({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
({{ product.review_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
ブランド名 Liar-softフォローする
販売日 2007年10月19日
シナリオ 星空めてお / 睦月たたら / 高尾登山
イラスト 中村哲也
声優 YUKI / かわしまりの / 金田まひる / 椎名奏子 / 西田こむぎ / 高岡政人
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / インモラル・ホラーアドベンチャー
その他
ジャンル

作品内容

一風変わった作品を数多く手掛ける“ライアーソフト”の第六弾ソフトとして
リリースされた本作は、インモラルAVGと銘打たれ、背徳的なエロスと、
伝奇的なストーリーを巧みに組み合わせたアドベンチャー作品。
ゲームの期間は主人公が生まれ故郷に帰省してからの四日間。
主人公は、その期間、自分を取り巻くキャラクターたちと触れ合いながら、
失われた記憶を取り戻そうと苦悩する。そして、主人公の失われた記憶が
全て蘇えったとき、隠されていた真実が浮かび上がる……。

◆ストーリー
父親と妹が心中したことがきっかけとなって記憶を失った大学生・簸川五樹(主人公)は、
夏休みを利用して、義母の芳野とその連れ子で義妹の潤と
生まれ故郷の田舎町・とうかんもりに帰ってきた。
彼を取り巻く家族や友人は、五樹の回復を望んでいたが、
彼自身はあまり乗り気ではなかった。しかし、死んだ妹と瓜二つの少女・蔵女との
出会いによって、彼の心が揺さぶられ、失われた記憶を取り戻したいと思うように……。

作品情報/動作環境

ファイル容量
744.97MB
CPU
Pentium 200MHz以上 / Pentium 233MHz 以上
メモリ
64MB / 128MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0001507D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

ピックアップ

腐り姫〜良作です〜

2008年02月25日   投稿数 : Best50 購入済み

レビュアーオススメ!

※良作※
かなり古い作品ですが良作で何気に語り継がれている作品です(たぶん)
以前に手放してからプレミアム化?されて手が出せなくなっていたのですがDL販売ということで即行動しました。
絵柄は好き嫌い分かれるかもしれませんがシナリオ,音楽は文句無しだと・・・思います。
記憶を失った主人公が同じ時間を繰り返し自分の過去やいろいろな秘密を解いていく・・・簡単にいえばこんな感じなんですが・・・ネタバレはマズイと思うのでとりあえず「和風ホラー好き&鬱になりたい人」オススメです。
・・・・・・・・・・・・・・あと「妹好きな人」とか・・・・。ふふ・・

34人 が役に立ったと答えています 報告する ]

ピックアップ

異質なストーリー展開、愉快な遊び心

2008年09月26日   購入済み

レビュアーオススメ!

通常のギャルゲーでは物語の中で選択肢を選ぶことによって様々な展開、結末を
楽しめるものですが、腐り姫では「腐り姫」という物語の大枠が、幾つもの小さな枠に
よって構成されていると言えます。その小枠の物語を経ていくことで主人公の記憶や
腐り姫の実態が明らかになっていきます。ひぐらしのなく頃に、の構成を想像して
いただければ。そしてひぐらし同様にテキストの量がすごいです。

しかしプレイしていけばそのようなことは頭から消えて物語を進めていくのに
没頭すること間違いなしです。テキストの質もさることながら背景にも登場人物が
描かれており(立ち絵とは別に。むしろ立ち絵はあまり使用されていない)
作中での人物の様子がはっきり分かります。
また、鬱ゲーと評価されることが多い作品であり、事実、物語の核心に迫る部分や
EDにおいてそれは否定できないのですが、日常パートでは思わずにやけてしまったり
微笑ましくなるような描写が多く、随所に製作者陣の遊び心が見て取れると思います。
あと一部に過激描写(死体イベントCGが一、二枚程)があります。

シーン回想が無いため、物語の一日ごとにセーブを取ることをお勧めします。
とまぁシステム面でやや不便なところはありますが、声優、キャラ、音楽、価格
全て素晴らしいです。シナリオ、テキストについても前述の通り。
本当に良い作品です

7人 が役に立ったと答えています 報告する ]

ピックアップ

死ぬほど愛したことはありますか?

2011年03月18日   購入済み

■DL版の変更点
・VISTAに対応
・解像度が800×600に向上
・CDをドライブに入れていなくてもBGMが再生される
・メッセージのオートモード搭載
・BGM、SE、VOICEの音量が自由に設定できる
・セーブ画面のデザイン変更
・音楽鑑賞にCD-ROM版でしか聴けなかった警告音声が収録

■内容
何度も同じ時間軸のストーリーを繰り返し、徐々に世界観の全貌が見えてくるという今では珍しく無いループものの作品です。
詩的なテキスト、そのままポストカードにできそうな背景、その背景にチップキャラクター(小さな絵)を表示させるだけであえて文章にはしないという演出、そしてシーンに“添った”音楽。すべてがこの作品の雰囲気を引き立てております。
登場人物みな人間らしい泥臭い感情を抱えており、主人公にぶつかってきます。
客観的に見れば退廃的で倒錯した愛が全編を通して描かれます。
まさしく「インモラルホラー」といえる作品。
名作といわれるのも納得です。
一度プレイすればいろんな意味で忘れることはできない作品になることでしょう。

あ、Liarsoft特有の遊び要素もあるので、雰囲気ぶち壊しな「盲点」は初回プレイ時はOFFにすることをお奨めしますw

3人 が役に立ったと答えています 報告する ]

期待せずに買ったら大当たりだった

2018年05月18日   購入済み

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

面白いゲームないかなと探していたらたまたまセールで売られていて、気になって確認してみるとかなり評価が高い。
ただ、雰囲気が普通のエロゲと異なる点、キャラ絵が独特な点…など不安材料満載でしたが暇つぶしにでもなればいいだろうと思い購入。

プレイし終えての感想。いやー、これは素晴らしかったですね。まずBGMが素晴らしい。エロゲの中でもトップクラスのBGMだと思います。BGMを聴くだけでも買う価値アリです。
そして萌えないだろと思っていた世界観にキャラクター。全然そんなことありませんでした。どんどん可愛く見えてきちゃうんですよね。そして登場人物の心の闇とか描かれていてかなり深い。自分の中でお気に入りのキャラクターは樹里です。
シナリオに関してはネタバレになるので言えませんが最高の出来です。買おうか迷っている方、後悔は絶対にしませんのでどうぞ。

1人 が役に立ったと答えています 報告する ]

色んな面があった

2018年04月27日   購入済み

メインヒロイン?が故人で、直接、関わってくるわけでないのに、存在感抜群。

最初は、記憶喪失の主人公に、人外の者が迫り、何が起こってるのかドキドキさせられたけど、人間関係がはっきりするにつれて、ヒロインの薄気味悪さやそれぞれのギスギス感の方がずっしりきました。



1人 が役に立ったと答えています 報告する ]

名作は色あせない

2018年04月27日   購入済み

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

とても古いゲームですね。これが発売した時は自分はまだ高校生でした
そんな古いゲームで、今時の萌えとキャラゲーに犯された若い世代が楽しめるのか? そんな疑問もありましたが、何の心配もいりませんでした
こんなに良いゲームは初めてでした
紙芝居のようなCGにより一つ一つのシーンが美しく、BGMと一緒にゲームの世界観に没頭できます
そして象徴的な言葉、キーワードになる言葉が何度も何度も聞くうちに一つの暗示の様にゲームの中に飲み込まれます
ボリュームもそこそこありますが、テンポよく進むのでやりやすいです
絵が苦手だな? が理由でやらないなら損をします

1人 が役に立ったと答えています 報告する ]

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。