({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
ブランド名 Liar-softフォローする
販売日 2007年03月23日
シナリオ 桜井光
イラスト 護国卿
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 蒼天のセレナリアファンディスク
その他
ジャンル

作品内容

あの一風変わったゲーム制作で有名なライアーソフトからリリースされた
冒険活劇AVG+SLG『蒼天のセレナリア 〜What a beautiful world〜』の
後日談的なストーリーを収録したファンディスク。
『蒼天のセレナリア』は、18世紀から19世紀を髣髴とさせる世界背景ながら、
蒸気機械が異常なまでに発達したスチームパンク型の文明世界を舞台に、
『空のなんでも屋』稼業を営む二人の少女が、ドキドキワクワクの冒険を繰り広げていく、
といった浪漫たっぷりのストーリーが堪能できるアドベンチャーゲームだ。
今回のファンディスクは、本編をコンプリートしたときに発生する「EXシナリオ」と、
ライアーソフトの公式ホームページ上で掲載中の「Web小説2編」を絡めた
アフターストーリーとなる「かつての日〈EX〉転章 万色の空を、もう一度」と、
「これから〈本編〉異章 深緑の闇、白銀色の光」の二編が楽しめる。
小説家の天才少女・メアリや、生き人形にされた不遇の少女・フィンチら
新たなヒロインも登場し、エッチシーンも盛りだくさん♪

★ストーリー
──ここではないどこか、今ではないいつか。
蒸気機械文明の発達した「既知世界」。
その世界の辺境都市で、コニー・イル・リクールと、シェラ・マキスのふたりの少女は、
愛機の飛空挺「ウルメンシュ」を駆って、空のなんでも屋を宣伝文句に商売をしていた。
しかし、ある日、ひょんなことから既知大陸の大半を支配する強大な軍事国家と衝突することに……。
そして、帝国辺境軍機動要塞と派手に衝突を繰り広げ、逃走したふたりは
「既知世界(こちら側)」と「未知世界(あちら側)」を隔てる超低気圧と海水から成る
大壁「世界の水殻」を突破し、何の交流も情報もない、
噂だけが先行する「未知世界」にやってきてしまったのだが……。

「蒼天のセレナリア -What a beautiful world-」より

作品情報/動作環境

ファイル容量
308.77MB
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 1GHz 以上
メモリ
256MB / 512MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0001173D)

蒼天のセレナリア ファンディスクの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「蒼天のセレナリア ファンディスク」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 6件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

感動(3) けもの/獣化(2) ファンタジー(2) 女性視点(2)
おすすめ!あの冒険の先を

2018年11月01日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

本編を楽しめたなら絶対に読むべき短編を収めたまさしくファンディスクと言うべき作品でした。
既存キャラはもちろん、新キャラも含め皆キャラが立っており最後まで一気に読み進めてしまいました。
世界観により奥深さを増しているため、以後のシリーズが好きな方にも本編ともにお勧めです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!外伝

2018年07月24日  

このレビューは参考になった×0人

蒼天のセレナリアの後日談のようなファンディスクです。元々本編でもかなり奥深い設定がありましたが、この作品でさらに世界が広がります。新キャラも登場して新たな物語が描かれます。短いし気軽に出来るので、前作が好きな方は絶対やったほうがいいですよ!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!シリーズファンならプレイすべき

2014年01月06日  

このレビューは参考になった×0人

蒼天のセレナリアのED後を描いたファンディスク。
新たなキャラ、メアリ・シェリーが加わり、コニー達は再び冒険の旅に出ることになります。
コニーとカルベルティの恋の行方はこのファンディスクで一応の決着を見せることになるし、後のシリーズにつながる結社が関わってくるという面でも、シリーズファンならプレイすべき作品だと言えます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!よい青空を!

2010年08月30日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

視点はしばしば変移しますが今作の主役はメアリと言ってよいでしょう。
未知世界での彼女の驚きや感嘆に愉快さ、微笑ましさ、愛おしさを覚えます。
前作におけるコニー達のリアクションとの相似も楽しかったですが、メアリの見る
未知世界の素晴らしさという相違のおかげでより一層楽しめました。
そして物語の節目節目に表れる「おとぎばなし」や生ける死者の叫びは、この物語の
エスプリであり同時に良作たらしめていると思います。プレイ終了後のひと時に
穏やかな満足をもたらしてくれる、そんな作品です。

ゲーム進行について言いますと選択肢はありません。物語は一本筋です。しかしその筋に
様々な思惑や愛情が編み込まれており、悲喜こもごも、まさに劇的でした。
声優さんやその台詞も素晴らしかった。相手の発言に対するキャラの機微が伝わります。
声のないキャラとの会話にもそうした情感を感じ取れましたし、称賛こそあれど文句は
皆無です。一押しは食事シーンで、賑やかさを実感できました。

エロに関しては、キャラにとても感情移入できる日常が気を大いに盛り上げてくれます。
絵も内面描写も情事に至るまでの流れも◎。ただ、イベCGの割合も良ですがヌキゲーに
比べるとやはりエロの数量は劣ります。逆に言うと注意するとしたらこの一点だけです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!本編もDL販売されたところで

2010年01月28日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

少年の日に見上げた青空を。遥かなる蒼天を、再び。
と、内容的にはほぼ続編のファンディスクなのでこのような書き出しです。
相変わらず、悪意やら陰謀やらを置き去りに蒼い空を飛び続ける少女たちの物語。
一部キャラのその後の物語や、本編では描かれなかった部分の未知世界が、また少し明かされます。
爽やかで、少し切ない、子供の頃に憧れた冒険譚。
本編をやった方にはぜひプレイしていただきたいですし、このファンディスクから入ってみようというのもアリだと思います。
そして、同世界観で展開される赫炎のインガノック、漆黒のシャルノス、白光のヴァルーシアもぜひ。
あと、蒼天のセレナリアにはファンブックもあります。アマゾンで手に入ると思いますので、この世界が気に入った方はご購入を。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ぜひとも原作を・・

2007年11月27日  

このレビューは参考になった×4人

レビュアーが選んだジャンル :

ジュブナイル小説、子供の頃わくわくしながら読んだ記憶はありませんか?自分の知らない場所で、未知の出来事が世界のどこかにまだ存在している。そんなことを信じられた時がありませんでしたか?夢、希望、そんな使い古された言葉が、けれども色鮮やかに輝いていたときがあった事をおぼえていますか?あの時の高揚をもう一度、そんなあなたにふさわしい作品がこの「蒼天のセレナリア」です。ですがこれはあくまでファンディスク、外伝であって正史ではありません。できれば原作をクリアしてからゆっくりともう一つの物語を楽しんで下さい。もちろんだからといってはじめての人が楽しめないという訳ではありません。この物語にふれて「じゃあいっちょ原作をプレイしてみるか!」と導入にするのもありです。〜What a beautiful world〜空の蒼さをただ綺麗だと眺められたあの時間が、もう一度あなたに訪れますように・・。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]