({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • 姉妹教師 ~恥辱の時間割~ [BLACK PACKAGE TRY]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
姉妹教師 ~恥辱の時間割~ [BLACK PACKAGE TRY]
販売日 2006年03月31日
シナリオ 三波雄
イラスト 十羽織ましゅまろ
年齢指定
作品形式
ジャンル

作品内容

ごく普通の男子校、青城学園に通う学生が主人公。
普段の主人公は成績や素行も良いが、実は女を襲い、犯し辱めることに悦びを感じるサディスト。
普段の生活で溜まったストレスを発散するように、これまでにも何回か女性を襲い、
欲望を満たしてきた経歴の持ち主だった。

そんな主人公に弱みを握られている女性がいた。
主人公の学校でも美人で評判の女教師『渡瀬 麗子』である。
以前、主人公に力づくで犯され、
写真を撮られた麗子は主人公に脅され『契約』を結ばされていた。

その『契約』とは、麗子が主人公の命令を聞くごとに写真を一枚ずつ返すというもの。
その日以来、脅迫に屈した麗子と主人公との関係が始まったのだった。

麗子を好きにできるようになってからしばらく経ったある日。
新しく学校に教育実習生『音無 美幸』が現れる。
麗子とは違った印象の美しい女性で、主人公はこの女性にも目をつける。

どうやって美幸と接触しようかと思っていた主人公は、
偶然にも麗子と実習生の美幸が姉妹であることを二人の会話から知り、それを利用して美幸を脅迫する。
姉を想うばかりに美幸もまた主人公と『契約』を結び、そのために主人公の毒牙にかかってしまう。

麗子と美幸、この二人の姉妹女教師を自分の牝奴隷にするため、
主人公の手による羞恥と屈辱の調教の日々が始まろうとしていた……。

作品情報/動作環境

ファイル容量
264.01MB
CPU
Pentium 166MHz以上
メモリ
32MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX7.0以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

女教師(3) 汁/液大量(2)

レビュー数 : 3件

なつかしの作品

2007年07月25日   人気レビュアー:Best700 購入済み

レビュアーが選んだジャンル :

ブラックパッケージトライの少し昔の作品ですね。
やっぱり古い作品なので最近の作品と比べるとボリューム不足を感じるかもしれません。
シチュエーションは姉妹教師を犯すというもので、トライお得意のスカトロプレイもあります。
十羽織ましゅまろさんの作画が好きか嫌いかで評価が変わってくると思うので、サンプルを見て購入を考えるといいと思います。

報告する ]

姉妹教師

2007年06月19日   人気レビュアー:Best400 購入済み

レビュアーオススメ!

姉妹の先生を犯しちゃうゲームです。
シチュエーションとしては学校ならでは(?)の体操着やスク水、レオタードやバトンを使ったシーンがあり結構多彩です。
ただアナルやスカトロ系のシーンも入っているので嫌いな方はあんまりお勧めできません。

報告する ]

十羽織ましゅまろ氏の名作

2011年06月14日   人気レビュアー:Best100

しかとはわからないが、十羽織氏の最初の作品になる、のだろうか。
何れにせよ、氏の漫画を見ているようなタッチの絵柄が、聊か錯覚を喚起する向きもあるだろう。氏の漫画は人気で、豊満な熟女を書かせれば名手との呼び声もある。
本作は、ヒロインが姉妹教師という設定。やはりという、ブラパらしくダーク色満載の展開になる。
その後、十羽織氏が手掛けられた、どのゲームとも異なる絵柄なので、一見の価値ありだ。
是非、プレイされることをお勧めする。

報告する ]

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン