({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • The Lost One [シーズウェア]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
The Lost One [シーズウェア]
販売日 2006年10月06日
年齢指定
作品形式
アドベンチャー音声あり音楽あり動画あり / サスペンスアドベンチャー
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

追う者と追われる者。
この対局にある主人公となって、ひとつの真実を導き出して行くことになる。
かたや内閣調査室勤務の新人捜査官、桐野杏子。
そしてコンピュータ内に広がる架空世界、サイバースペース上からの監視を受け、犯行を続けるSNAKE。
正義感あふれる杏子と、犯罪者SNAKE。
不動の業界最高品質アニメーションシステム「ルシッドモーション」はさらなる画質向上をとげ「ルシッドモーション2」として、
緊迫感あふれるストーリーの随所に、高品位で臨場感あるアニメーションを展開します!

作品情報/動作環境

ファイル容量
総計 3.32GB
CPU
Pentium 100MHz 以上
メモリ
32MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

サスペンス(3) ハードボイルド(2)

レビュー数 : 4件

EVEの続編だが・・・

2008年08月19日   人気レビュアー:33位

レビュアーが選んだジャンル :

殺人事件を捜査していく内に次々と新しい事件に巻き込まれ、やがてそれは一つの真実へと繋がっていく・・・というお話
EVEバーストエラーの続編だが主人公は変更され、前作の主人公、小次郎とまりなは脇役として少しだけ登場する

ネタバレになるので詳しくは書けないが色々と事件が複雑に絡んでいるので気がつくと
「え?なんでこうなったんだっけ?」
とシナリオに取り残される事があった
とは言え、事件の謎を捜査していくのは面白かった

ただ、前作のEVEバーストエラーと比べてしまうとどうしても全体的に見劣りしてしまうのが残念
続編というより別物と考えて楽しんだ方がより楽しめるかもしれない

1人 が役に立ったと答えています 報告する ]

無題

2011年02月09日   人気レビュアー:5位

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

いや、まぁ、面白いんですよ。
シナリオを書いたのはあの「GOSICK」「赤朽葉家の伝説」を書いた桜庭一樹さんですし。
実際、マルチサイトで、捜査官と犯人を選んだのはスゴイ面白い。
声優さんの演技もあいまって、素晴らしい出来だとは思うんです。

ただ、EVE burst errorの続編として見ると少し残念。

しかし、なかなかの出来のADVだと思います。
価格も1000円とお手ごろですし、大変、オススメです。

報告する ]

EVEの続編

2007年07月27日   人気レビュアー:10位

レビュアーが選んだジャンル :

新人捜査官の桐野杏子と、爆破事件の犯人「SNAKE」。2人の視点で進行するコマンド選択型のアドベンチャーゲームです。
犯人「SNAKE」の視点でプレイしても途中まで正体がわからないのは面白かった。
主人公の顔が表示されないのが普通のアドベンチャーゲームだからこそ出来た仕掛けだと思います。
ただ、それだけに正体が明らかになってからは急に失速してしまった感が…。
DL版1,000円という値段を評価に入れるなら良く出来た作品だと思います。

報告する ]

追う側と追われる側

2007年07月17日   人気レビュアー:4位

「EVE バーストエラー」の続編。主人公が、前作の小次郎とまりなから変更された。
前作をプレイしていない方が楽しめる。バーストエラーから変更されている設定があり、それが正式な設定に決定付けられ、続くシリーズに継承されていくので、バーストエラーファンだと辛いかも。
追う側と追われる側になってプレイするのは楽しかった。
価格が非常にお手頃なので、絵柄と雰囲気が気に入ったなら。

報告する ]

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン