({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • 戦乙女ヴァルキリー2 [ルネ]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
戦乙女ヴァルキリー2 [ルネ]
ブランド名 ルネフォローする
販売日 2010年09月24日
シナリオ そのだまさき / K−TOK / 大神キリン
イラスト 田丸まこと
声優 島香麗子 / 一色ヒカル / サトウユキ / 風音 / かわしまりの / 北都南 / 白井綾乃 / 野神奈々
年齢指定
作品形式
アドベンチャー音声あり音楽あり / 戦乙女徹底調教ADV
ジャンル

作品内容

◆ストーリー
神々と人間に住む場所を奪われ、地底の奥深くに追いやられていた魔族達は、
何百年もの間『ミッドガルド』と呼ばれる人間界の大地を巡り、戦いを繰り返していた。
しかし、魔王軍暗黒騎士団長デューク(主人公)の策略により、蒼穹の戦乙女・レイア(前作のヴァルキリー)が
囚われてしまい、天界と人間界と魔界の戦力バランスは崩れた為、
魔族達は『ミッドガルド』を蹂躙し人間界のほとんどを制圧していた。

そして、いよいよ天界に攻め込もうと画策していた魔族達は、
その勝利祈願の生贄として戦乙女レイアの公開処刑を行うことを『ミッドガルド』中に触れ回る。

ついに処刑の日がやってきた———。手と首に枷をつけられ、処刑台に連れてこられたレイアは、
屈辱的な扱いに表情を曇らせていたものの、凛とした美しさをその身に残していた。
主人公は、処刑台の上で拘束されたレイアを散々凌辱したあげく、
魔王軍に多大なる被害を与えたレイアの罪状を読み上げ、彼女の首を切り落とそうとする……。

その時、魔界の空を割って、天空から巨大な光が飛んでくる。
その発光体は、レイアを取り戻す為、主神オーディンの命により
神槍・グングニルを携えた天界最強のヴァルキリー・アリーヤであった。

アリーヤは並み居る魔族達を神技で消滅させ、主人公もその激しい攻撃に一旦は耐えるものの、
圧倒的な力の差で吹き飛ばされてしまう。苦もなくレイアを解き放ったアリーヤだったが、
彼女は囚われの仲間を慰めるどころか激しく叱責する。

アリーヤ「こんな雑魚どもに遅れをとるとは…恥を知れ!」

そして、人質も失い絶体絶命の窮地に陥った主人公は一計を案じ、
レイアをそそのかして、アリーヤの力の源である、白銀の指輪を奪わせる事に成功する。

指輪を失ったアリーヤは戦乙女としての力が弱くなってしまい、魔族である主人公の囚われの身となってしまう。

こうして、魔族の虜となってしまった二人のヴァルキリーに対して、
昼夜を問わず行われる飽くなき恥辱の宴に、女神達の心は快楽の闇へと堕ちていくのだった…。

◆登場キャラクター
●蒼穹の戦乙女 レイア
大神・オーディンの命により、人間界を守るべくミッドガルドに降臨した前作のヒロインだった戦乙女。
デュークの罠により囚われの身となり、陵辱調教を受けつづけている。
慈愛に満ちた優しい性格をしているが、守るべき物を傷つける相手は容赦なく打ちのめす。
そのため、人質をとられるなど卑怯な手段に出られると弱いところがある。
度重なる陵辱により、身体は開発されきっているが、心は堕ちる寸前で抵抗を続けている。
しかし、デュークの興味が新しい戦乙女に移ったことで、女神にあってはならない嫉妬心が芽生え始める。

●残月の戦乙女 アリーヤ
レイアより強大な戦闘力をもった戦乙女。
オーディンの命令により、囚われのレイアを奪回するため魔界に単騎で攻め入ってきた。
性格は冷静かつ冷徹。
オーディンの絶対的な信奉者であり、全ての行動はオーディンの為に行っている。
使命感が強過ぎるあまり、頑固で強情な面も持っている。
圧倒的な力で、魔界の軍隊を蹴散らすものの、レイアの裏切りにより力の源である指輪を奪われてしまい、
囚われの身となってしまう。
アリーヤは月の満ち欠けにより女神としての力が変化するため、月が隠れてしまう間(新月、月食)は、
人間の女でいうところの排卵日(危険日)になってしまう。
そのため、その時期に膣内射精されると確実に妊娠してしまうという弱点を持っている。

●大地の戦乙女 ヒルデガード
誰に対しても優しく、陽だまりのような温かさを持つ大地の戦乙女。
しかし、レイア同様罪のない人々を傷つける輩には容赦しない。
大神・オーディンの娘。
天界の防衛に専念していたが、囚われた二人のヴァルキリーを奪回するため、
オーディンの制止を振り切って魔界に独りで攻め入ってくる。
だが、結局は二人のヴァルキリーを人質にとられ、同じくデュークの虜となってしまう。
捕まえられた後は、オーディンへの見せしめのため、天界の水晶球へ調教の映像を送り込む姿が実況されることに……。

●超竜騎士団団長 ファフニール
骨抜きになってしまったフェンリルに代わり、主人公の監視役になった超竜騎士団団長。
魔族とドラゴンのハーフで、絶大な戦闘力を誇り、怒ると口から火を噴く。本気で怒ると竜眼になる。
怒りに燃えてうずくまる竜『ニーズヘッグ』の爪を削り出した剣が武器。
短気で怒りっぽいが、実は面倒見の良い姐御肌で、部下からの信頼は厚い。
しかし戦いに明け暮れていたため、男性経験がなく知識も生娘同然。
本人は恥ずかしくて隠しているが、処女であることを主人公に見抜かれ、
口止めのために身体を差し出すことになってしまう。

●ふたなりのトリックスター ロキ
神々の敵である魔族の血を半分引きながらも、大神にその力を認められ天界に仕えていた、オーディンの元側近。
人間ごと魔族を滅ぼそうとするオーディンに愛想が尽き、魔族である主人公に接触を図ってくる。
何を考えているのか分からないミステリアスな美女で、武器は愛用のムチ。
主人公も魔族と人間のハーフであるため、ロキはその秘めた力に興味を持っているようである。
半神半魔であるがゆえ、自分の身体を変化させフタナリになれる特徴を持っている。

作品情報/動作環境

ファイル容量
総計 1.72GB
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / Pentium4 1.2GHz以上
メモリ
512MB以上 / 1GB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0a以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0003969D)

関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

ファンタジー(5) 着衣(4) 複数プレイ/乱交(3) おっぱい(3) 戦士(2) 淫語(2) 調教(2) 処女(2) 巨乳/爆乳(2)

レビュー数 : 10件

ピックアップ

孕ませも濃厚。ボテ腹SEXも、卑猥かつ背徳的

2010年10月15日   人気レビュアー:2位

アリーヤの『妊娠嫌悪』から『受胎懇願』まで段階的に描かれています。SEXの最中から罵詈雑言を浴びせ、嫌悪の感情をぶつけて抵抗する段階 → SEXでは快楽にとろけきっていたのに、膣内射精の直前に我に返って抵抗する段階 → 積極的に受胎懇願・妊娠請いする段階と、セリフや表情が大きくことなります。
 なお、レイア(前作のメインヒロイン)についても、今作品の調教・SEXで『最初から、受胎懇願するレベル』にまで堕ちているわけではありません。アリーヤと同じように『段階的』に描かれています。
 
 ボテ腹SEXも魅力的。アリーヤを孕ませ、市街の路地裏でボテ腹SEXを強制するENDは背徳的でハァハァ。アリーヤはほぼ全裸で、兜&両腕・両足のみ鎧をまとっています(乳房やボテ腹は露出)。アリーヤはボテ腹姿になっても主人公への敵意を捨てていません。そんなアリーヤと、すでに快楽堕ちしたレイアを交えて青姦3P。
 ボテ腹への精液ぶっかけを宣言する主人公に対し、「こ、子供のいる腹に出すなんて、変態にも程がある!」と抵抗したり、「お腹が汚いザーメンにぃ…酷すぎるぅ」とすすり泣いたりする姿にハァハァ。なお、この直後、主人公は、ボテ腹に向かって放尿。乳房やボテ腹を小便が汚していきますw

 またアリーヤ・レイア・ヒルデガードの3人同時妊娠 → 4Pボテ腹SEXも圧巻。3人とも完全には屈服しておらず、アリーヤは他の2人をかばうために、自分の体を差し出します。そのときにも「この下種が…孕んだ女を犯して興奮するような変態になど(略)」と、あくまで反抗姿勢。ところが、そのSEXを見ていたレイア、ヒルデガードたちが主人公のチ○ポを求めて屈服。そしてボテ腹SEXで喘ぎまくる2人の姿を見せつけられ、ついにアリーヤ自身も屈服〜という流れを丁寧に描いています。

5人 が役に立ったと答えています 報告する ]

黒髪の戦乙女に引かれて

2017年03月27日   人気レビュアー:19位 購入済み

作品は前作の続編にあたりますが、黒髪の戦乙女に引かれ、声優さんが好きだったので単体購入しました。
登場人物は前作のキャラが複数出てきますが、特に未プレイでも問題なく楽しめました。
基本、調教モノなのですが調教できる内容やシチュエーションも複数あり飽きることがなく、何度も楽しめました。

1人 が役に立ったと答えています 報告する ]

ヴァルキリーの続編

2019年02月25日   購入済み

レビュアーが選んだジャンル :

アニメにもなっている有名な調教物で
大分前の作品ですが今やっても古くさい感じは
あまりなく安定した作品です。
アニメと比べコミカルな描写も少しあり
調教、陵辱物とはいってもガチのドロドロした感じは
少なく絵が綺麗なのも相まってそこまで悲惨な
感じはしませんでした。
それに前作の民のため...系女神と違い、2は主神に心酔して
民なんぞ知らん系ヴァルキリーがメイン調教相手なので
ある意味心も痛まずすんだり(笑)

続編なので前作の話や人物も出ますが2からでも
そこまで支障はないかと思います。

前作でも言える事ですがCG回収率とエンディングコンプは
ある程度根気がいるので拘りがなければ何度か
クリアした後は攻略を調べる方が良いかと思います。

報告する ]

ヴァルキリーといえば

2017年05月16日   人気レビュアー:Best500 購入済み

このシリーズの作品です!
大分前の作品ですが、各ヒロインが堕ちていく様子は
必見です。
非常に実用的でもあり、また、前作を知らない人でも
問題なくプレイできます、進行は選択肢形式なので
特に手間もかかりません、お手ごろ価格になっているので是非!

報告する ]

戦乙女ヴァルキリー2

2017年05月11日   人気レビュアー:Best200 購入済み

この作品を知ったのは、
アニメを見てからでした。

恐らくかなり古い作品だと思われますが、
この作品が出た当時は、
凄く衝撃的だったのではないか、
と言うことをふと考えながらプレイしていました。

確率によって微妙にCGが変化する、
と言う面白い要素があって良かったと思います。

報告する ]

人気作品の続編

2013年11月22日   購入済み

レビュアーが選んだジャンル :

ルネ様の人気作品である戦乙女ヴァルキリーの続編になっています。前作とは一応のつながりはありますが、前作をプレイしていない方にも問題なくプレイできる内容になっています。内容に関しても調教が中心となっているのでそれが好きな人には前作同様お勧めです。

報告する ]

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。