({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年06月08日
シナリオ 岡下誠
イラスト 桜ロマ子
声優 雨森りこ
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「PlayDRM型」の作品です。 ご購入前に必ず [ PlayDRMについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■□■ストーリー■□■
私“伊原宗一郎”は、知人の顔を立てて行った見合いで結婚した。
妻は再婚で娘の“春香”がおり
当初、義理の娘との接し方に私は不安を抱いていた。
年頃の娘が、義理の父という存在をすんなり受け入れてくれるとは思えなかったからだ。
私のことを避けて部屋にこもるか――。
家へ帰らずに繁華街で遊び歩くか――。

しかし、心配したようなことは起こらなかった。
むしろ、娘は私に好意的ですらある。
いや、好意的という表現を通り越していた。
一般的な父娘の間ではされないようなスキンシップをしてくる。
ごく普通の家庭において、父親の太腿に娘が頭を預けたりするのだろうか?
私は、娘の態度に戸惑いを覚えずにはいられなかった。
妻の初婚は早々に破綻したそうだから、娘は父親の愛情をほぼ知らなかったことになる
そのため、義理の父である私に愛情を求めてきたのだろう。

だが、その考えは簡単に崩れることになる。
娘は、父親としての愛情を求めていなかった。
とある切欠で彼女の脳裏では、私との交わりが思い描かれているのを知る。

親としては、戸惑いを覚えずにはいられない。
しかし、ひとりの男性としては激しく牡欲を刺激された。
私の心臓は、高鳴り娘との禁じられた関係を期待してしはじめていた……

■□■登場キャラクター■□■
●伊原 春香 (CV:雨森りこ)
サイズ:T157 / B81(B) / W58 / H84
“宗一郎”の義娘。
父という“モノ”への幻想を拗らせており
結果、年上にしか興味が持てなている。

作品情報/動作環境

ファイル容量
371.93MB
CPU
Pentium4以上 / Core 2 Duo以上
メモリ
2GB以上 / 4GB以上
VIDEO
VRAM 128MB以上 / 256MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「インモラル・ラブ ~妻の連れ子が俺の恋人~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件