({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • 神楽黎明記 ~小春の章~ [でぼの巣製作所]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
神楽黎明記 ~小春の章~ [でぼの巣製作所]
販売日 2018年04月27日
シナリオ シャア専用◎
イラスト 山本和枝
声優 姫川あいり
音楽 Angel Note
年齢指定
作品形式
ロールプレイング音声あり音楽あり動画あり / 何度も遊べるHな巫女さんローグ型RPG
その他
特典コードつき

こちらのシリアルナンバーは、メーカー公式ページで会員登録をされる際に必要となります。

会員登録いただく事により、ご購入された製品のサポートやサービスを受ける事が出来ますので、 是非ご登録ください。

メーカー公式ページ
http://www.debonosu.jp/debonosu/

また、にじよめの神楽大戦でこちらの特典コードを入力すると、キャラカードがもらえますので、この機会に是非「神楽大戦」をプレイしてみてください。

神楽大戦・陰
https://www.nijiyome.jp/app/start/265

ジャンル
にじよめでも神楽! 神楽黎明記 ~小春の章~ 特集ページ

作品内容

「何度も遊べるHな巫女さんローグ型RPG」として発売してきた弊社の神楽シリーズ。
本作は、その特徴でもある「妖怪との異種姦」に重きをおき、
お手軽に「妖怪との異種姦」を楽しめる新たな神楽シリーズです。
その名も「神楽黎明記(かぐられいめいき)」
毎回タイプの違うヒロイン1人と妖怪のHを掘り下げて楽しめる作品となります。
今回は「神楽学園記(かぐらがくえんき)」、
「神楽道中記追加(かぐらどうちゅうきついか)シナリオvol.3」に登場した
「秋月小春(あきづき こはる)」が主人公。

●Live2Dアニメーション
本作では立ち絵及び一部イベントCGにLive2Dアニメーションを搭載。
ADVパートではキャラクターが可愛く動きます。

●高画質化
ゲームの解像度を従来の1024×576から1280×720(HD)に150%以上拡大(面積比)。
大きくきれいな画像でゲームを楽しめます。

●妖怪とのHシーン
神楽シリーズの特徴でもある、妖怪との異種姦。
それに特化して低価格帯ソフトとしてお手軽に深く楽しめる作品となります。
妖怪とのHシーンは18回、処女・非処女の違いや同じ妖怪に2回目以降襲われた場合には、
より濃いHシーンを楽しめるようにしています。
また、毎回一人の巫女にスポットを当て、その巫女と妖怪のHシーンを描くことで、
巫女の性格や性感帯など特徴の現れるHシーンが展開されます。

●Hシーンだけじゃない、ゲーム部分も何度も遊べます
本作ではローグ型RPGを採用しており、ダンジョンの形や敵の配置が毎回変わります。
また、「神楽黎明記」第一弾~第三弾で採用した、百鬼夜行システムも引き続き実装。

●セーブデータを引き継いでサクサクゲームが進められる!
黎明記シリーズのセーブデータを引き継ぐことができます。

低価格帯ソフトですが、新たなシステムを搭載し、本作で初めて興味を持ってもらったユーザーだけでなく、
過去作をプレイしたことのあるユーザーにも満足いく作品です。

物語

「大賀温泉郷」での事件以降、巫女として神社を手伝うようになった小春は幸せな時間を過ごしていた。

そんなある日、境内に馬の嘶きが響き渡る。

この神社にお馬さんなんかいたかな、と考えている小春の元に神主が血相を変えて飛び込んでくる。

「首の無い馬が参拝客を攫っていった」

信じられない事象に驚く小春。
しかも神社の周囲には妖怪が大量に出現し、助けを呼ぶこともできないらしい。

「小春が……参拝客の皆さんを守らないと……」

元々怖がりな小春だが、参拝客と神社を守るために立ち上がるのだった。

登場人物

●秋月 小春 (CV:姫川あいり)
武器:なし
元々は身体が弱く入院生活を送っていた少女。
いぶきやなずなと共に事件解決のため、得意の幽体離脱を使って偵察任務などを行っていましたが、神様の力を宿らせたことがきっかけで前線でも活躍することが出来るようになった。
しかし、極度の恐がりのため、本人はあまり戦いを好んでいません。
「大賀温泉郷」での事件が解決して以降は巫女として神社の手伝いをしています。
ゲームではいぶき達のように武器は持ちませんが、高い精神力を活かした特殊攻撃で妖怪たちと対峙していきます。

作品情報/動作環境

ファイル容量
519.11MB
CPU
PentiumIII 1GHz以上 / Pentium4 2GHz以上
メモリ
1GB以上 / 2GB以上
VIDEO
DirectX 9.0以上に対応した3Dグラフィックスカード ※オンボードは対象外
必要解像度
1280*720 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号1800514D)

関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

巫女(11) 異種姦(7) 触手(5) 着衣(5) おっぱい(5) シリーズもの(4) 陵辱(4) 女主人公のみ(4) 輪姦(3) レイプ(3)

レビュー数 : 13件

ピックアップ

おしら様

2018年07月24日   人気レビュアー:Best100 購入済み

レビュアーが選んだジャンル :

今回のボス(道中記のDLCボスでもある)おしら様の和姦になって一緒に気持ちよくなるエッチはほかの妖怪にも導入してほしいくらい良いですね。
黎明期に入ってから快楽堕ちって意外とないので貴重な存在ですね。(話はそれるけど、道中記のなずな×雪女の快楽堕ちが大好きなのでまたあの強キャラ雪女先生に登場してほしいです。というか強レズ妖怪の出番もっt)
経倫々(こんな字だっけ?)の2回目なんかもいいですね。
輪姦かつフェラチオと豪華二本立て。

次回作の莉音の章弐には確実に雪女先生が登場すると思うので今から待ちきれません!

4人 が役に立ったと答えています 報告する ]

待望の小春の章

2018年06月11日   人気レビュアー:Best400 購入済み

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

呪符を使うのがたーのしー

2018年06月08日   購入済み

今作の主人公である小春は攻撃ではなく、精神の数値の高さでダメージが決まります。
武器も髪飾りで、装備することで精神が上がるので完全に攻撃が死にステータスとなっています。
なので、攻撃の下がるナース服やメイド服といった防具が活躍したり、ダメージが精神基準の炎の符といった消費アイテムの効果が抜群だったりと、他の黎明記主人公とは違ったプレイスタイルが楽しめる作品です。

1人 が役に立ったと答えています 報告する ]

祝小春ちゃん参戦!

2018年05月11日   購入済み

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

一番好きな巫女

2018年05月01日   人気レビュアー:Best300 購入済み

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

歴代でぼ巫女の中でも一番好きなキャラです。
ですます口調のやさしい性格で今までのキャラとは一風変わっています。
今作は状態異常を使ってくる敵が少なく、パワーで殴ってくる敵が多かったです。
初見の方の注意点として妖怪の中に姿を消す妖怪がいますが、マウス左クリックで攻撃できません。技から攻撃を選ぶか、攻撃ボタンのキーで攻撃できます。これはバグではなく過去作同様の仕様です。
今回のボスは今までの状態異常祭りでないので、アイテムを使えば簡単に倒せると思います。ぶっとびで回復時間稼ぐのがオススメ。

1人 が役に立ったと答えています 報告する ]

孤立無援の中、一人立ち向かう怖がり巫女。

2018年12月27日   人気レビュアー:24位 購入済み

レビュアーオススメ!

妖怪相手に凌辱される巫女作品だが、ヒロイン側の性格・エロ傾向も大事に作られており、本作では小春の気弱・小動物系のキャラ性が強調されたシーンテキスト・シチュとなっている。

紹介文にある通り、小春は怖がりであり、通常のシーンでもよく怯える。しかし、それでも勇を鼓してダンジョンに立ち向かう健気さはかなりそそるものであり、この前ふりを踏まえたうえで、そんな娘が無残に散らされてゆくのだからたまらない。

それぞれの妖怪に合わせたプレイはいつも通り質が良いが、今回は小春の気弱故の被虐調教チックなテキストも注目してもらいたい。
幾つかの妖怪では、その特性からアブノーマルな責めを行い、最初こそ小春は「変態じゃない」「嫌なのに」と淫乱な情欲を否定する。しかし、シーンが進んでゆくと自ら認めていったり、抵抗を止めたりと受け入れてゆく。
この過程が、快楽に負けて淫乱化するというより、そのように妖怪どもに導かれて淫乱化するという、ある種の調教的に飼いならされてゆくのである。

既存の巫女は戦う巫女の敗北という側面が強かったが、小春の場合は戦闘嫌いの性格が転じて従順的なエロスの側面が強い。少女らしい健気さと、強く責められるとだめなことも認めてしまうマゾ雌っぷりを味わえる名ヒロインであり、個々のヒロインの特徴を生かす本シリーズの醍醐味も楽しめる。

ゲーム的には、技は探索力・サポート力に優れたスキルが多く、探索自体は楽である。通常攻撃が2マス先まで対象にでき、そこに仲間の助けがあると、かなり有利に冒険を進められるため、クリアがしやすいのは嬉しい。

報告する ]

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン