺境で抑圧されていた魔族や罪人たちを纏め上げて魔竜族という一大勢力を築き上げた。
情に厚く、闊達で豪放。カリスマに溢れた女傑。

「ははははは! 面白いかどうか。余の考える戦の理由など、それで十分だ……!」

VenusBlood:Lagoon [ninetail/dualtail]

【氷華の魔竜姫】
●レヴィア=ネフティス (CV:青葉りんご)
魔竜王の愛娘。魔竜軍で一兵卒から将軍まで這い上がった実力者。
戦闘を好み、戦場こそ命の輝く場所だと考えている。
天才肌で料理でも何でも卒なくこなし、みだしなみにも気を遣う女子力の高い完璧少女だが、ポーカーフェイスが苦手で考えが顔に出やすい。
プライドは高いが、姉御肌で面倒見の良い性格。
尊敬する母ヴァジェトを超えることを目標として日々研鑽を続ける。

「ふふん。私は魔竜王の娘だもの。このぐらいできて当然よ!」

VenusBlood:Lagoon [ninetail/dualtail]

【魔装機竜】
●テュポーン (CV:今谷皆美)
魔竜族の領土、機国デルピュネの統治・防衛を任されている機械竜。
古代文明が生み出した生体機械兵器で、かつて偶然地表に出た機械遺跡内でヴァジェトに倒された後、修復されてその配下となった。
性格は無感情で無愛想。ヴァジェトとレヴィアにだけ深い忠誠心を示す。
機械ゆえの正確な判断・分析は評価される一方、生物の感情や疲弊には疎いため、国民から不平が出始めている。

「効率よく統治し、防衛するのに、それは非効率。ボクは無駄が嫌いだから」

VenusBlood:Lagoon [ninetail/dualtail]

【幽騎将】
●マキュリア=ヴァーレ (CV:ヒマリ)
人の身でありながら、魔竜族の将軍格に名を連ねる女騎士。
家柄と竜の血筋を重んじる神竜族とは対極にある魔竜王の方針もあるが、冷遇されがちな人間達を率い、不死者との盟約によって、数々の戦果を挙げてきた一族に、ヴァジェトは領地と地位を与えて報いた。
それゆえに、魔竜王に対して揺るぎない忠誠を誓っている。

「魔竜族において、血筋など関係ありません。同胞の為に生きるか、死ぬか。それだけです」

VenusBlood:Lagoon [ninetail/dualtail]

【黒鬼の魔将】
●ヴェリトール=バシュトラ (CV:笹崎こじろう)
暗黒の森の奥深くに位置する魔国バシュトラを治める魔将。
魔竜王ヴァジェトが一目置くほどの存在であり、魔竜軍において、実質的に戦力ナンバー2といえる。
より強い敵と戦うことを望んでおり、打ち負かした相手でも、成長の見込みのある者はあえて命を取らずに逃がすこともある。
配下は好戦的な魔族や巨人族が主軸。

「せいぜい、足掻いてみるがいい。俺と本気で殺し合いたいというのならな」

作品情報/動作環境

ファイル容量
総計 4.15GB
CPU
CORE i3以上 / CORE i5以上
メモリ
2048MB以上 / 4096MB以上
VIDEO
VRAM 256MB以上 / 512MB以上(シェーダーモデル2.0以上に対応したビデオカード)
必要解像度
1280*720 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号1801337D)

関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。