({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • RIN×SEN ~白濁女教師と野郎ども~ [Guilty+]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
RIN×SEN ~白濁女教師と野郎ども~ [Guilty+]
ブランド名 Guilty+フォローする
販売日 2009年09月25日
シナリオ 北都凛
イラスト 紅葉-K
声優 有栖川みや美 / 一色ヒカル / 青井美海
年齢指定
作品形式
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

◆ストーリー◆
父母も祖父母も先生という教師一家に育った蛯原うららは、
"みんなに慕われる先生になること"が夢でごく自然に教師の道へと進み、
都内にある私立の女学園に赴任することになる。
さらにうららはフィアンセとの結婚を数ヶ月後に控え、公私ともに充実。幸せな日々を送っていた。
しかしフィアンセが事業に失敗し、多額の借金を背負ったことで彼女の生活は一変する。
うららは連帯保証人になっていたうえに、フィアンセが行方不明になってしまったのだ。
夏休み中のある日、彼女の住むマンションに鬼島と名乗る借金の取り立て屋がやってくるが、
利子で膨らんだ借金を返済する当てはない。
すると鬼島は、一ヶ月間だけ知り合いの学園で勤めてみないかと提案してくる。
なんでも男子学園の黒銅学園では、慢性的に教師不足に悩んでいるらしい。
鬼島はもし黒銅学園で働いてくれれば、利子分くらいは帳消しにしてくれるという。
(何故わたしがそうすれば、借金を返済できるの?)
当然、疑念が過ぎったが、お互いの両親への挨拶も済ませ、今さら婚約を解消することなど考えられない。
彼こそが一生を添い遂げる運命の人だと信じている。
真面目な彼のことだから、きっと金策に奔走しているのだろう。
そう考えると、うららは愛するフィアンセの力になりたくて、黒銅学園に赴任することを了承する。
そこはどんなに頭が悪くても入学できると言われ、不良の巣窟と呼ばれている最低の学園。
地元の人たちにまるで汚物のように嫌われ、「ヤ○ザ予備校」などと呼ばれている学園。
うららは赴任していく——
そこに卑劣な罠が待ち受けているとも知らずに……。

◆登場人物◆
●蛯原うらら(えびはら うらら)
比較的裕福な家庭環境で育ち、少し世間知らずの世間擦れしていないお嬢さん。
連帯保証人になっていたフィアンセの借金のカタに黒銅学園へ2学期から赴任することになる。
まさに「掃き溜めに鶴」
「初めては結婚する相手に初夜に捧げる」
という今時ずれた考えの持ち主で婚約した。
フィアンセとも未だにセックスをしたことがない処女。
昔から緊張したり、興奮したりすると尿意を催し、状況によってはおもらしをしてしまう失禁癖がある。
結婚式でウェディングドレスを着こなすために2年ほど前から『ホットヨガ』をしているが、
血行改善することで失禁癖を治すという秘密の目的もある。

●沖田明日香(おきた あすか)
明るくて負けず嫌い、男勝りのサバサバした性格。
その性格が災いして1年ほど前に夫の方から別れ話を切り出され、離婚。
学園生を更正させるため黒銅学園へ赴任を決めた熱血体育教師。
他の先生たちがやりたがらない生活指導教諭を務め、
不良たちを更正させる目的で空手部も創設した。
父親がフルコンタクト系空手の有段者で、
弟とともに物心ついた頃から稽古をさせられていたが、弟は気が弱く大人しい性格のため挫折。
しかし、負けず嫌いの明日香はめきめきと腕を上げ有段者にまでなる。
離婚した元夫に未練たらたらで、離婚以来、元夫のことを想ってしまうと
所構わずオナニー衝動に駆られる恥ずかしい性癖に目覚めている。

●水島果穂(みずしま かほ)
良家の子女が通うことで有名な聖華女学園に通う女の子。
大人しい性格で目立つことが苦手だが、
進学直後の時期に黒銅生・黒瀬に声をかけられ誘いにのってしまう。
自慰経験もなく性に疎い生娘だったが、
黒瀬に処女を散らされ黒銅生たちの相手をしているうちに、心身ともに開発されてしまう。

作品情報/動作環境

ファイル容量
729.75MB
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 800MHz 以上
メモリ
256MB / 512MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.1a 以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0003097D)

関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

女教師(7) 学校/学園(7) 汁/液大量(6) むちむち(4) おっぱい(3) 体操着(3) アブノーマル(2) 輪姦(2) 黒髪(2) おもらし(2)

レビュー数 : 10件

ピックアップ

まさに輪になって・・・

2009年11月10日   人気レビュアー:Best700 購入済み

レビュアーオススメ!

不良どもや変態教師達に寄ってたかって凌辱されます。一対一はありません。
シーンの割合は主人公であるうららが約6割、サブの明日香、果穂が3割程度であとは二人や三人同時となっています。

乱交、輪姦、白濁と三拍子そろった抜くためのゲームです。
絵やシチュが好みなら勝手損はしませんよ。おススメです。

3人 が役に立ったと答えています 報告する ]

ピックアップ

パッケ絵に偽りなし

2009年10月13日   人気レビュアー:Best800 購入済み

レビュアーオススメ!

まず、最初にこのゲームは人を選びます。
 中出し、ぶっかけ、両方ありますが、特に汁の描写がすごく、ぶっかけが基本な感じです。
 キャラクターは、清純でお淑やかなメインヒロイン(英語)に金髪で快活な姉御肌な体育教師。ショートカットの女学生と、抑えるところは抑えてます。
 ブルマやスク水、ウェディングドレス姿で犯されることもしばしば。犯して犯して犯され尽くします。パッケ絵並にぶっかけられます。残念ながら、ボテ腹はありません。そういうのが好きな人には向かないかもしれませんが、輪姦、ぶっかけなどが好きな人にはオススメです。
 個人的は、ストーリーの長さも丁度良く、趣味嗜好にジャストフィットだったのでGood!とします。

3人 が役に立ったと答えています 報告する ]

ボリューム感

2010年08月17日   人気レビュアー:Best300 購入済み

レビュアーオススメ!

陵辱系のヌキゲーです。
低価格ながらも、ボリューム感あって一般のフルプライスエロゲーに負けてないくらいのCG並びにエロシーンがあって、大満足でした。
エロシーンもテキスト並びにシチュエーションがかなり豊富で、最後の1シーンまで堪能できました。
ヒロインもなかなか魅力的で、こだわりが感じられ印象に残った。

CG気にいってかつヌキゲー好きなら、この作品非常にお勧めします。

2人 が役に立ったと答えています 報告する ]

満足

2013年08月04日   人気レビュアー:Best700 購入済み

レビュアーオススメ!

この値段でボリュームも結構あり、内容も女教師が好きで不良に色々な事をというシチュエーションが好きな人にはストライクだと思います自分はこれらの要素が好きなのでとても満足しています。本当に安くてボリュームあるのでこれはお勧めです

1人 が役に立ったと答えています 報告する ]

清楚な先生が

2013年04月18日   人気レビュアー:Best400 購入済み

レビュアーが選んだジャンル :

清楚な先生と、強気な先生が不良達に
辱められる過程が良かったです。
パッケージにうつってないサブヒロインの女の子も
エッチシーン含めて可愛かった!
うららの体質もうまく活かされていると思います
清楚だけど、ムチムチなエロさもたまりません

1人 が役に立ったと答えています 報告する ]

おすすめ

2012年05月02日   人気レビュアー:Best700 購入済み

続編ぽい作品が出ていますが、まったく別ものです。
似たようなシチュエーションのゲームが多いので、マンネリはあるかもしれませんが安定して楽しめます。
安心のブランドですし、クオリティは高いです。
特価ですのでかなりお得だと思います。

1人 が役に立ったと答えています 報告する ]

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン